「人工授精にトライしてみよう!」

そう決意した夫婦にとって、まず必要なのは人工授精の正しい情報や知識です。

近い将来に待望の赤ちゃんを授かるためにも、不妊治療の代表的な治療方法でもある人工授精について、気になるコトをいろいろ調べてみました。

人工授精の気になる仕組みやメリット

まず最初に行う不妊治療が、「タイミング法」と呼ばれる排卵日を意識して性交を行う方法であるのに対し、次のステップである「人工授精」とは、採取した精液をカテーテルを使って子宮内に直接注入する方法です。

つまり人工受精とは、卵子が受精しやすい場所まで精子を入れてあげる手助けであり、後は精子が自力で卵管内へ移動して卵子と出会う仕組みとなっているため、名前は「人工」と呼ばれてはいるものの、実際には自然妊娠に近い形で受精することのできる「ナチュラルな不妊治療」の1つであると言えるのです。

人工授精を選択する理由として、タイミング法では妊娠に至らなかった夫婦がステップアップ治療を求めて行うケースが多く挙げられますが、それ以外にも男性のEDや射精障害、女性の生殖器官のトラブルなどで自然妊娠が難しい場合や、夫婦のセックスレス問題の解決策として人工授精が選ばれることも多く見られます。

また、体外受精などの高度な不妊治療と比べると比較的簡単に短時間で行えることや、治療の際にほとんど痛みが無く身体への負担が少ないため、繰り返し治療がしやすいと言った点も、人工授精が選ばれる理由の大きな要因となっています。

最も気になる人工授精の妊娠率ですが、1回あたりで成功する確率は5から10パーセントと言われています

これは排卵日を意識した自然妊娠に比べておよそ半数程度の確率であり、妊娠に至るまでは複数回実施するのが一般的ですが、人工授精にトライししたおよそ9割の女性が4回目までに妊娠できたというデータもあるようです。

ですが、1回と2回と回を追うごとに妊娠率は低下していくため、6回目も失敗した場合には体外受精などのステップ治療を検討する夫婦が多いようです。

人工授精の気になる手順

病院によって多少の違いはありますが、おおよその流れは以下の通りです。

①医師の指導の元、基礎体温のデータから排卵日を予測する

②超音波検査やLH検査薬でより正確な排卵日を割り出す

③排卵予定日が近づいてきたら、排卵検査薬の使用を始める

④排卵検査薬で陽性が出たら、夫は自宅か病院で精子を採取する
(自宅採取の場合は、精液の容器を体温で温めながら温度が低くならないように注意して病院へ運ぶ)

⑤病院で、精子を洗浄濃縮して元気な精子だけを残す
(この作業は、精液に混じっている細菌や赤血球、白血球を取り除くことができる)

⑥処理した精液をカテーテルに入れ、子宮の内腔に注入する
(こちらの所要時間は約2分、痛みもほとんど無い)

⑦必要があれば排卵誘発剤を打つ

⑧翌日か2日後にもう一度、超音波検査で排卵の確認

⑨人工受精当日は入浴を避け、数日間は安静に努める

人工授精の気になる費用

人工授精は自由診療となるため保険が利きませんので、全て実費での治療となります

 

 

費用は病院によって違いはありますが、1回の人工授精の費用は目安として15,000円から20,000円と言われています

金額の違いとしては、自由診療ということもあり病院独自の料金設定ができること以外に、採取した精子を原液のまま使用するか洗浄濃縮の作業を施すかによっても金額に差が出るようです。

どこの病院でお願いするか検討する際には、金額だけでなく実施内容にも着目していきましょう。また、人工授精自体は実費ですが、それ以外にかかった飲み薬や注射代は保険適用の場合もあるので、受診の際は保険証を忘れないようにしてください。

人工授精の気になるデメリット

医師からしっかり説明はされると思いますが、人工授精をするにあたってデメリットな部分も紹介しておきます。

保険が利かないので費用が高い

1回の人工授精の費用はおよそ15000円から20000円かかりますので、5回程度行うと仮定して約100000円の出費を用意する必要があります。

ですが、人工授精の費用は医療費控除は適用されるため、1年間で数回人工授精を繰り返しても、最大で100000円の実費で済みます。

排卵誘発剤を使用する際のリスク

排卵誘発剤を使う場合は、多数の卵胞が同時に発育し排卵することによって起きる多胎妊娠になる場合があります。また、卵巣過剰刺激症候群と言って、卵巣が腫大し腹水貯留や胸水貯留などの合併症が起きる可能性もあります。

体外受精と比べると成功率が低い

一般的な不妊治療である人工授精は、体外受精や顕微授精などの高度生殖医療に比べると、妊娠の成功率は低くなります。女性の年齢にもよりますが、比較的若い女性ですと1回の体外受精で約20パーセントの成功率であると言われています。

1回の成功率が5から10パーセントと言われている人工授精と比べると、その差はかなり大きいと言えるでしょう。

治療の過程で膣や子宮に炎症が起こる可能性がある

人工授精は、膣口から子宮へ器具やカテーテルを挿入して行いますので、その際にバイ菌が入ったり器具が子宮に傷を付ける可能性もあります。

治療は5回から6回で次のステップへ

人工授精は、排卵誘発剤の使用にもよりますが、女性の身体への負担が比較的少ないため、基本的には何回行っても問題は無い治療方法です。

しかし、過去のデータでは7回以降で妊娠する可能性はかなり低く、それ以上続けていても結果が出せない場合が多く見られます。
そのため、人工授精を5回から6回トライしても、妊娠に至らない場合は、体外受精などの次のステップへ移る決意が必要となってきます。

関連記事:クラスに1人は体外受精で生まれている時代だからこそ、知っておきたいARTのコト

最後に

料金が高くて、治療をするかしないか悩んでいるカップルは、以下の方法もチェックしてみてください。パートナーがタイミング法にプレッシャーを感じているだけならピッタリの方法ですよ。

男性に射精障害があっても妊娠できるシリンジ法とは