身体に問題が無いにも関わらず、なかなか妊娠しないと言うカップルは多いと言います。

ある産院が行ったデータによると、不妊治療を受けている女性の約9割が潜在的な鉄不足であるのだとか。

鉄不足によるデメリットは、貧血症だけではなく不妊のリスクも高めるとも言われていますので、日頃から効率良く鉄分を補うことが大切です。

そこで今日は、鉄欠乏症貧血が不妊を引き起こす理由と、鉄不足を防ぐためのポイントについて詳しくご紹介いたします。

鉄不足が不妊に繋がる理由

「まずは鉄分を補うことから」と言われるほど、不妊と鉄不足の関係は深いものがあります。

特に女性は月経などで体内の鉄が欠乏しがちですが、その他にも食生活の乱れやストレスも加わることによって、日本の成人女性の実に4人に1人は慢性的な貧血状態であると言われています。

女性の身体は体内の鉄分が不足すると、女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が低下することが分かっていますが、これは単に貧血や肌トラブルを引き起こすだけでなく、不妊にも大きく関わっていることが明らかになっています。

そもそも、妊娠するためには、卵子をただ排卵させれば良いと言う訳ではなく、成熟された質の良い卵子が必要となってきます。

また、子宮内膜に関しても、受精卵を無事着床させるためにも、フカフカに肥厚した子宮内膜(ベッド)の準備を整えておかなければなりません。

このように、黄体ホルモンの分泌がこれらを満たす上で必要不可欠な状態にも関わらず、不規則な食生活や過度なダイエットによって黄体ホルモンの分泌が低下してしまうと、身体に特に異常がなくても卵が成熟されないと言った排卵障害が起きたり、子宮内膜が薄く着床しにくいと言った黄体機能不全に陥ってしまうことになるのです。

ヘム鉄と非ヘム鉄の違い

妊娠しやすい身体作りのために欠かせないのが、吸収率の高い「ヘム鉄」の存在です。

鉄不足は、妊娠に必要な黄体ホルモンの分泌低下をもたらすだけでなく、貧血や免疫力の低下、お肌のトラブルやイライラなど、肉体的にも精神的にもダメージを与えることが分かっているため、日頃から効率良くヘム鉄を補うことが大切です。

ヘム鉄と非ヘム鉄の吸収率

ヘム鉄は、鉄原子と有機化合物による有機鉄の1つであり、構造が二化鉄であるため溶けやすくイオン化しやすいと言った特徴があり、鉄分のほとんどはそのまま小腸上部の粘膜から消化吸収されていくことが分かっています。

一方、非ヘム鉄は、サビや無機鉄の鉄イオンの仲間で三価鉄であることから消化吸収されにくい構造となっており、身体への吸収率としてはヘム鉄の方が非ヘム鉄に比べて5~6倍ほど高いことが分かっています。

ヘム鉄が多く含まれる食品としては、豚や鶏のレバーや牛肉、アサリやシジミ、小松菜やパセリなどの緑黄色野菜に昆布やひじき、ゴマや納豆に卵などがありますが、肉や魚介類などの動物性食品に含まれる鉄分を「ヘム鉄」、野菜や海草などの植物性食品に含まれる鉄分は「非ヘム鉄」と呼ばれています。

日本人が食事で摂取する鉄分は、吸収率の悪い「非ヘム鉄」がほとんどである

日本の食卓での鉄分摂取の8割以上は、吸収率の低い非ヘム鉄であると言われています

これは、最近の日本人が肉類を良く食べるようになったとは言え、まだまだ野菜や海草から鉄分を摂る割合が多いことを示しており、仮に食事から摂れる鉄分量が基準を満たしていても、それがきちんと身体に吸収されているかと言うと必要な域に達していないことが分かっています。

野菜や大豆などの植物性食品から鉄分を補う場合は、吸収を良くするために肉や魚などの動物性たんぱく質やビタミンCの入った食材と一緒に摂るように心がけましょう。

また、不妊に繋がる鉄分不足の解消には、吸収率の高いヘム鉄を補う必要があるため、レバーなどヘム鉄の多い動物性食品が苦手であったり、肉類が嫌いではなくても毎日摂るのは難しいと言う場合には、サプリを活用することもおすすめです。

サプリを選ぶ際の基準としては、ヘム鉄100%と表示されたの吸収率が高いもの、妊娠出産に必要な栄養素である葉酸や鉄分の吸収をより高める効果のあるビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12などが含まれているもの、無添加無着色の安全性の高いものを選びましょう。

偽物サプリと過剰摂取には注意

ヘム鉄は、酵素(ヘムオキシゲナーゼ)の働きによって吸収量が調整されるため、鉄がむき出し状態の非ヘム鉄に比べると、摂取量に過敏になる必要はありません。

しかし、過剰摂取は吐き気や下痢などを誘発する他、体内に余分な鉄が蓄積することで肝機能障害や糖尿病を引きおこす危険のあるため、不必要な摂取は控えるよう注意することが大切です。

また、世の中には残念ながら、ヘム鉄サプリの偽物が多く出回っていることが分かっています。

そもそも、ヘム鉄サプリの主な原料は豚の赤血球由来でできていますが、原料自体の鉄の含有率が1~2%程度と低いため、1日分に必要なヘム鉄を含むサプリとしては、錠剤の量が多くなったり粒が大きくなるなど、デメリットやコストがかかるのが現状です。

にも関わらず、粒が小さく価格も安い場合は、鉄の含有量が少なかったり、ヘム鉄ではなく無機鉄を使用するなどの疑いがあります。

偽物を飲み続けることは、症状の改善が見られないばかりか、副作用の心配も出てきますので、選ぶ際は実績があり信用のおける企業の商品を購入するように心がけましょう。

【参考】おすすめヘム鉄サプリ
▼ ▼ ▼