子宮脱という疾患をご存じでしょうか? 子宮脱は、子宮下垂、直腸脱、膀胱脱、尿道脱などの骨盤内の臓器が外に出てくるという性器脱の一種です。今回はそんな子宮脱とは一体何なのか、ご紹介します。「子宮が外に出ちゃう」と聞くととても怖いように思われるかもしれませんが、実は出産を経験した女性の約半分が何らかの性器脱を経験すると言われるほど多く起こっている疾患なんですよ。

子宮脱とは?

女性の骨盤の底部分には、赤ちゃんが通るための産道という空間があいています。この空間をふさぐように、骨盤底筋群という筋肉がまるでハンモックのように張られています。この筋肉のおかげで、子宮や膀胱、直腸が支えられています。しかしこの骨盤底筋群が何らかの原因で力を失うと、尿モレや排便障害が起こります。さらに、骨盤内の臓器が産道という空間に向かって落ちていくことがあり、子宮が落ちれば子宮下垂や子宮脱、直腸が落ちれば直腸脱、というような疾患になります。一種のヘルニアと考えられています。

子宮脱が起こると、膣内に圧迫感や充満感といった不快感があります。「いすに座っていると、ボールの上に乗っているような感じがする」という言い方がされることがあります。また、排尿や排便障害が起こったり、排尿時に痛みを感じる場合もあります。直腸脱の場合には、排便時に膣内に指を入れて、脱出している直腸を押さないと排便できないなんていう状態になることさえあります。高齢の場合には歩行困難や、腎臓の機能障害が現れることも。

場所が場所だけに、羞恥心から病院を訪れない女性も多いので、実際にどの程度の割合の女性がり患しているのか分かりませんが、かなりの数いらっしゃるようです。旅行や温泉といった大きなお出かけから、日常生活に支障が出る場合もあり、生活の質に大きく影響してきます。違和感を感じたら、早めに医師のもとを訪れると良いでしょう。

子宮脱が起こりやすい女性

子宮脱をはじめとする性器脱は、起こりやすい女性がいます。筋肉や靭帯がゆるむことで起こるため、40代後半から60代女性に多く見られます。

その中でも、出産回数の多い女性がなりやすいようです。経膣分娩の際に、赤ちゃんの頭が産道にいる時間が長いと、骨盤底筋への負担が大きくなるからとされています。筋肉の中にある神経が害されて、出産後の筋肉の収縮が悪くなることも原因のようです。

他にも、重い物を持ったりして腹部に圧力がかかる仕事を続けていたり、肥満、ぜんそく、慢性的な便秘などの場合も、子宮脱が起こりやすくなります。腹圧のかかる状態が常態化している女性は要注意ですね。

子宮脱を直すには?

出産直後の女性の場合には、母体の回復にともなって自然に回復することがありますが、それ以外の女性では自然に戻ることはないようです。そのため、病院で診察を受け、何らかの手術を受ける必要があります。

診察では、立った状態で超音波検査を行ったり触診・視診を行います。性器脱の場合、横になると症状が楽になることが多いためです。重力のかかる、立った状態を確認することが大切なのです。弱くなっている部分を調べ、症状に応じて尿検査やレントゲン検査、尿失禁の検査(ガーゼパックテストなど)を行います。

治療としてはまず、ペッサリーと呼ばれる丸いリング状の樹脂製器具を膣に挿入し、出ている臓器を人工的に元の位置に戻すようにします。おりものが増加するとか、臭いがきつくなる、膣の粘膜から出血するといったトラブルが起こることもあり、術後は定期的に診察することが必要となります。最近はやわらかい素材のペッサリーも使用されているので、粘膜への刺激が少なく、挿入や抜去が容易なものがあります。

年齢と本人の意向によっては、飛び出た子宮を摘出する手術も行われます。最近では子宮を温存しつつメッシュを用いた修復手術も普及してきています。術式にはいろいろなものがあり、医療施設や術者によって偏りがあるようです。説明を受けて納得した上で、手術を受けるようにしたいですね。

子宮脱がある場合の出産

妊娠中に子宮脱になる場合もあります。子宮口がゆるみやすくなり、細菌が侵入しやすくなることから、流産や早産となる可能性が上がるかもしれません。妊娠中期までに明らかな子宮脱になってしまった場合、感染予防などのために入院することもあります。分娩は帝王切開を考えて選択することになるでしょう。もしペッサリーを入れた場合、それが妊娠継続に悪影響を及ぼすことはほとんどないようです。

子宮脱の予防方法

食生活に気を付けたり、適度に体を動かすことによって、子宮脱の予防にもつながります。健康的な生活を心がけるということですね。妊婦さんの場合には、産じょく体操といった骨盤底筋を鍛える体操を行うのも効果的ですね。子宮脱は長い時間をかけて進行するものなので、普段の生活習慣を見直すことによって、長期的に子宮脱の予防にもつながります。

まとめ

大事なことは、性器の脱出感や下垂感があって、排尿に何らかの異常を感じた場合には、恥ずかしがらずに産婦人科を受診してみることです。子宮脱などの性器脱は、日常生活にまで影響してくることなので、早めの対処によって進行を食い止めたり、本人の意識も変わることがあるのです。「年を取れば尿モレなんて当たり前」と思わずに、健康で元気な生活を送れるようにしたいですね。