乳酸菌は体にいいとよく言いますよね。

毎日乳酸菌を摂るためには、ヨーグルトが一番手軽で長続きすると言われている方法ですが、スーパーには乳酸菌が含まれているヨーグルトがたくさん並んでいるため、どれを購入すればいいのか、また、どんな違いがあるのかわからないものです。

乳酸菌ヨーグルトの効果

モデルや女優さんが積極的に食べている食物の一つであるヨーグルトには様々な効果があるとされています。

  • 腸内環境を良くして便秘改善をする
  • 生活習慣病の予防
  • 骨の強化
  • 精神を安定する作用
  • 免疫力向上
  • 脂肪燃焼促進
  • 肌荒れの改善

私たちの体の中には400を超える腸内細菌が生息していますが、腸内の細菌は体によいとされる「善玉菌」と悪い影響を与える「悪玉菌」に分類されます。

腸内の善玉菌が活躍するためには善玉菌が優位な状況であるように、腸内環境を良くする必要があります。そのために毎日乳酸菌を摂取することが大事になってくるのです。

そこで、乳酸菌配合ヨーグルトとよく知られているものの比較をして、効果の違いを知りましょう。

明治ブルガリアヨーグルト

明治ブルガリアヨーグルトは昔からよく知られているヨーグルトの一つですが、使用されている乳酸菌は”ブルガリア菌2038株”と”サーモフィラス菌1131菌”で、便秘改善や皮膚機能を向上することで美肌になるのを助けます

明治ブルガリアヨーグルトの主成分であるLB81乳酸菌が「ブルガリア菌」と「サーモフィラス菌」を混ぜあわせた菌で、この菌には便のニオイを改善したり、腸の環境を安定させる研究結果も出ているようです

明治ヨーグルトR-1

使われている乳酸菌は”OLL1073R-1”です。

このヨーグルトもコンビニやスーパーなどで購入できるものなのですが、人気が高く品切れになっているところもあるようです。このヨーグルトが使用している乳酸菌にはEPSという多糖体を生成してくれ、このEPSには免疫を向上する効果が有るために、インフルエンザや風邪の予防力をつけてくれるのです。

また風邪などの症状以外にも関節炎などの症状に効果があると研究機関から発表されています

明治プロビオヨーグルト

使用されている乳酸菌は”LG21”です。

この乳酸菌はピロリ菌を減らす効果があるとされています。胃の粘膜に生息するピロリ菌は胃や十二指腸の病気の原因にもなり、ガンにもなりやすくなります。

一度感染してしまうと、除菌をしないかぎり永遠に胃の中に住み続けると言われていますが、この明治プロビオヨーグルトLG-21を食べ続けることでピロリ菌を減少することができると言われています

ピロリ菌のみを殺す効果があるため、下痢を引き起こす可能性が少なく、お腹に優しいと人気のヨーグルトです。

ダノン ビオヨーグルト

使用されている乳酸菌は“BE80”です。乳酸菌は口から入れても、ほとんどのものは腸に届くまでに死滅してしまうと考えられていますが、このBE80は生きたまま腸まで届くので、高生存ビフィズス菌と評価されています

メグミルク ナチュレ恵

使用されている乳酸菌は”ガセリ菌SP株”、”ビフィズス菌SP株”です。このヨーグルトも生きたまま乳酸菌が届くと有名です。ガセリ菌もビフィズス菌も、もともと腸内に棲む菌なので、内臓脂肪を減らしたりガン細胞を抑制する菌を活性化したりする作用があるとも言われています

恵 megumiビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト

使用されている乳酸菌はナチュレ恵と同様に”ビフィズス菌SP株”です。それとともに、腸内のビフィズス菌を活性化させるガラクトオリゴ糖も含まれています。

ビフィズス菌SP株がカプセルに包まれているため、生きた状態で腸まで届き、腸内改善を期待されています。効果が現れるためには、プチプチした食感のカプセルはできるだけ噛まずに食べることが推奨されています。便秘解消効果があるといわれています

フジッコ カスピ海ヨーグルト

使われている乳酸菌は”クレモリス菌FC株”、”アセトバクター菌FC株”です。このヨーグルトの特徴は、他のものよりも免疫細胞を活性化させたり、美肌効果、整腸作用に加え血糖値の上昇を緩和する効果があります

森永 ビヒダスヨーグルト

使われている乳酸菌は”ビフィズス菌BB536”です。生きてとどまる乳酸菌で、感染症・アレルギーにも効果があると臨床実験で証明されています。また花粉症を緩和する効果も報告されているようです。

グリコ 朝食BifiX

使用されている乳酸菌は”ビフィズス菌BifiX”です。他のヨーグルトと決定的に違う点は、腸内のビフィズス菌の数が、大変増加します。その理由は、この乳酸菌は胃酸に負けず、腸内にとどまっている間に増殖していくのです。

自分の体調にあわせてヨーグルト選びをしよう

一言にヨーグルトと言っても、使用されている乳酸菌は違いますし、そのため効果も変わってきます。まずはヨーグルトにどんな効果を発揮して欲しいのかを調べてから購入することが、おすすめです。

菌は体質によっても効果があったり、効果を全く感じられなかったりすることがあるようです。もしも体調が改善してないと思うのなら、違うヨーグルトをためしてみるといいかもしれません。食べる量やタイミング、量などについても注意してみましょう。

ヨーグルトの中には、自分の家で増やし続けることができるものもありますが、雑菌など入りやすく乳酸菌の効果が発揮できないものも多いので、衛生面を考慮するのであればスーパーなどで購入するほうが安全でしょう。