女性らしい体をつくったり、妊娠しやすい体内環境を整えるはたらきのある女性ホルモン。

実は女性ホルモンは、卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンと、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの二種類に分かれています。このうち、女性の体をより女性らしくするのが卵胞ホルモン、妊娠しやすい体をつくったり、受精卵が子宮内膜へ着床するのを促したりするホルモンが黄体ホルモンです。

この二種類の女性ホルモンのバランスが保たれていてこそ、毎月決まった周期での順調な生理、そして妊娠・出産が可能になるのです。

ですが、ホルモンバランスはとても繊細で崩れやすいものです。特に黄体ホルモンは、さまざまな原因で分泌量が減ってしまったり、黄体の存続期間がみじかくなってしまったりして、不妊症の原因となりがちです。

そこで今回は、妊娠するには欠かせない黄体ホルモンが不足することのないよう、食事で黄体ホルモンを補うにはどうすればよいかをご説明します。

黄体ホルモンのはたらきを補うにはビタミンEが効果的!

黄体ホルモンが足りないときには、ビタミンEを積極的に摂取するようにするのが効果的です。ビタミンEは、黄体ホルモンのはたらきを補ってくれるのです。

ビタミンEにはさまざまなはたらきがありますが、主なものとしては、「老化の防止」「血流の改善」「動脈硬化の予防」「脳下垂体へ作用して、生殖機能を維持する」などがあります。アンチエイジングにも効果的ですので、美容のためにもともと摂取していたという女性も多いのではないでしょうか。

血流を改善し血行をよくすることは、動脈硬化をはじめとした疾患を予防するのと同時に、冷え性などの改善にもつながります。体全体を高めの体温に保つことは妊娠しやすい体づくりにも役立ちますから、そういった意味でもビタミンEは妊活に効果的といえます。

くわえて、脳下垂体へ作用しより直接的な効果ももたらしてくれます。

LHとFSHの働き

脳下垂体は、女性ホルモンの分泌や生成を行う部位でもあります。そこに直接作用することで、黄体ホルモンの分泌を促し、足りない分を補うようはたらきかけることができるのです。

また、生殖機能全体の健康にも良い影響を与えてくれます。最近ではビタミンEと排卵誘発剤を併用することにより妊娠成功率がアップするという研究結果も報告されていて、不妊治療にも積極的に取り入れられているほどです。

そもそもビタミンEは、黄体ホルモンをつくる材料のひとつでもあります。黄体ホルモンには、妊娠しやすい体をつくっていく効果のほかに、流産を防止し正常な妊娠・出産をするサポートをするはたらきもあるため、「子宝ホルモン」と呼ばれることもあります。妊娠するには欠かせないこの黄体ホルモンをつくり、その効果を最大限に引き出すためには、ビタミンEが必要不可欠なのです。

ビタミンEを効率よく摂るために必要な食材とは?

ビタミンEは薬ではなく栄養素のひとつです。妊娠前だけでなく妊娠中も積極的に摂取しておきたい効果を持っていますので、薬と違い副作用をさほど気にしなくても良いのがうれしいですね。

サプリメントもありますが、やはり食べ物から摂取するのが推奨されています。妊娠を希望している方、また現在妊娠中であるという妊婦の方は、なるべく毎日の食卓にビタミンEを豊富に含んだ食材を取り入れるよう工夫してみるのがよいでしょう。

ビタミンEを多く含む食材として一般的なものは、アーモンドやピーナッツなどをはじめとしたナッツ類のほか、かぼちゃ、アボカド、ほうれん草、小松菜といった野菜類、コーン油やひまわり油などの植物油、たまご、納豆などがあります。くわえて、魚でいうとアユやハマチなどにビタミンEが多く含まれているようです。

また、ビタミンEはそれだけで摂取するよりも、ビタミンCを一緒に摂ることでより効果が高まることがわかっています。どちらも抗酸化作用のある栄養素ですが、一緒に摂ることで互いの効果がより高まり合うようです。

ビタミンCを多く含む食材としては、じゃがいも、きゃべつ、パプリカ、カリフラワー、ほうれん草といった野菜類、いちごやキウイフルーツ、オレンジ、パイナップル、レモンといったくだものが挙げられます。それから、飲み物のなかでは緑茶に多くのビタミンCが含まれています。

妊娠を希望している人、またすでに妊娠している人も、毎日の食卓のなかに、ぜひこれらの食材を取り入れてみてください。特にほうれん草はビタミンEもビタミンCも多く含む食材ですので、いくつもの食材を組み合わせた献立を思いつかないというときにも頼りになる野菜です。

また、サラダ油の代わりにコーン油やひまわり油などを使ってみてもよいかもしれません。三食の食事にくわえ、おやつをお菓子ではなくナッツ類に変えてみるのもよいでしょう。

まとめ

先ほども説明しましたが、ビタミンEはアンチエイジングにも効果的な栄養素です。妊娠しやすい体をつくったり、正常な妊娠・出産をサポートする意味で摂るビタミンEですが、美容にも効果的とあればより積極的に摂取するモチベーションも上がりますよね。