スプレキュアは排卵をコントロールする点鼻薬で、不妊治療で処方される薬です。不妊治療では聞きなれない用語や薬に数多く出会います。病院で説明を受けても不安は残るものですよね。今回はスプレキュアの薬について、使用方法やそれによって促される排卵のタイミングなどをまとめてみました。

スプレキュアはどんな薬なの?

スプレキュアは、もともと子宮筋腫や子宮内膜症の治療に使われていた薬ですが、排卵を誘発する作用があることから今は不妊治療でもよく使われています。

スプレキュアは商品名で、脳の視床下部に働きかけ、その使い方によって脳下垂体ホルモンの分泌の促進や抑制をします。似た作用のある薬にナサニールがあり、これらの薬を「GnRHアゴニスト」と呼びます。「GnRH」とは視床下部から出ている性腺刺激ホルモン放出ホルモンのことで、卵巣を刺激するホルモン(FSH)と、黄体化ホルモン(LH)に働きかけ、卵巣内の卵が成長し排卵を促します。

不妊治療にこれらの薬を使うのは、「体外受精」をする場合です。体外受精で大切なのは卵の成長をコントロールして、ベストな状態をつくりあげること。体外受精の成功率を上げるために、スプレキュアなどを使用し、脳下垂体ホルモン分泌を調整し、卵を人為的に成熟させるのです。

知っておきたい体外受精のロング法とショート法

体外受精はロング法とショート法があります。スプレキュアをはじめとするGnRHアゴニストの使用期間によって、その呼び名が変わります。不妊治療でもこの二つの用語はよく出てきますので、少し難しいかもしれませんがしっかりと内容を理解しておきましょう。

体外受精で必要なのは、「採卵」の準備です。この採卵で難しいのは、卵巣でよく育った卵子を排卵直前で採卵しなければならないことです。通常は、卵子がきちんと育っているのか、いつ排卵をするかを正確に把握ことは出来ません。その為、人が手をかけて卵巣を刺激し卵胞を育てていく方法を用いて(卵巣刺激法と言います)、これらをコントロールしていきます。ここで用いるのが排卵誘発剤、排卵抑制剤、排卵促進剤で、主に「ロング法」と「ショート法」から選ぶことになります。

ロング法の方がメジャーなのですが、卵巣への負担が大きいため、基本的に37歳以下で卵巣の機能に問題が無い人が対象です。ショート法は卵巣の負担は小さいのですが、排卵のコントロールがしずらく、卵子の質が低下しやすいというデメリットがあります。

ロング法
「ロング法」は、前周期の高温期から排卵抑制剤を使用します。ここで使われるのがスプレキュアの点鼻薬です。1日3回の噴射は、排卵促進剤を投与するまで毎日続けます。生理開始3日目から排卵誘発剤(hMG製剤)の注射を始め、いくつかの卵胞が18㎜ほどになったら排卵促進剤(hCG製剤)を注射します。排卵促進剤から36時間以降に排卵が起こる為、34~36時間後に採卵をします。
ショート法
「ショート法」では、薬の投与する期間が短くなります。生理開始日~2日目から排卵抑制剤(スプレキュア点鼻薬)を使い、排卵促進剤を投与するまで続けます。スプレキュア使用開始の翌日より排卵誘発剤(hMG製剤)を注射が始まり、卵胞が18㎜位になったら排卵促進剤(hCG製剤)を注射し、後日採卵という流れになります。

またロング法、ショート法以外で、スプレキュアを短期で使用するケースもあります。スプレキュアには卵巣刺激ホルモン(FSH)と、黄体化ホルモン(LH)を急激に上げる働きがあるため、hCG製剤の代わりに用いられます。これは体外受精でなくても使われる方法です。

スプレキュアには排卵を抑制する効果と、排卵を促す効果があることが分かります。作用としては全く逆なので混乱するかもしれませんが、病院の指示をしっかりと聞き使用するようにしてくださいね。

スプレキュア点鼻薬の使い方

点鼻薬を使用したことが無い人は、なかなかうまく出来ないという人もいるかもしれませんが、使用するうちに慣れていきます。最初に鼻をかんで、鼻の通りを良くしておきましょう。点鼻薬を噴射する時は、少し下を向き噴霧器を鼻の奥まで入れます。スプレキュアの点鼻は1日3回。噴射の時間は出来るだけあけるようにします。2回連続で行ったり、短い時間間隔で使用しないよう注意しましょう。

スプレキュアの副作用

スプレキュアは比較的使いやすい薬として知られていますが、副作用があらわれることもあります。一時的なものであることが多いのですが、体の異変を感じたらすぐに病院に相談をしましょう。

スプレキュアでよく言われる副作用は眠気で、人によっては仕事などは難しいと感じる人もいるほど。安全を考え車の運転は控えるようにしましょう。またスプレキュアを使い始めて、太りやすくなったという人もいます。新陳代謝が低くなる傾向があるため、ある程度は仕方がないのですが、気になる人は適度な運動を取り入れると良いでしょう。他には更年期障害に似た症状(めまい、ほてり、多汗など)が出たり、頭痛、うつ症状が出ることも。非常にまれですが、アナフィラキシーショックや心筋梗塞を引き起こすこともありますので、そういったリスクがあるという薬であるということを知っておきましょう。

不妊治療で使われることの多いスプレキュア、薬ですので使い方などにもちろん注意は必要ですが安全性は高い薬です。病院の先生の説明や指示をよく聞き、正しく使うようにしましょう。