「プロラクチン」とは聞きなれない単語ですが、これは出産後の女性の体に重要な役割を担うホルモン物質です。どのようなはたらきをするものなのでしょうか。

妊娠しにくくするホルモン「プロラクチン」

「妊娠をしにくくする」などと言うと妊活中の人には恐ろしいものに聞こえますが、実はそうではなく、出産後の女性の体には必要不可欠なホルモンです。プロラクチンは脳下垂体から分泌されるホルモンで、出産後に乳汁が分泌されるのはこのホルモンが乳腺を刺激するためです。

また、授乳期に排卵を抑え、次の子供をすぐに妊娠できないようにします。

出産は体に大きなダメージを与えますから、あまり短い期間で行われないように、体を守るためにこのようなはたらきをするのだと推測されます。

しかし、出産をしていないのにこのプロラクチン値が高いと、生理不順、不妊、流産などの原因になることがあります。

正常なプロラクチンの血中濃度は15ng/ml以下ですが、この値よりも高いと高プロラクチン血症が疑われ、出産を経験したことがないのに乳汁が出たり、無排卵月経などが起こるようになると、高プロラクチン血症と診断されます。

なぜ高プロラクチン血症になるの?

高プロラクチン血症の原因としてまず考えられるのは、薬の長期服用によるものです。

避妊ピルや抗うつ剤、胃潰瘍の薬などの薬を長い期間服用していると、ホルモンバランスが乱れて高プロラクチン血症となることがあります。

この場合は薬の服用を止めれば解消されますが、病気の治療のために安易にやめるわけにはいかないこともありますので、医師に相談して、薬の量を減らしたり、可能なら薬を変えたり、プロラクチンを減らす薬を処方してもらうなど、が必要となります。

もう一つの原因として考えられることは、脳下垂体に腫瘍ができていないかどうかです。

プロラクチンを分泌する脳下垂体に腫瘍ができることによって、ホルモンバランスが崩れ、必要以上にプロラクチンが分泌されてしまうのです。

この場合は頭痛、吐き気、視野狭窄、めまいなどが高プロラクチン血症の症状以外にも現れることがあります。

上記の二つが原因でない場合、考えられるのはストレスです。ストレスは自律神経を乱し、ホルモンバランスを乱します。

また、プロラクチンが分泌しやすい体質の人もいます。

このような人の場合は、普段は正常値でも、体が疲れている夜間やストレスを感じた時などだけ高プロラクチン値となることがあります。

ストレスが原因の高プロラクチン血症と診断された場合、多くはプロラクチンを抑える薬を処方されますが、普段の生活を見直してストレスを溜めないようにすることが、やはり治療に最も必要なことです。

流産後や人工妊娠中絶後等に高プロラクチン血症になることもありますが、これもやはりストレスによるものが大きいと考えられます。

高プロラクチン血症の症状

プロラクチンが通常値よりも多く分泌されると、卵巣での排卵が抑えられ、月経が止まってしまうことがあります。または生理が来ても年に数回、人によっては数年に1回しか来ない場合もあります。

一方、生理は毎月起こっていても、排卵がないことがあり、この場合は基礎体温表を付けると、グラフに山が出来ず平坦であることからわかります。

このように生理がない、または排卵がないと、結果的に不妊につながります。流産を繰り返す人の中には、高プロラクチン血症の症状がある人もいます。(全体の約15%)

しかし、プロラクチン値が高いことが原因というよりも、高プロラクチンが誘因となって起こる黄体ホルモンの異常が直接の原因と推測されます。

また、子どもを出産したことがないのに、乳汁が出ることもあります。出産を経験したことがある人は、プロラクチン値が正常でも乳汁が出る場合がありますが、生理不順がない、

または基礎体温を付けてみて排卵が行われているようなら、問題ないでしょう。ただし、乳汁に血が混じっていたりして様子がおかしいと感じたら、医療機関を受診しましょう。

上記の症状に加えて、脳下垂体の腫瘍が原因だった場合、頭痛や吐き気、めまいの他に、視野の狭窄(両目の外側から見えにくくなり、視野が狭くなった感じ)などの症状が出てきます。

このような自覚症状が出てきたら、脳神経外科を受診しましょう。

高プロラクチン血症でも、妊娠はできる?

妊娠を希望していて、プロラクチン値が高いことが確認されたら、薬物による治療を進めた方が良いでしょう。

プロラクチン値が高いままだと、上記のように生理不順、無排卵などの原因となり、絶対とは言えなくとも不妊につながりますし、もし妊娠できたとしても早期流産の恐れがあります。

プロラクチン値を正常値に戻すための投薬の期間には個人差がありますが、一日二回の服用で一週間以上が目安になります。

ただし、投薬を止めるとまた上昇することがありますので、薬を止めた後も測定が必要です。

尚、高プロラクチン血症に使用される薬の中には、不妊治療の一つとして使用されているものがあります。プロラクチン値が正常であっても、これらの投薬を行うことによって、妊娠する確率が高くなると期待されてのことです。

高プロラクチン血症の薬物治療の効果によって妊娠した場合、妊娠が分かった時点でこれらの薬物の服用は中止します。妊娠すればプロラクチン値は上昇するのが普通ですから、わざわざ薬で抑える必要はないというわけです。

ただし、脳腫瘍が原因の場合は別です。

妊娠したことを必ず医師に告げ、今後どうすべきかを相談しましょう。

まとめ

もしも高プロラクチン血症と診断されても怖がらず、何が原因かを正しく知って、適切な治療を進めましょう。