亜鉛

晩婚化の進む日本では、女性だけでなく男性不妊にも大きな注目が集まっています。

今や10人に1人が精子に問題を抱える時代と言われ、最近では不妊の原因の半分は男性側にあることも分かってきました。

そんな中、男性が妊活する上で積極的に摂取したい栄養素として「亜鉛」の存在が見直されているそうなんです。

そこで今日は、別名「セックスミネラル」とも呼ばれる亜鉛について詳しく調べてみました。

亜鉛が男性妊活に必要な理由とは

亜鉛は、私たち人間の体内にあるタンパク質をアミノ酸に分解してくれる酵素の材料ですが、別名セックスミネラルとも呼ばれており、男性ホルモンであるテストステロンの代謝にも大きな役割を果たしてくれる大事な栄養素でもあります。

この、男性妊活に必要不可欠とも言われる亜鉛の必要量は、鉄分と同じ(成人男性1日12mg程度)くらいとされていますが、尿や汗から排せつされる量は鉄分の10倍であるとも言われており、慢性的な亜鉛不足が心配されています。

更には、最近の研究によると、亜鉛は精液中にも多量に含まれており、1回の射精分精液5mlに対し何と1mgもの莫大な量が排出され続けていることも分かってきました。

亜鉛が不足することで被る男性特有のデメリットとしては、インポテンツなどの前立腺障害だけでなく、精子数が減ったり運動力の乏しい精子が増えてしまうと言った「精子の質の低下」を促し、精子の質が衰えてくると性欲減退や受精の成功率の低下、勃起不全や前立腺肥大に繋がるなど、男性不妊の原因の1つとして大きな影響を与える結果となるのです。

亜鉛がもたらす男性妊活へのメリット

男性が妊活を成功させる上で最も大切なことは、「妊娠に繋がりやすい精子を作ること」です。

そのためには、日頃からビタミンやミネラルを摂取し、精子の質を良くするためにも亜鉛の摂取を心がける必要があります

亜鉛が男性に与える効果としては、亜鉛の摂取により体内濃度を高くすることで、精子数を増やし運動量も向上させることが可能となることや、精子の質に関しても生殖能力に優れた精子を大量に生産してくれるメリットが得られることが分かっています。

更には、亜鉛はセックスミネラルと呼ばれるだけあって、男性の性欲を増長させる効果があり子作りする機会を増やしてくれるため、自然と妊娠の成功率がアップすることに繋がっていきます。

亜鉛は1日どれくらい必要!?

厚労省では、亜鉛の推奨量は成人男性で1日12mg、女性は1日9mgが望ましいとされています。

【厚生労働省HP】栄養機能食品の規格基準と栄養機能表示、注意喚起表示:
http://www.mhlw.go.jp/topics/2002/03/tp0313-2c.html

亜鉛は、牡蠣やひじきなどに多く含まれている栄養素ですが、私たち日本人に身近な食材である米やパン、牛肉に大豆やココアなどからも摂取することが可能です。

このことからも、普段の食事をバランスよく食べることが亜鉛不足にならないコツであると言えそうです。

しかし、亜鉛は非常に吸収率の悪い栄養素でもあり、ストレスや飲酒によっても消費量が増えることが分かっているため、鉄分と同じように日頃から補給を意識することが大切です。

亜鉛の吸収を効率良く高めるには、クエン酸やビタミンC、動物性たんぱく質と一緒に摂ると良いでしょう。

反対に、ホウレン草などに含まれるシュウ酸や珈琲に含まれるタンニンと一緒に亜鉛を摂ると吸収が妨げられることも分かっているので、食べ合わせには充分注意してください。

ちなみに上限量は、成人男性で1日40mgから45mgですので、妊活中の男性は推奨量である12mg以上40mg未満を意識して摂取するようにしましょう

亜鉛サプリの選び方

上記で述べたように、亜鉛は非常に吸収率が悪い栄養素であり、汗や尿、精液からの排出量も多いことが分かっています

更には、食品からの吸収率は3割程度しかなく、食べ物だけで妊活に必要な量を摂取するのは難しいため、不足しがちを補う場合には亜鉛のサプリメントを併用することも大変おすすめです。

亜鉛のサプリを利用することで得られるメリットは、何と言ってもその手軽さです。

忙しい時間でも錠剤を口にするだけで簡単に摂ることができますし、サプリは摂取量の把握が容易にできるため、食品のように少なすぎたり多すぎたりと言った心配もなく、1日に必要な栄養素分を補うことができます。

亜鉛のサプリを選ぶ際には、成分や由来表示がしっかりと明記されたものを選ぶように心がけることが大切です。

例えば、広島の天然牡蠣を原料にした牡蠣エキスが含まれているなど、原料や産地でも安心できることが選ぶ際のポイントです。

また、天然由来の成分で吸収率がアップするように加工されていたり、マカや高麗ニンジンなどが配合されているなど、プラスαの高性能な効果が期待できるサプリにも是非注目して行きましょう。



亜鉛の摂りすぎには注意

亜鉛は副作用が少ないミネラルとして有名ですが、継続的に過剰摂取を続けた場合は鉄と銅の欠乏症を招く可能性があり、貧血や免疫力の低下、白血球の減少と言った様々なリスクが生じてくるため注意が必要です

また、効果を早く出そうとするあまり、一度に大量摂取するとめまいや吐き気、胃痛や嘔吐に発熱と言った症状を引き起こす急性亜鉛中毒になる恐れもあります。

急性亜鉛中毒は、普段の食事で起こることはほぼありませんが、サプリを長期間過剰摂取した場合には起こる可能性がありますので、服用の際は充分注意してください。