「おめでとうございます。〇ヵ月ですよ。」産婦人科のお医者さんにそう言われたあなた、体の調子、そして心の調子はいかがですか。妊活に励んだ末に授かった待望の赤ちゃんかもしれません。或いは、予想外の妊娠に驚いているかもしれません。

また、生理が来なくて「もしかして?」と思ったのか、既につわりの症状が出ているのか、その人それぞれの状況でしょう。

初めての妊娠はわからないことだらけ。体の変調や、知っておきたいトラブルの可能性、そして身動きが取れない上に寝る暇もない産後に安心していられるよう妊娠期間中にできる準備は万端に整えておきましょう。

出産準備お産編

一番多いのは、自宅から近いなどの理由で最初に訪れ妊娠を告げられた病院、または里帰り出産をするので実家の近くの大きな病院、またはあなたのお母さんが出産した病院でしょうか。実は出産にはいろんな場所、方法があります。

総合病院は、産婦人科だけでなく外科、小児科、各種検査設備なども併設していることが多く、万が一出産時に異常があればすぐに対応して貰えるなどという長所があります。短所としてはほとんどが公立、準公立病院のため、古き良き時代?を引きずっているところでしょうか。医療以外の設備は充実していません。自然分娩、母乳信仰も根強く、プライバシーや産後の休息を重視する人には向かないかもしれません。

産院は、古いタイプの病院もあれば、まるでホテルのような快適な環境を提供している病院もあります。出産費用はまさにピンからキリまで。東京世田谷区にあるセレブ御用達の産院はホテルのようにきれいな個室、無痛分娩、生まれてすぐ赤ちゃんとママは同室、食事はとても美味しく、アロマの香りの中ゆっくりと体を休めることができるそうです。ただし費用は公立病院に比べると倍はかかるとのことです。

また最近は少なくなりましたが、産婆さんを呼んで自宅分娩される方もいらっしゃいます。

出産は病気ではないので、基本健康保険は適用されません。代わりに申請すると公的補助金が出る仕組みになっています。出産日まで問題なく公立病院での自然分娩で出産した場合、この補助金で賄うことができますが、施設やオプションを選ぶと、いくらでも高くなるのが出産です。

出産方法も、施設、オプションも本当にたくさんの選択肢があります。値段が高ければ良いというものではありませんが、自分にとって無理なく最適な選択をしてください。

※関連記事:分娩スタイルについて

出産準備お金編

妊婦健診

最初の健診で妊娠が告げられると、自治体で母子手帳を貰うように指示されるでしょう。母子手帳を受け取ると自治体のサポートについても説明があります。よく読んで活用してください。

妊娠23週までは4週に1回、24週から35週までは2週に1回、36週以後出産までは週に1回が最低限の健診です。費用の平均は1回あたり5000円程度でしょう。この他検査が加わるとその分の料金がかかります。一部の血液検査、35歳以上の妊婦の超音波検査は自治体の無料制度があります。

分娩費用

病院、部屋、出産の日時、分娩方法により値段が変わります。自然分娩の場合、通常の公立病院や産院は40万までですが、大部屋でなく個室や少人数部屋を選んだり、休日や深夜に分娩したりすると料金が異なります。前もって大体の金額を確認できます。

帝王切開は健康保険の適応となります。

出産育児一時金が直接産院に支払われる「直払精度」「受取代理制度」を利用すれば、自分たちが産院に払うお金はそれほど多額を用意する必要がありません。

マタニティ用品、ベビー用品

雑誌やパンフレットを見て全てそろえる必要はありません。出費もかさみますし、正直なくても良かったものがたくさんあったというのが、経験者の声です。つわりが治まってから少しずつ楽しみながらそろえましょう。

早産や切迫流産で入院したりして買い物に行けず、困ったなどという声も耳にしますが、現在はネットショッピングでいろいろな物がそろいます。パパやおばあちゃんに買い物を頼むにしても、品名と大よその値段、写真を見せてお願いすれば失敗もないでしょう。

大抵の物は代用がききますし、大きな家具類から服までとにかく買い込んで揃えておかなければという時代ではありません。服なんてお祝いでたくさん頂いたものの、赤ちゃんの成長と季節の都合で袖を通さずじまいなんてこともよくあります。(赤ちゃんに脱ぎ着させやすい服、幼児が喜ぶ服が大人の思うおしゃれな服でないことも要注意です。)

むしろ産まれた後、首が座るまで、ベビーカーやだっこひもでお出掛けできるまでの間の消耗品(粉ミルク、おむつ、赤ちゃん用洗剤など)の減りが早くて困ることはあるかもしれません。こちらは少し多めに買っておいても良いかもしれませんね。

その他、私が本当に必要だったと思う品は下記になります。

ベビーベッドまたはサークル

添い寝の時に疲労の余り赤ちゃんを潰したりしないよう、また赤ちゃんの転倒を防ぐ意味でもベビーベッドの柵のようなサークルは必要です。これがあるのとないのとで、ママの安心度はかなり違います。

ベビーチェア

これがないと離乳食を食べさせるのが大変です。

吸水マット

いわゆるおねしょシートというものです。赤ちゃんはいろいろ汚します。上からも下からも...洗い替えに2枚は欲しいところです。梅雨時に立て続けに汚された時にはピクニックシートや大判のゴミ用ポリ袋が代わりを務めました。

