プレママが出産準備に揃えるベビーグッズとして、新生児~乳児期にかけて哺乳瓶は欠かすことのできないマストアイテムです。哺乳瓶をぎゅっと握ってミルクを飲んでいる赤ちゃんを想像するだけで、もう胸がたまらなくトキめいちゃいますよね。

でも、哺乳瓶の種類はたくさんありすぎて、どんな形や素材を選べば良いのか迷う人もきっと多いはず。そもそも、哺乳瓶はメーカーや素材によってそんなに違いはあるのでしょうか。

今日はそんな疑問を解決すべく、哺乳瓶の選び方について調べてみました。

哺乳瓶の本体について

素材

ガラス製

ガラス製の最大のメリットは、何といっても劣化しづらい点ではないでしょうか。耐熱性に優れ、洗っても傷つきにくく汚れも落ちやすいので、常に清潔に保てます。また、ガラス製はミルクの温度を冷ます時間が少なくて済むメリットもあります。こういった理由から、日に何度も授乳回数のある新生児期には特におすすめの哺乳瓶と言えるでしょう。

反対にデメリットとしては、ガラス製はプラスチック製に比べて重く割れやすいので、赤ちゃんが1人で飲むのに適していません。お出かけ時や赤ちゃんが自分の手に持って飲む場合は、プラスチック製に切り換えるのも良いですね。

プラスチック製

プラスチック製のメリットは、持ち運びに便利な点が挙げられます。軽くて丈夫なプラスチック製は、お出かけ時や赤ちゃんが自分で持って飲みたがる時期の使用に最適です。以前は心配された有害物質も、最近では殆どのプラスチック製が環境ホルモンに配慮した製品なので、化学物質を心配するママたちにも安心です。

デメリットしては、においや汚れが付着しやすいことや、洗浄や消毒などで容器が白く濁りやすいと言った点が挙げられます。材質のグレードは、ポリプロピレン製 < トライタン製 < PPSU製 といった感じです。

大きさ・サイズ

一般的にボトルの容量は50ミリから240ミリのものがありますので、赤ちゃんが一度に飲みきれる量を考えて選びましょう。

ミルクだけでなく果汁や白湯用として、用途に合わせて違うサイズのものをいくつか購入すると便利です。特殊な形状の哺乳瓶の場合は、専用ブラシも忘れずに用意しておきましょう。

乳首について

乳首は、メーカーによって素材や形状、穴の大きさが違います。素材によってにおいが違ったり、形や穴の大きさの違いで必要な吸引力やミルクの出る速度は変わるので、それに違和感を覚える赤ちゃんもいるようです

赤ちゃんがその違和感を不快と感じると、哺乳瓶そのものを拒絶する場合もあるので、選び方にも注意が必要です。まずは、赤ちゃんの口の大きさや吸引力に合わせた乳首を選び、成長に合わせながら種類を変えていきましょう。その時の注意点として、同じ種類の乳首を複数購入しておくことが挙げられます。

その際も1つだけ集中して使用するのではなく、順番に交代しながら使うことで、赤ちゃんが乳首に感じる違和感を少なくしていきます。

素材の特色

天然ゴム

天然ゴムで作られた黄色の乳首は、ほどよい柔らかさと弾力がママの乳首に一番近いと言われています。傷つきにくい利点がある一方、熱には弱く耐久性が他の素材に比べてやや劣る点や、特有のゴムのにおいがデメリットとして挙げられます。

イソプレンゴム

弾力性に富み柔らかい素材である為、こちらもママのおっぱいに近い感触だと言われています。こちらは、透明感のある薄い黄色が特徴で、かすかにゴムのにおいはあります。耐熱性は強くないので、比較的劣化しやすい素材です。

シリコンゴム

他の素材に比べ感触は固めですが、無色透明で清潔感のある所がシリコンゴムの特徴です。こちらは、耐熱性に富み消毒液にも強く劣化しにくい利点がある一方、素材が傷つきやすく滑りやすいと言った特徴があります。

また、無味無臭ですがにおいや色を吸着しやすいので、果汁を飲む際はこまめに洗浄することをおすすめします

穴の形や大きさ

乳首を選ぶ時には、素材だけでなく吸い穴の大きさや形にも注目していきましょう。乳首の吸い穴は3種類の形があり、形によってサイズの選び方が異なります。

ミルクを短時間で簡単に飲んでしまう乳首は、顎や口のまわりの筋肉をあまり動かさないので、赤ちゃんの発達に良いとは言えません。目安として、哺乳時間が10分から20分くらいかかるのものを選びましょう

丸穴

3種類の中でも一般的な形である丸穴は、赤ちゃんの成長や飲む量に合わせて穴のサイズを変えていきます。生まれてすぐはSサイズを使い、徐々にMからLへとサイズをアップしていきます。

クロスカット

クロスカットは、赤ちゃんの吸う力に応じてミルクの出る量が変わるので、離乳期くらいまで穴のサイズを変更する必要はありません。ですが、吸い方や姿勢によってミルクの出方に変化が生じ、むせてしまう場合もあるので、生後2か月以降からの使用をおすすめします。

スリーカット

スリーカットは、飲む体勢によるミルクの出方にムラが少ないと言ったメリットがあります。吸う力によってミルクの出る量を調節できるので、自分でミルク量をコントロールできるようになった赤ちゃんに最適です。

洗浄方法

使用した哺乳瓶や乳首は、洗剤で良く洗いましょう。ガラスの哺乳瓶はナイロンプラスチックの哺乳瓶はスポンジで洗うと、傷が付きにくく劣化を防いでくれます。

また、哺乳瓶や乳首は、洗浄後に煮沸消毒・つけ置き消毒・電子レンジ消毒などの殺菌消毒をする必要があります。生まれたばかりの赤ちゃんは、免疫ができていない為非常に病気にかかりやすいので、衛生面には特に気をつけていきましょう。

※関連記事:哺乳瓶の消毒方法に関するメリット・デメリットとは

使い捨て哺乳瓶

使い捨タイプは洗浄する手間が省けますので、帰省や旅行に準備しておくと重宝します。

ただ災害時は、お湯が入手困難なケースもあるので、役に立たないかもしれません。ちなみに溶かさずに飲める液体ミルクは、日本で商品化されていませんので、Amazonなどで海外製を購入するしかありません。

まとめ

もしあなたが完全母乳で育てる予定であったとしても、哺乳瓶はミルクを飲ませる為だけのものではありません。お風呂上りの湯冷ましや果汁など、成長とともにミルク以外の飲み物を口にする時は必ず哺乳瓶を必要とします。だからこそ、赤ちゃんが満足できる最高の哺乳瓶を選びたいものですね。

厳選?ワタシのおすすめ

完母・混合で補助的に使うなら

ママのおっぱいから飲むのと同じ口の動きで飲め、補完的に哺乳瓶を使いたい場合、赤ちゃんが乳頭混乱を起こしにくいのでオススメ。
【注意】同じ会社の母乳実感とは異なりますが、乳首の互換性はあります。乳首だけSSサイズの母乳相談室を使うのもイイでしょうね。

※関連記事:赤ちゃんが母乳を飲まない!乳頭混乱について知ろう

粉ミルクがメインなら

赤ちゃんが飲みやすい授乳姿勢にこだわるとイイですよ。