何かと制限を受ける妊娠中の飲食物ですが、カフェインは良くないからとコーヒーや紅茶を我慢している人も多いのではないでしょうか。もちろん、生まれてくる赤ちゃんのためにもママの努力は必要なのですが、妊娠生活にも美味しい飲み物があれば気分もリラックスできますよね。

そんなプレママのストレスを解消してくれると人気を集める飲み物、妊娠中でもOKなハーブティーの魅力を今日は紹介していきたいと思います。

妊婦に優しいハーブティー


コーヒーや紅茶、緑茶などにはカフェインが含まれています。カフェインは、血流をよくさせ脂肪燃焼を促すなど、女性には嬉しい効果が多い反面、妊婦が摂るには不向きな成分も入っています。カフェインの成分には、胎児の発育遅延のリスクが増加する可能性があり、早産や流産の原因にもなる可能性があります。

また、肝臓が未発達なお腹の赤ちゃんは、カフェインの成分をうまく排出できないといった理由も挙げられます。その点、ハーブティーはノンカフェインのものが多く、入っていたとしても緑茶の5分の1程度ですので、安心して飲むことができるのです。

ハーブティーでアロマテラピー

女性に人気のアロマオイルですが、こちらも妊婦が使用する際には少々注意が必要です。

アロマオイルは、植物から精油成分だけを抽出した非常に薬効の高いものであり、オイルの中には妊婦に不向きな効能も入っています。

同じハーブでも飲み物にすることで、アロマオイルのような薬効成分の高い濃度にはならないと言ったメリットが挙げられます。

種類が豊富で飽きにくい

ハーブティーは、甘い香りのものから芳醇でスパイシーな風味ものまで、種類が豊富にあります。

その日の食事内容や気分によって、香りや味を選べることもハーブティーの魅力であると言えます。

また、ハーブティーには複数のハーブをブレンドして楽しむことも可能です。

健康効果に優れていても1種類では飲みにくいと言ったハーブには、ブレンドすることで風味を自分好みに変えていくこともできるのです。

出産への不安やストレスを癒すハーブティー

長いつわりが終わったと思ったら、今度は身体が思うように動けなくなったりと、妊婦は何かとストレスが溜まります。

また、急に出産が怖くなって落ち込んだり、時に理由も無く涙が流れてしまうなど、妊婦には精神不安定になる時期があります。

そんな時こそ、気持ちを安定させてくれる効果や、リフレッシュ効果の高いハーブティーで、心と身体を癒してあげましょう。

その他のハーブティーの効能として、美肌効果やむくみの改善、消化器系の不調に効くと言った妊婦に嬉しい要素が含まれているものもたくさんあります。

出産後も役立つハーブティー

ハーブティーには妊娠中だけでなく、新米ママや赤ちゃんにも良い効果がいっぱいです。

ママには母乳の出を良くする催乳作用や、育児による精神不安や風邪予防に効くハーブがあります。

赤ゃんの夜泣きで困った場合は、離乳食を始める頃からごく少量を抽出したものを与えてみてはいかがでしょうか。

ルイボスティー

ルイボスティーは妊婦が不足しがちな鉄分や亜鉛、カルシウムと言ったミネラルが豊富に含まれているハーブです。

一般的な健康茶としても人気が高く、デトックス効果やアレルギー予防、抗酸化作用で免疫力アップなど嬉しい効果がたくさん。

成分が穏やかで飲み口もすっきりしているので、薄めて赤ちゃんにも飲ませることができます。

関連記事:順調なマタニティーライフを応援するルイボスティー

ローズヒップ


ローズヒップは、ビタミンCが豊富に含まれており、風邪やインフルエンザなどの感染症予防や、利尿促進によるデトックス作用に優れています。また、ビタミンCの含有量はレモンの約20倍近くあると言われており、出産や育児での疲労や妊娠中の肌トラブルの解消にも役立っています。

ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフは、子宮や子宮の筋肉に良く作用し、安産効果が期待できるハーブとして妊婦に大変人気です。

また、陣痛の痛みを和らげ子宮の動きを滑らかにしてくれる作用もあるので、臨月時期に入った方には特におすすめと言えるでしょう。

反対に、子宮収縮作用があるので、胎児の状態や子宮が安定していない妊娠初期の飲用は禁忌とされています。
妊娠28から34週目頃を目安に摂取するようにしましょう。

関連記事:妊婦さんに嬉しい効果が!ラズベリーリーフティーはどんなお茶?

ダンデライオンルート

別名たんぽぽコーヒーとの呼び名もあるダンデライオンルートは、妊婦のむくみ予防に良く効きます。

妊娠中期以降は、お腹が大きくなるにつれて下半身の血流が悪くなり、足がむくみやすくなります。

ダンデライオンルートの高い利尿効果で、下半身をすっきりさせていきましょう。

また、母乳がでにくい新米ママにも催乳効果の高いダンデライオンルートは大変でおすすめです。

ジンジャー

ジンジャーは、吐き気や胸のむかつきに効果があるとして有名なハーブです。体温を上げ血流や代謝を良くさせる作用や、つわりの解消にも効果がありますが、多量に摂取すると低血糖や消化器官への悪影響があるので、摂取量には注意が必要です。

関連記事:意外と知らない!?生姜粉末には女性に嬉しい効果がいっぱい

ネトル

ネトルは、血を作るハーブとして知られ、主に鉄分やミネラル、カルシウムが含まれています。

また、ネトルティーには、ビタミンなどの栄養素がも豊富に含まれており、貧血を予防し血液をサラサラにする作用もあります。

ペパーミント

ペパーミントティーは、清涼感溢れる独特の香りが心身をリラックスさせてくれるハーブティーです。

胃痛や胸やけ、消化不良に吐き気など、消化器系悩みに作用が働く為、妊婦のつわりに良く効きます。

オレンジピール

オレンジピールは、精神的にリラックスできる穏やかな香りが特徴です。

柑橘系特有の爽やかで甘酸っぱい香りには、心を元気にする働きのあるので、つわりや育児で疲労を感じた時に飲むと良いでしょう。

レモンバーベナ

レモンバーベナは、別名ハーブティーの女王と呼ばれています。レモンに似た爽やかな柑橘系の香りを放つレモンバーベナの葉は、イライラや不安を鎮め、精神をリラックスさせてくれます。つわりや育児で疲れ、ぐっすりと眠れない夜におすすめです。
また、食欲増進や消化を促す作用もあるので、消化器系のトラブルにもよく効きます。

神経系に影響するハーブティーはNG

妊婦の身体にも心にも良いと言われるハーブティーですが、薬効成分が高かったり神経系に影響を及ぼすハーブに関しては妊娠中の服用は避けた方が良さそうです。

妊娠中の摂取はNGとして、ウコン・アンジェリカ・シナモン、セージ、サフラン・センナ・ローズマリー・チェストベリー・リコリス・レモングラス・マテ・アロエ・ジャスミンなどが挙げられます。ハーブをご使用の際は、成分や効能などを充分に理解した上で毎日の生活に摂り入れていきましょう。