葉酸は、妊活中の女性だけでなく、妊娠中や産後のママにも大変重要な栄養素であると言われています。赤ちゃんの成長のために、そしてママの健康維持のためにも、日頃から上手に葉酸を摂り入れていきましょう。

そこで今日は、女性にうれしい葉酸の効果と、おすすめな葉酸サプリの選び方について、詳しくご紹介いたします。

妊活・妊娠・産後に良い葉酸の効果

胎児の先天性異常を防ぐ

妊娠中に起こる先天性異常の1つに、「神経管閉鎖障害」という胎児の脳や脊髄の元に起きる障害がありますが、数多くの研究で葉酸にはこのリスクを軽減させる効果があることがわかっています。

特に妊娠4週から12週までの胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期には、「たんぱく質や核酸(DNAやRNA)の合成を促進する」効果のある葉酸を十分に摂取することで、細胞の再生を助けて神経管欠損症(NTD)など胎児の先天性奇形の予防をする必要があります。

神経管欠損症(NTD)は受胎後1カ月以内に発生するため、妊活中や妊娠の可能性のある女性は妊娠前から妊娠12週まで1日0.4mgの葉酸の摂取が推奨されています。

貧血を防ぐ

妊活中や授乳中に、貧血はご法度です。
葉酸は赤血球の生成に欠かせない栄養素であるため、葉酸が不足すると貧血や立ちくらみが起こります。

また鉄分不足による一般的な貧血よりもさらに妊娠の確率を下げると言われている「悪性貧血」にも、葉酸は有効的に働きます。

悪性貧血は、血液の巡りを悪くさせるだけでなく、身体に酸素や栄養を回さなくすると言ったリスクもあるため、赤血球の細胞分裂を正常に促すためにも、日頃から葉酸の摂取を心がける必要があります。

子宮頸がんを防ぐ

アメリカの医科大学の研究によると、子宮頸がんのリスクがある女性を14年間追跡調査した結果、葉酸を定期的に摂取することで子宮頸がんの発生率が1/2から1/5に低下したことがわかったと報告されています。

母乳の出が良くなる

ご存じの通り、母乳はママの血液から作られているため、母体の血液が不足すると当然ながら母乳の出は悪くなります。

葉酸は「造血ビタミン」と言われており、赤血球を活発に生成させるために必要不可欠である栄養素です。

新陳代謝を促す

葉酸は体内の細胞分裂を活発にさせる働きがあるため、新陳代謝を上げてくれます。

新陳代謝が上がることで血流が良くなり、それにより腸内運動も活発になるため、老廃物がスムーズに排出されるなどのメリットが得られます。

また、脂肪燃焼をサポートしてくれるため、肥満予防や肌荒れにも効果が期待できます。

妊活中や産後の肥満は、胎児の成長や母乳の出にも大きく関わってくるため、注意が必要です。

産後鬱など、精神的ストレスにも効果的

妊娠中や産後のホルモンバランスの乱れから、マタニティブルーや産後鬱になる女性も多くいます。

葉酸はホルモンバランスの乱れによって起きる自律神経の不調を抑え、ストレスを軽減する役割も担っています。

妊娠率を上げる

着床率を上げるためには、子宮内膜をフカフカのベッドのようにして、受精卵を着床しやすくする必要があります。

子宮内膜を厚くするためには、大量の血液が必要ですので、赤血球の生成を促す葉酸は必要不可欠と言えます。

免疫力を上げて子宮機能の回復にも

細胞の生成を促進させる働きがあるため、免疫力のアップや消化器機能の回復にもアプローチし、産後の母体の回復を早めてくれる効果が期待できます。

また子宮機能の回復を早くさせる効果もあるため、不妊治療の女性にも広く使われています。

葉酸の効果的な摂り方

妊活中や妊娠中の女性が一日に必要な葉酸は通常の成人女性の約2倍にあたる0.4mg、授乳中の女性は0.28mgの摂取が厚労省により推奨されています。

葉酸が多く含まれる野菜の代表としてはホウレン草などの葉野菜が挙げられますが、葉酸は水溶性という特徴を持っていることから熱や水に大変弱く、調理の過程で栄養素がほとんど失われてしまうこともわかっています。

このように、食品のみで葉酸を摂取するには大変難しいことから、厚労省では普段の食事などから摂取できる葉酸の他に葉酸サプリの服用を推奨しています。

400Ugとは、表記単位の読み方について

『Ug』も『mcg』も同じ『マイクログラム』です。本来は『U』・『mc』ではなくて『μ(マイクロ)』ですが、特殊文字になる為に代用してるホームページが見受けられます。そのことで、読み方に悩む方が多数いますのでご紹介しておきます。

