そろそろ赤ちゃんが欲しいと思ったらまずやるべきことの1つに、食生活の改善が挙げられます。

妊娠しやすい身体を作るために適した食材は、妊娠力を上げるだけではなく、その後の妊婦生活や出産にも良い影響をもたらします。

近い将来元気な赤ちゃんを授かるためにも、妊活中の食生活に是非注目していきましょう。

身体を温めて妊娠力アップ

冷えは万病の元とも言われていますが、妊娠力を高めるためにも冷え性は是非治しておきたい疾患でもあります

月経や排卵が正常に行われるために必要な平熱は36.5度以上が望ましいと言われていますが、平熱が36度未満の低体温である場合、その血流の悪さから子宮や卵巣が機能不全となるリスクが高まると言われています。

平熱が1度下がることで基礎代謝は12パーセント下がり、免疫力は30パーセントも下がると言われており、基礎代謝が衰えることで肥満になる可能性は高まり、免疫力の低下は感染症にかかりやすくなると言ったデメリットが生じてきます。

この影響はどちらも不妊になる原因の代表的なものだと言われていますので、妊活=温活でもあるとの認識を持ってまずは身体を温めることを優先していきましょう。

血流をよくして冷え性の改善

妊活中は、身体を温めて妊娠しやすい身体作りに励む必要がありますが、それにはまず身体の血流をよくすることが重要だと言われています。

身体の血流をスムーズに促すためには、入浴や適度な運動がおすすめですが、食事を見直すことで更に効果を高めることが可能になってきます。

私たちの身体は、血流によって身体に熱を運んでいますが、その血液を運ぶ管は毛髪より細い毛細血管を通っています。

その細い血管を通過する血液がもしドロドロになっていたら、手足の先に血流が行き渡らないばかりか、卵巣や子宮などの生殖器官にもうまく運ばれていかなくなってしまう恐れがあります。

いくら温かい食事で身体を温めるように努力しても、血流自体がスムーズでなければ冷え性は治りませんので、食生活の改善には積極的に取り組んでいきましょう。

妊活に良い効果をもたらす食ベ物

常温野菜で血液をサラサラに

野菜に含まれる豊富な水分や栄養は、血液をサラサラにするだけでなく、体内の毒素を排出してくれる効果が期待できます。

野菜の効能で血液がサラサラになれば、手足にも血流が行き渡り、結果身体の中から温める力が備わってくると言われています。

ですが、野菜は煮たり焼いたりすると本来持っている栄養素が壊れてしまうと言った欠点もあるので、野菜の効能をできるだけ吸収するためには、生野菜での摂取をおすすめします。

「生野菜は返って身体を冷やすんじゃない?」と心配されている人も多いと思いますが、常温の状態でよく噛んで食べることや、冬には身体を温める作用のある冬野菜を食べることで、生野菜でも身体を冷やすことなく栄養吸収や体質改善が図れますので心配には及びません。

 

 

血液サラサラ効果の高いものとして、大根、なす、きゅうり、しいたけ、たけのこ、しめじ、玉ねぎ、ピーマン、セロリ、にら、パセリ、ほうれん草、青じそなどの数多くの野菜が挙げられます。

赤い食材で血液を増やして血行促進を促す

人間の身体は、古い血が溜まると子宮や卵巣の働きが弱まり、婦人病のリスクが高まると言われています。

妊娠しやすい身体を作るためにも、血液を増やして血行促進を高めてくれる赤い食べ物を積極的に摂っていきましょう。

赤い食べ物の代表的なものとしては、牛肉や豚肉、サバやカツオなどの赤身の魚、ラムやマトンなどの羊、人参、パプリカ、トマト、人参、パプリカ、クコの実、 りんご、さくらんぼ、ぶどう、プルーンなどが挙げられます。

黒い食材で女性ホルモンの分泌を図る

ひじきや海藻類、黒ごまなどの黒い食べ物は、妊娠するために必要な女性ホルモンの分泌を高めてくれる働きを持っています。

中でも特に栄養価が高いと言われる黒ごまは、セックスミネラルとも呼ばれるホルモンの分泌を促してくれる妊活向きの食材です。

黒ごまの効果を身体にしっかり吸収させるためには、すりごまを使うとより効果的です。

 

 

良質のたんぱく質で栄養摂取

たんぱく質は人間の身体の2割を占め、皮膚や筋肉、毛髪やホルモンに免疫などを構成しています。

また、身体のありとあらゆる細胞を作る役割があるため、胎児の成長や妊活にもたんぱく質は欠かせない栄養です。

肉や魚、卵や乳製品などに多く含まれていますが、効率よく良質なたんぱく質を摂り入れたい場合は脂身の少ない赤みの肉が最適です。

納豆や枝豆などの植物性たんぱく質は、妊娠初期の胎児の神経系や脳の発達に必要な葉酸も多く含まれているので積極的に摂り入れていきましょう。

※関連記事:葉酸が多く含まれる食品・食材を選びと効率よく摂るためのコツ

薬味で身体を芯から温める

血行促進効果の高い、生姜やネギ、紅花などの薬味にも是非注目していきましょう。

生姜には身体を温めてくれる効果のあるショウガオールと言う辛味成分、冬に取れるネギには血流をよくする効果、紅花には冷え症や婦人病にも効果の高い成分が含まれています。

ちなみに、ショウガオールは生よりも加熱や乾燥されている生姜に豊富に入っているため、妊活する上では火を通した方がおすすめです。

※関連記事:意外と知らない!?生姜粉末には女性に嬉しい効果がいっぱい

女性に不足しがちな鉄分や亜鉛を摂る

鉄分は、赤血球を作ったり子宮の粘膜を作る材料にも使われており、妊活には大変重要な栄養素です。

主に牛肉や豚肉、鶏肉や鶏レバーなどの肉類、カツオやマグロ、サバやイワシなどの魚類、ほうれん草や小松菜、豆腐などの大豆製品に多く含まれていますが、身体への吸収面を考えると、植物性食品よりも動物性の鉄分を摂った方が効率が良いと言われています。

尚、鉄分は身体に溜めておくことができるので、妊娠する前から準備をしておきましょう

※関連記事:妊娠の妨げとなる鉄不足をヘム鉄サプリでしっかり補いましょう

 

また、亜鉛は女性ホルモンの分泌を促してくれたり、たんぱく質の合成や骨の発育にも必要な成分です。

更には、妊娠するために効果的な新陳代謝を活発にする作用や、免疫力アップにも効果が期待できます。

亜鉛を多く含む食材としては、代表的な物で牡蠣や牛肉にレバー、鮭やアサリ、チーズや卵黄、アーモンドなどが挙げられます。

※関連記事:亜鉛が不足すると、男性妊活に影響が出るってホント?!サプリで上手に補って!

慢性的に不足しがちなカルシウムを摂る

日本の成人女性のほとんどが慢性的なカルシウム不足であると言われていますから、積極的に摂取したいですね。

※関連記事:妊活女性にカルシウムサプリが必要不可欠である理由