※関連記事:子供のおねしょにはコレ!おすすめの対策グッズ7つ

おむつポット

使用済みおむつが大量です。臭いも量も大変なことになります。最近、可燃ごみも週2回しか出せませんしね。消臭して密閉してくれるこのおむつポットは本当に助かりました。

※関連記事:助けて!おむつの臭い

ベビーカーまたは抱っこひも

私の子供は抱っこひもがどうも苦手でほぼ使用しませんでしたが、抱っこひも愛好家のママいわく、ベビーカーは邪魔になるし、しっかり抱っこひもがサポートしてくれているので手が使えて便利だそうです。

その他内祝い

出産祝いを頂いたら産後1ヵ月くらいに半分~1/3相当のお返しをする伝統的な習わしです。皆からお祝いされるのはとても嬉しいことなのですが、現金でのお祝いはごく近い身内だけで、大抵はベビー服などを頂きます。なので結構な予算を用意しておかなくてはなりません。

気のおけない身内や友人同士の間では「内祝いはなしで」と前もって断りを入れその分リーズナブルなプレゼントしたり、重なっても困らない粉ミルクやおむつなどの消耗品を送ったりする人も増えています。少なくとも、何が欲しいか何が足りないかは訊いてプレゼントを選ぶのが良いですね。

この他にもマタニティ期間の体調管理やストレス解消にマタニティヨガやマタニティスイミングに通ったり、敏感になりがちな肌や体のためオーガニックな食品や化粧品を使用したりする人も増えています。

※関連記事:知っておきたい!出産内祝いのマナー

各種手続

母子手帳

先ほども触れましたが、妊娠が判明したらまずは母子手帳を申請しましょう。これからの妊娠期間、そして赤ちゃんが産まれてからの健診と、母体と赤ちゃんの健康の記録です。長い間使うものなので大切にしてください。

この時に住んでいる市町村の補助制度も教えて貰えます。出産祝い金や各種制度の充実度にはかなり差があります。

出産育児一時金

健康保険から42万円支給されます。

出産手当金

産休中、勤務先の健康保険から日給の6割相当額が支給されます。

育児休業基本給付金

育休中に支給されます。

育児休業者職場復帰給付金

職場に復帰後6ヵ月すると支給されます。

※関連記事:出産に掛かる費用と補助金出産費用が戻ってくる?控除制度とは

周りへの連絡

赤ちゃんのパパ、二人の両親、そしてあなたが働いている場合職場の人たちへ、妊娠と出産予定日を伝えましょう。

赤ちゃんのパパには妊娠がわかったらすぐ伝えるのが良いでしょう。これからはあなたの夫であるだけでなく、赤ちゃんのパパでもあるのですから、妊娠中、出産後に良き夫、良きパパになってもらうためにもこれからは二人で勉強です。

おなかの中で10ヵ月赤ちゃんを育むママに比べると、どうしても実感の湧かないパパもいるようです。

各市区町村の保健所、母子健康センター、産院が開催している両親学級や父親学級に参加したり、妊娠、出産、育児について解りやすく書いてある本を一緒に読んだり、第三者の教えを挟むことで納得しやすい男性も多いといいます。

つわりが酷かったり妊娠中に安静が必要になったり、産後鬱や夜泣きの激しい赤ちゃんだった場合など、個人差があるのが妊娠、出産。そういう人もいる、普通のことと専門家や年配者から話してもらえると、パパもママも精神的に安定します。

二人の両親にいつ伝えるかについては意見が分かれるようです。

嬉しいことだから「おじいちゃんおばあちゃんになるよ!」とすぐ伝えたいという人もいれば、流産の可能性が減る安定期以降に話したいという人もいます。これは、それぞれの家族の関係にもよるので、これが絶対正しいというものはありません。彼とよく話し合い、ベターな選択肢をとりましょう。

ただ双方の親と交流があるにも関わらず、片方には早期に話し、片方には言わないでおくというのは、後々知らされなかった方が気を悪くするでしょう。伝えることで結果ママの体調に無理がかかるというような特別の事情がない限り、両家の両親は平等に扱うことが円満の秘訣です。これは妊娠のお知らせに限りませんよね。

そして職場の周りの人へのお知らせです。

これも、最近流産、死産、お子さんを亡くされた方がいるとか、マタハラがあるなどの問題のある職場でない限りは、早めの報告が必要でしょう。妊娠すると、自分の体が自分の思うようにならない面も出てきます。自分だけの体だった時とは違い、無理がきかなくなったりします。

また、病気に感染しないように気をつけないといけませんし、自分では大丈夫なつもりでも検診で安静や入院を指示されることもあります。突然の迷惑をかけないという保証はありません。産休、育休の都合、退職を考えているならその時期や仕事の引継ぎなども考えると、変な話、早い者勝ちだとも言えます。あなたが言い渋っている間に、あなたの同僚が退職や同じく妊娠を言い出したら?ますます言いにくくなるでしょう。

マタニティーマークへ嫌がらせする心無い人がいるそうです。また産休や育休、時短勤務のしわ寄せが独身、子供のいない同僚へくるという意見もあります。皆、自分のことで大変で余裕がないのかもしれませんね。でも、少子化問題は日本の最優先課題になっています。赤ちゃんが産まれない国、子供が育たない国に未来はないでしょう。国も自治体も今後ますます出産と子育てを支援していくでしょう。