『m(ミリ)』は、基礎となる単位の10-3倍(0.001)。『μ(マイクロ)』は、基礎となる単位の10-6倍(0.000 001)。

例えば、葉酸1日の推奨摂取量400ugとは、400マイクログラムという読み方になります。mgに変換すると、0.4mg(ミリグラム)となります

葉酸サプリの選び方

天然か合成か

現在、葉酸サプリには、食品由来の天然葉酸とモノグルタミン酸型葉酸の合成葉酸の2種類が販売されています。

一見、合成より天然の方が身体に良さそうに見えるため、天然葉酸を選ぶ人も多いかと思いますが、厚労省では「合成」で作られた葉酸の摂取を推奨しています。

なぜ、厚労省が天然ではなく合成でできた葉酸を勧めているかというと、合成葉酸の方が体内での利用効率が高いことが理由として挙げられます。

体内の利用効率の値は、合成葉酸が85%あるのに対し、天然葉酸は代謝過程に多くの段階を踏むために50%程度にまで下がってしまうなどその差は大きく、また胎児の先天異常対策に有効であると発表された疫学研究で使われた葉酸は全て合成であり、天然葉酸の場合は理論的に効果があると推定されるものの、現時点では証拠が得られていないことも理由の一つとなっているからです。

添加物の有無について

合成物と同様、添加物と聞くと身体に悪いものと意識する人が多いと思いますが、添加物の中にも安全性の高いものは数多く存在しているため、葉酸サプリを選ぶ際は「危険性のある添加物」が入っているかどうかの見極めが大変重要です。

まず、サプリメントを作る際に必要な増粘剤や賦形剤には栄養はありませんが、身体には安全なものが多いため安心できる添加物です。

しかし、着色料や香料、人工甘味料などは身体への危険性を疑われているだけでなく、サプリメントを作る上で不必要なものでもあります。

あくまでも栄養素にこだわり、余分な添加物を加えていないなど、質の良いサプリを選ぶことをおすすめします。

また、普段聞いたことのないような原材料(植物など)が入っている場合は、胎児や母体に影響を及ぼす可能性もあるため慎重に調べる必要が出てきます。

3つのビタミンが配合されていること

葉酸単体では体内に吸収されにくいため、栄養素をしっかりと体内で機能させるためにも、相互作用のある3つのビタミンが配合されているサプリを選びましょう。

3つのビタミンとは、体内で葉酸を活性型に変換するビタミンC、葉酸と協力関係にあるビタミンB12、つわりを軽減したりホモシステインを別のアミノ酸に変換してくれるビタミンB6です。

その他にもビタミンB1、B2、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸などのビタミンB群を一緒に摂取できるとより効果的です。

栄養素がバランス良く配合されているか

栄養素とは、多く摂るほど良いというものではありません。

逆に過剰摂取により身体に影響が出る場合もあるため、栄養素の含有率チェックが必要となってきます。

特に、海外で作られたサプリは日本人の身長や体重に合ってないことが多いため、摂りすぎの危険があります。

ビタミンやミネラル、カルシウムが配合されているか

葉酸サプリの葉酸以外の成分が添加物だらけになっていないかの見極めが重要です。

質の悪い安価な葉酸サプリは、葉酸以外は全て増粘剤や賦形剤で作られている場合もあるため、ビタミンやミネラル、カルシウムがバランス良く配合されたものを選ぶようにしましょう。

特にカルシウムは、日本女性の多くが不足しがちであり妊活や授乳中には大変必要な栄養素ですので、1粒300mgのサプリの場合は0.4mgの葉酸と210mg以上のカルシウムが配合されていると、安全で効果的に栄養素を摂り入れることができます。

信用のおけるGMP認定工場で作られているか

現在日本では、医薬品に対しては安全が保証されたGMP認定工場で製造することが義務付けられていますが、サプリメントに関してはメーカー側の任意とされています。

サプリと言っても口に入れるものですし、妊活中や妊娠中は特に気を付ける必要があるため、管理体制の整ったGMP認定工場で作られている商品を選ぶことをおすすめします。

参考サイト:GMP認定工場について

販売実績が明確で信頼できる会社の商品であるか

原料や製法、製造工場にこだわる上で忘れていけないのが、販売している会社の実績です。

健康食品は外部委託で簡単に作れてしまうこともあるため、購入前には製造や販売を請け負っている会社の信頼性を調べておきましょう。

また、購入前や購入後のサポート体制がしっかりしている会社を選ぶことも大切です。

フリーダイヤルのお客様窓口が設けてあるなど、消費者の問い合わせに迅速に対応できるシステムを充実させているかどうか、チェックしておきましょう。

おすすめ葉酸サプリ

  1. ベルタ葉酸サプリ

    価格 5.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    単品価格:
    5,980円(税込)
    定期コース(6か月以上):
    3,980円(税込)

    27種類のビタミン・ミネラルを配合。

    管理人のレビュー

    商品詳細を見る

  2. はぐくみ葉酸

    価格 5.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    定期コース(初回):
    1,980円(税込)
    定期コース(2回目以降):
    3,980円(税込)

    自然の恵みから全搾りした天然素材100%の無添加葉酸サプリ。

    管理人のレビュー

    商品詳細を見る

  3. AFC葉酸サプリ

    価格 5.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    単品価格:
    1,800円(税別)

    厚生労働省が推奨し、かつ疫学研究実証済みな、 「モノグルタミン酸型葉酸=合成葉酸」を配合。

    管理人のレビュー

    商品詳細を見る

まとめ

葉酸を効率良く摂るためのサプリメントにも、おすすめなものとそうでないものが存在します。

特に、妊活や妊娠中、産後の授乳中は、効果はもちろんのこと安全が保証された商品を選ぶことが大切ですので、価格や宣伝文句にとらわれることなく、質の良い葉酸サプリを選ぶよう心がけていきましょう。