近年日本でもいろいろなお産のスタイルを選べる時代になってきました。しかし積極的に無痛分娩を取り入れているフランスやアメリカに比べて、日本の医療機関で取り入れているところはそれほど多くありません。女性は出産の痛みに耐えられるようにできている、日本女性は痛みに強い、といった昔から根づいている考え方も要因になっているかもしれません。

けれど痛みの閾値は人それぞれで、痛みに弱い人もいれば、心臓に負担をかけられないため強い痛みを避けなければならない人もいます。出産をするのはあなた自身。あなたに本当に合った分娩方法を選ぶことが大切です。

無痛分娩って本当に痛くないの?

無痛分娩は麻酔を使ってお産の痛みを和らげる方法で、人にもよりますが多くの場合、全くの無痛というわけではないことを理解しておく必要があります。一般的には硬膜外麻酔を用いて、腰のあたりから管を入れて麻酔をします。局所麻酔なので意識はありますし、病院の方針によって麻酔を使うタイミングにも差があるため、強い痛みを伴う場合もあります。赤ちゃんが産道をおりてくる感覚を得ることもできます。

無痛分娩のメリット

痛みは圧倒的に軽くなる

やはり最大のメリットは自然分娩に比べて圧倒的に痛みが少ないことです。

自然分娩では痛みで出産の記憶が飛んでしまうなど、パニック状態に近くなってしまう方が多くいますが、無痛分娩だと冷静にお産の過程を感じることができます。痛みへの恐怖心も少なくなりますので、心身ともにリラックスした状態でお産に臨めます。麻酔剤には血圧を下げる働きもあるので、妊娠中毒症などによる高血圧の方にも有効です。

体力を温存できる

基本的に数時間~十数時間を痛みに耐えながら過ごす自然分娩と比べ、痛みを和らげながらの無痛分娩では体力の消耗が全くちがいます。高齢での初産や、産後すぐに上のお子さんのお世話をしなければならない場合など、体力の温存ができるという点で大きなメリットになります

計画的な分娩が可能に

日本では麻酔処置のできる医師が日中にしか勤務していないことが多いため、無痛分娩は予約制となり、赤ちゃんを産む日を事前に決めます。その場合、自然に陣痛が始まるのを待つのではなく、陣痛促進剤を使ってお産をスタートさせます。

旦那さんが立ち会いのためのお休みを取りやすくなったり、上のお子さんを預けたりと、他の家族の動きも取りやすくなります

無痛分娩のデメリット

いきむタイミングが難しい

自然分娩では痛みに合わせていきむためタイミングをとりやすいのですが、無痛分娩では助産師さんにいきむタイミングを教えてもらいながらいきむことになります。いきむ力加減も弱まってしまい、分娩が長引いてしまうことがあります。こうした場合、吸引分娩や鉗子分娩などで赤ちゃんの頭を引っ張り出します。この処置自体のリスクは少ないのですが、まれに赤ちゃんの顔に傷がついてしまうことがあります。

お母さんの体への影響

麻酔による副作用が出ることがあり、産後に頭痛になる、麻酔時の血圧の変動で気持ち悪くなる、分娩時に出血が増えるなどが挙げられます

また、麻酔中は感覚が鈍くなるため、足にも力が入らず立ち上がったり歩いたりすることは危険ですので、横になっているか座るくらいが限度。トイレにも行かなくて済むよう、お小水は管で袋に溜まるように処置されます。そのようにずっと同じ姿勢でいたことによって、麻酔が切れた後、ひどい腰痛を感じることがあります。長時間同じ姿勢でいることが困難な腰痛持ちの方は注意が必要です。

気になる無痛分娩のいろいろ

費用はどれくらいかかるの?

無痛分娩には保険適応ができないため、費用は自己負担となります

施設によって大きく差が出ると言われています。分娩の費用の中に含まれているところもあれば、分娩費用に十数万円追加されて請求されるというところもあります。追加料金にも差があり、個人のクリニックで0~5万円、一般総合病院で3~10万円、大学病院で1~16万円という統計が出ています。医療機関ごとに大きく異なりますので、詳細は直接ご希望の医療機関に問い合わせてみましょう。

無痛分娩に向かない人もいるの?

麻酔剤でアレルギーや発作が出てしまう人や、逆子が治らない人、第一子を帝王切開で産んでいる人など、すべての人が無痛分娩が可能というわけではありません。特殊な血液の病気などを持っている人も危険が伴うため無痛分娩は不向きとされます。病気の程度にもよりますので、医師とよく相談しましょう。

出産後はどう過ごすの?

胎盤が出て会陰の縫合が終わったら、背中に通っている麻酔の管を抜きます。麻酔の効果は2~3時間でなくなりますので、分娩室で数時間様子をみながら、痛みが出てきたら点滴や飲み薬などで痛み止めの処置をしてもらいます。施設にもよりますが、産後6時間程度で介助者の介助のもと、歩行ができるようになります。

どの病院でもできるの?

残念ながら現在の日本では、まだまだ実施できる医療機関は多くありません。インターネット検索で該当する無痛分娩実施医療機関は全国で約300程度。徐々に増えてはいますが、その中で信頼できる病院、医師をみつけるのは簡単ではありません。

例)東京衛生病院などが有名です。

終わりに

お腹を痛めて産むことこそ母親の愛の証、というのは日本人ならではの考え方ですが、痛みの量でお子さんへの愛情が変わるわけではありませんよね。そこでひとつの選択肢をなくしてしまう必要はないのです。無痛分娩にはメリットもデメリットもあります。また自然分娩と無痛分娩以外にも、いろいろな分娩の方法があり、そこにもメリット・デメリットはあるものです。

どんな方法を選んでも、あなたが納得した方法であれば、それが最もよい出産のかたちです。あなたが自信を持って選んだ出産方法で、すばらしいお産ができますように。