男性はいつでも気が向いた時に子供が作れると思っているとしたら、それは大きな間違いです。最近の研究では、精子は年齢とともに明らかに老化していくことが分かってきました。そして、毎日の生活習慣によっても精子の質が低下することも明らかになってきたのです。それだけ精子もデリケートってことですよね。

「もっと早く子作り計画をしておけば…」なんて後悔しないように、今日は精子の老化について理解していきましょう。

精子の老化は精子の質を衰えさせる

加齢による精子の老化の内訳として、精液の量や濃度、運動率の低下が挙げられます。

また、精子の老化により正常な精子は徐々に減少され、逆に酸化ストレス障害を持っているものが増えていきます。これにより、精子のDNAは傷つけられ不妊に至る人が多いと言われています。

精子の老化が始まる年齢

s-30year

精子は、卵子とは違って毎日作られているものですが、だからといって精子の質がずっと変わらない訳ではありません。卵子ほどではありませんが、精子も35歳を過ぎたあたりから緩やかに老化が始まり、受精能力は落ちていきます。卵子を活性化させる能力としては、20歳から34歳までが7割を超えたのに対し、30代後半は62%、40代前半は52%、40代後半は39%と、年齢が上がる毎に精子の力は低下していくことが分かっています。

ちなみに、既に子供を持つ健康な男性の場合は年齢に関係なく68から85%と言う高い数字が出ていることも明らかになっています

精子の老化によるリスク

加齢により、精子そのものの数や精子を育てるホルモンや細胞の数が減少していきます。正常な精子が減る一方で傷ついたDNAを持つ精子が増えていきます。傷ついたDNAを持つ精子は、受精すると染色体異常を引き起こし初期の流産の原因にもなっているのです

また、若い精子に比べ劣化した精子は運動率が悪く、受精する為に要する時間が長くかかったり受精卵の細胞分裂の回数が多くなる傾向もあります。

こうした精子の運動率の悪さが子宮への着床に影響を与え、スムーズに妊娠できなかったり、着床は成功しても流産してしまうと言った悪い結果を招いてしまう原因になっているのです。

精子の老化を早める7つの習慣

タバコ

喫煙は、体内の血流を悪くさせるだけでなく勃起不全を引き起こすリスクがありま。タバコの煙に含まれる活性酸素によって、身体は酸化ストレスを受けます。その影響で、精子の質や運動能力が低下し、女性の流産率を増やしてしまうことになるのです。

また、タバコは喫煙者だけでなく受動喫煙者に与える影響は大きく、精子や卵子の老化以外にも卵巣や子宮の機能も衰えさせます。

長風呂、サウナ

精子の理想の温度は35度だと言われており、長風呂やサウナなどで股間に熱がこもると精子は弱っていきます。妊娠を望んでいる場合は、造成機能を悪化させなためにも精巣を温めることは極力控えていきましょう。

きつい下着

タイトなパンツを履く時など、きつめの下着で下半身をがっちり締め付けてはいませんか。精巣は熱に弱いので、温度が上がると造成機能が低下します。通気性の良い生地でゆったりとした形の下着を着用していきましょう。

禁欲

禁欲することは、妊娠率の低下にも繋がるのでおすすめはできません。禁欲しても精子の数が増える訳ではなく、いずれゴミになる質の悪い精子が増えていくだけです。定期的に射精することで、新しい新鮮な精子を作る環境を整えていきましょう。

膝上でのPC操作、スポーツタイプの自転車

ノートパソコンは、軽くて持ちは運びしやすい利点が挙げられますが、パソコンを膝の上に置いて使うことは極力避けた方が良さそうです。熱を発するパソコンを股間付近で使うことで、その熱が精巣へ伝わり精子の質にも悪影響を与えてしまいます。

また、スポーツタイプの自転車などのサドルは非常に硬くできているため、長時間の運転は控えましょう。サドルが男性器を圧迫すると精巣周辺の血行が悪くなり、勃起不全・精子の減少や運動率の低下に繋がる恐れがあるので、サドルの幅を広いものに変えることをおすすめします。

育毛剤

妊娠を望む場合、男性ホルモンの働きを抑える育毛剤の使用はストップしましょう。育毛剤のホルモン作用が原因で、精子が作られる数が減ったり勃起不全などの弊害が出る場合もあります

ハムやベーコンなどの加工品

アメリカの研究チームによって、ハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉食品の摂取が多い男性は、精子の質が下がっていることが分かってきました

反対に白身魚を多く食べていた男性の精子の質は良好であり、赤身魚を食べていた男性は精子の量が多いという結果が出ています。魚の摂取を心がけると、精子の量や質の向上に繋がることが分かっています。

最後に

いかがでしたか。精子の老化は、加齢だけではなく生活習慣にも大きく影響を受けることがわかりましたね。より良い妊活のためにも、老化を早める生活習慣を見直し、栄養バランスの取れた食事と十分な睡眠を心がけましょう。また、仕事のストレスや忙しさなど精神的ダメージにより勃起不全になる男性も少なくはありませんので、日々気持ちをリラックスさせることも大切です。

ちなみに、男性の場合、高額な医療費を覚悟すれば、、、精子さえあれば最新の生殖医療で一生お子さんは作れます。その点が男性と女性の大きな違いです。

『パートナーはなぜ妊娠しないんだろう?』と気になっているのなら、男性は精液検査を受けてみることをオススメします。

▼関連記事:
精子検査を受けよう!不妊原因の割合は男女ほぼ同じ?