出産は十人十色。赤ちゃんの数だけ出産のドラマがあります。経産婦でも不安になるのですから、初産となればなおさらです。そんな出産を少しでも安心して迎えるために、出産前の準備についてお伝えしたいと思います。

出産に備えて揃えておきたいグッズ

出産前に揃えておきたいグッズは、お母さん用と赤ちゃん用に分けられます。お母さん用は分娩や産後の体型リフォームに必要なものが中心になります。赤ちゃん用は赤ちゃんの衣食住にかかわるもので、主に新生児期に必要なものを考えましょう。

グッズの準備の仕方

準備するものは、育児情報誌や産院などで配布される出産準備リストを参考にすれば無難な準備が可能です。しかし、冒頭のように出産は十人十色。ある人はたくさん必要だったものが、ある人はほとんど使わなかったということも少なくありません。

特殊な環境でない限り、準備するグッズは最低限のものを最小限確保しておけば大丈夫です。例えば、赤ちゃん用の紙おむつは新生児用サイズ1パックだけで十分です。足りなくなったらご家族などに買ってきてもらえば良いのですから。通販という方法もあります。赤ちゃん用の下着や服なども同様で、必要になってから買いに行くことで十分なものが少なく、過度の準備は無駄のもととなります。

優先的な準備をおすすめするもの

数あるグッズの中で、優先的な準備をおすすめするものはチャイルドシートです。生活の中で車を使わない場合はスルーしてかまいませんが、チャイルドシートは退院時から必要になる育児の必須アイテムです。退院するときくらい抱っこして車に乗っても…という考えは、万が一の時には通用しないのでご注意くださいね。

 

チャイルドシートは車の適合などチャックが必要な上、金額もそれなりになります。安心して赤ちゃんをのせられるものを選んであげてくださいね。チャイルドシートの取り付けを考えたら、車の買い替えがベストという判断になったという話もありますので、妊娠したら早めに検討することをおすすめします。

出産準備リスト例

これだけは揃えたい出産前の準備リストです。

赤ちゃん用

・肌着(短肌着・長肌着・コンビ肌着合わせて)3~5枚
・2Wayオール 3枚
・哺乳瓶(母乳の人は1本 ミルクの人は3本程度)
・おむつ(紙おむつは1パック 布おむつ20枚以上)
・おしりふきコットン 1~2パック
・ベビーバス
・ベビーソープ
・ガーゼハンカチ 5枚以上
・赤ちゃん用綿棒 1パック
・バスタオル 2~3枚 (アフガン・タオルケットなどの代わりにもなります)

お母さん用

・授乳用ブラジャー
・産褥ショーツ
・サポーター(ウエストニッパーなど)
・前開きのパジャマ

情報誌などのリストに比べて少ないと感じるかもしれませんね。必要になる人と不要な人が分かれるもので、かつ病院の売店やドラッグストアで簡単に入手できるものは省きました。あくまで最低限の準備のリストです。

赤ちゃんの服装にこだわりたい方はベビー服、産後の体型が気になる方は補正下着といった具合に、上のリストに重視したいものを加えていくと、オリジナルの出産準備リストが完成します。家庭環境にもよりますが、産後は極端に外出が難しくなることもあるので、妊娠中から他の人には頼みにくい、化粧品や衣類などをちょっと買いだめしておくのもおすすめです。

季節を考えた準備を

基本的に準備リストはオールシーズン対応になっています。そのため、季節によっては必要なかったり、反対になくて困ったりするものもあります。

夏の出産ならば、赤ちゃんはお部屋で肌着一枚でも大丈夫。洗っても乾きやすいので衣類は少なめでも大丈夫です。赤ちゃんはお肌が弱く、特に夏生まれはあせも対策を考えておきましょう。お母さんの下着類も通気性の良いものを選んでおきましょう。

冬の出産ならば、赤ちゃんの衣類は多めがおすすめです。寒い中、一日に何度も着替えが必要になることもあるので、着せやすいものを選んでおきましょう。赤ちゃんは汗っかきで、冬でもあせもが出ることもあるので着せすぎに注意が必要です。

妊娠後期には入院準備を

お腹が大きくなり妊娠後期に入ったら入院の準備をしておきましょう。入院準備は、必要なものをひとまとめにしておくのが基本。突然の入院でもさっと持っていけるようにしておきます。何日も入院することを考えてあれもこれも持っていきたくなるかもしれませんが、必要最低限にとどめ、バッグ1つにまとめるのが理想です。

入院準備に当たっては、産院にお部屋の設備などを確認しておきましょう。できるならば事前に見せてもらうのがおすすめです。産院によって、収納スペースなどお部屋の設備が違います。スマートフォンなどの充電スペースがあるかも要チェックです。冬でもお部屋が暑く半袖パジャマが活躍したという話もあるので、お部屋の温度も確認できるといいですね。

産後は、赤ちゃんのお世話で事あるごとに手を洗います。院内は乾燥していることも多く、
ハンドクリームやリップクリームがあると便利です。産院から指定されているものがあればそれに従い、自分であると便利だと思うものをプラスしておきましょう。ご家族の頻繁なお見舞いが期待できるならば、着替えなどは最低限のもので大丈夫です。

ご家族との連携の確認を

入院準備と合わせて、いざ入院となった場合や、入院中の連携を確認しておきましょう。入院に付き添ってくれる人がいるならば、入院用バッグの場所や入院手続きについて伝えておきます。万が一に備えて、突然破水した場合の対処法などにも触れておくと安心です。

入院に備えて、ご家族やその関係先の連絡先をリストにしておくのもおすすめです。誰が見てもわかる状態にすることで、いざというときに頼みやすくもなります。

すでに上のお子様がいる場合は、入院時や入院中のお世話についても話し合っておきましょう。幼稚園や保育園・学校にいる間に入院することになった場合についても確認しておきます。

出産の入院は突然になることが少なくないのでそのドタバタを踏まえて、何からしたら良いか優先順位を決めておくとスムーズに間違いなくできるでしょう。

出産に向けた身体の準備

妊娠中、お母さんの身体は出産に向けて変化していますが、そこにちょっと努力を加えることでよりよい出産・育児になることもあります。

赤ちゃんを母乳で育てたいとお考えならば「おっぱいマッサージ」がおすすめです。マッサージをすることで、乳管の開通を促し、赤ちゃんの吸う刺激に負けない乳首をつくれます。せっかく母乳が出るのに、乳首トラブルで授乳できないといった事態の予防につながります。

出産が近づいてきたら会陰マッサージで会陰を伸びやすくすると、分娩時の切開を避けられる可能性があります。お腹に張りなどがなく切開を避けたい人はやってみるのもよいでしょう。

出産は人生の一大イベント。気負いすぎて身体に力が入りすぎるとプラスになりませんが、赤ちゃんに会えるのを楽しみにマッサージで気分を高めてみるのもよいと思います。