ラズベリーリーフティーはヨーロッパなどで安産のために飲まれるハーブティーとして昔から愛されています。このラズベリーリーフティーは日本ではあまりなじみは無いかもしれませんが、妊婦さんをはじめ女性に嬉しいたくさんの効果が期待できるお茶です。今回はそんなラズベリーリーフティーの飲み方や効果を詳しくご紹介しましょう。

ラズベリーリーフティーとは?

ラズベリーリーフティーはバラ科キイチゴ属多年草のラズベリーリーフから作られます。欧米やヨーロッパでは中世から栽培され、出産前の女性を中心に特に好まれ飲まれてきました。果実はお菓子やワイン、ジャムの原料として無駄なく使われ愛されてきたのです。

ラズベリーリーフティーはほのかに香る酸味と甘みが特徴で、味はクセがなく飲みやすいお茶です。妊娠中や授乳期におススメの栄養価の高いお茶は味に一癖あるものが多い中で、これは誰もが美味しく口にすることができ、食事とも相性抜群。

またハーブティーや紅茶はカフェインが含まれるものも少なくありませんが、これはノンカフェインで安心でき、授乳中に飲んでも全く問題ありません。体に良い効能があり長く飲み続けられるのも嬉しいですよね。

出産がとても楽になるお茶ってホント?!

ラズベリーリーフティーが安産のために飲まれるのには、出産が楽になる効果が期待できるためです。子宮の収縮を促す作用があり、分娩時間が短縮出来るというデータがあるほど。

妊娠後期になってラズベリーリーフティーを飲み続けた妊婦が、出産時に子宮口が開いてから赤ちゃんが出てくるまでの時間が約10分短縮できたという研究結果があります。ただしこの作用は出産の準備ができる妊娠後期だとプラスに働きますが、妊娠初期から中期にかけては子宮を刺激してしまうため注意が必要です。妊娠8カ月頃から飲むのがお勧めです。

ラズベリーリーフティーは分娩時間の短縮だけでなく、陣痛の痛みを和らげてくれる効果もあります。香りでリラックス作用もありますので、陣痛中の水分補給に最適のお茶です。分娩時の出血量も抑える効果があるため、出産においては良いことずくめの効果が期待できます。

ケリー・ボーン氏の著書で、メディカルハーブの安全性について科学的実証データを集めた本『The Essential Guide To Herbal Safety – Elsevier Inc. 2005(p96 – 97, Safety Considerations During Pregnancy and Lactation) 』で、192人の妊婦さんを対象に行った実験データが記されています。

生理痛や月経前症候群の緩和、他にもある嬉しい効果

ラズベリーリーフティーの効果で嬉しいのは安産時だけではありません。女性ホルモンのバランスが整うことから、生理不順や生理痛、月経前症候群の改善にも効果が期待できます。更年期障害で悩む女性にも有効で、年齢問わず女性に嬉しいお茶と言えるでしょう。

出産時の痛みの緩和と止血効果があることは前述しましたが、これは収れん作用と言って体内の組織や血管を収縮させる働きのことを言います。ラズベリーリーフティーの中に含まれるタンニンがこの働きをし、炎症のある粘膜の刺激を緩和。これにより口内炎や花粉症、下痢の症状にも効果があります。喉が痛い時にこのお茶でうがいをすると喉がすっきり、痛みもやわらぎます。

産後の授乳期にも積極的に飲みたい効果

産後すぐは体力も無くなりぐったり。でもすぐに始まる赤ちゃんのお世話で体の疲れがなかなか取れなくなります。妊娠中と同様に母乳育児をしていれば、口にするものは安心できるものを選びたいもの。ラズベリーリーフティーは産後ママにも大きな味方となってくれます。子宮の収縮は体を元気に回復させ、母乳の出を良くします。

ビタミンなどの栄養素が多く含まれていることで母乳の質も良くなれば赤ちゃんも嬉しいですよね。特に授乳中は水分を多く摂取する必要があり、1日に3リットル、暑い時期は5リットルもの水分を摂らなければなりません。カフェインが含まれているものは赤ちゃんにも良くありませんし、糖分が含まれていると産後の体型戻しも大変です。

農薬など素材にこだわったオーガニックのラズベリーハーブティーは、産前産後のママへのプレゼントにもピッタリです。

ラズベリーリーフティーの効果的な淹れ方

ラズベリーリーフティーを茶葉で購入した場合は、正しい淹れ方をすることでより美味しく、より高い効果が期待できます。

茶葉の葉が大きすぎたり、他の茶葉とブレンドする場合は、キッチンバサミで少しカットすると良いですよ。300ccのお湯が入るティーポットには茶葉はティースプーン2杯がベスト。お湯を注いだら3~5分ほど蒸らして好みの濃度にしたら飲み頃です。水分補給として飲むなら作り置きし冷やして飲むのもいいですね。

ティーバッグのものは手軽に飲めるため人気があります。

ちなみに健康を気にする人が好んで飲むルイボスティーとブレンドして飲むのもおススメ。ラズベリーリーフティーの草みがやわらぎ更に飲みやすくなりますし、それぞれ体に良い効果があるため美味しく健康的になれますよ。

ラズベリーリーフティーはどこで購入できる?

ラズベリーリーフティーは日本ではあまり認知度が高くないため、スーパーなど身近な店では販売していない可能性があります。

ただヨーロッパなどではメジャーのお茶ですので、カルディーなど輸入食品を扱うお店ではいくつかの種類を手に入れることができるでしょう。最近は百貨店内でもハーブの専門店が出来たり、世界中のお茶を販売する店舗が増えてきています。お店によっては取り寄せてくれる場合もあるため、店頭にない場合は問い合わせしてみてもいいかもしれませんね。

ラズベリーリーフティーは安産のため、また健康に気をつかうあらゆる女性が喜ぶ美味しいお茶です。ぜひ試してみてくださいね。

ただ、ラズベリーリーフティーのみですと、普通のハーブティーというイメージではなく乾燥させた葉っぱを飲んでいるような感じなので、私は飲みやすくブレンドしてあるものがオススメします。

▼関連記事:
話題の「妊活ブレンド」ってどんなお茶?徹底調査!