今やブライダルチェックを受けるのは女性だけではありません。「僕には関係ないから」と妊娠や出産に対してどこか蚊帳の外にいた男性諸君!不妊の原因の半分は男性側にあることを知っていますか。

今日はそんな彼にも知ってほしい、男女別ブライダルチェックの内容や費用について調べてみました。

ブライダルチェックの定義やメリット

ブライダルチェックを受けるメリットとしては、何と言っても婦人科系の病気を早期発見できることです。実際、検査を受ける前は通院歴や病気の自覚症状が無かった1割から2割に人に、何らかの疾患が見つかっています。その多くは子宮筋腫と子宮内膜症と言った婦人病や、クラミジアなどの性感染症だと言われています。これらは決して珍しい病気ではありませんが、治療せずに放置しておくと、いずれ不妊の原因として大きく影響する可能性が出てきます。

反面、早期発見・治療を行うことで、多くの人がスムーズに完治でき、その後妊娠出産を経験しています。

こういったことから、子宮などの婦人科系の病気や性感染症は、とにかく早期発見が大切です。ちなみに、ブライダルと言った言葉の響きから、ブライダルチェックとは結婚を控えていたり結婚後間もない人が受ける検査だと思われがちにあるようです。ですが、本来は赤ちゃんが欲しいと思ったら人なら年齢や性別、結婚の予定や有無などは関係なく、誰でも受けることが可能です。

女性が受けるブライダルチェック

問診

現在の月経周期や月経痛や月経困難症の有無、または本人や家族の既往症、アレルギーなどがあるか聞かれます。自分で気になる点(最近、経血の量が多いなど)がある場合は、医師に質問していきいましょう。

内診

外陰部や膣内に炎症や感染症の疑いが無いか視診したり、子宮や卵巣の状態を触診します。また、子宮頸部の細胞を採取して、性病や子宮頸がんの有無を検査します。その診察内容から内診が苦手な女性も多いと思いますが、内診は超音波検査では発見の難しい子宮口や子宮内の疾患を発見できる極めて重要な検査と言えます。どうしても抵抗がある場合は、女性医師のいるクリニックを調べてから予約することをおすすめします。

超音波検査

プローブと呼ばれる器具を膣内に挿入して、子宮や卵巣の状態を撮影しながら検査することを超音波検査(エコー)と言います。

またこちらの検査では、不妊の原因とも言われる子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頚がんや卵巣腫瘍などの疾患があるかどうかも確認することができます。

血液検査

こちらでは血液型を調べることで、出産時の輸血で血液型不適合による新生児溶血性疾患などを引き起こす危険を回避することができます。さらには、妊娠初期の女性が罹患すると胎児に感染する恐れのある風疹抗体検査も大変重要です。

こちらは重症になると、発達障害などの先天性異常の恐れが出る場合があるので、赤ちゃんを希望する女性は必ず検査を受けて、抗体がない人はすぐにワクチン接種をしていきましょう。

また、貧血の有無や、梅毒やHIV、クラミジアなどの性感染症や、B型やC型肝炎などの感染症の有無も血液検査で調べることができます。

尿検査

こちらは尿を採取して、たんぱくや糖を調べます。糖尿病の疾患のある女性が妊娠すると、赤ちゃんに先天性異常が出る可能性が高いと言われていますので、こちらは定期健診などで日頃から早期発見に努めていくことを心がけていきましょう。

その他

その他のオプションとして、マンモグラフィや超音波による乳がんや乳腺症検査や、血液で調べる生化学検査や子宮内膜症検査などもあります。

また、近頃の晩婚化・晩産化を意識して、卵巣予備能検査やAMH検査、卵管造影検査など、不妊治療と変わらない精度の高い検査を行うクリニックも増えています。

男性が受けるブライダルチェック

men-machiai

問診

男性に対する問診では、精通年齢や性器の形や大きさ、包茎かどうかなどの生殖器についての質問や、精巣の炎症や尿道分泌物などがあるかどうか聞かれます。また、EDや早漏遅漏などの性機能障害の有無や、アレルギーや既往歴についても医師に申告します。

精子精液検査

精液を採取して30分程度置いて液化させた後、1回の射精量及び精液1ml当たりの精子数や運動率を調べます。他にも色や量、奇形率や受精能力なども調べて、精子に異常が無いか調べます。

血液検査

血液を採取して、梅毒やHIV、クラミジアやなどの性感染症などを調べます。または、C型肝炎やB型肝炎の発見にも血液検査は役立ちます。

尿検査

クラミジア検査(分泌物検査・尿検査)
クラミジアは最近急増している性感染症で、尿を検査することで現在罹患しているかどうか、他人に感染する可能性があるかどうかが確認できます。

こちらは、主に性行為により感染する病気ですが、合併症を起こすと尿道炎を引き起こして、不妊症や異常妊娠の原因になる可能性も秘めています。

知らない間にクラミジアに感染している場合もあるので、こういった機会に是非調べておきましょう。

気になるブライダルチェックの費用

クリニックや検査内容によって、ブライダルチェックの費用はさまざまです。最初から必要な検査がセットになっているクリニックもあれば、受けたい検査だけセレクトできるクリニックもありますが、一般的に必要と言われる検査項目を受ける場合、女性は2万から5万程度、男性は1万から15000円程度かかると言われています。

ブライダルチェックは基本的に保険は適用されませんので、不妊で病院に訪れる人が行う不妊検査とは違って、料金は多少高めになっています。

ですので、もともと月経不順や月経困難症がある女性や、勃起不全や射精不全がある男性は、保険を適用して検査することをおすすめします

また、会社や市区町村で健康診断を受けている女性は、乳がんや子宮けいがん、子宮がん検診を外すことで、ブライダルチェックでかかる費用をおさえることもできます。

さらには、HIV検査や梅毒、C型肝炎の検査などは、お住まいの保健所で匿名かつ無料で調べてもらうことも可能です。また、カップルで一緒にブライダルチェックを受けると、割引サービスが利用できるクリニックも増えています。