進行流産とは、流産による出血がはじまっている状態のことをいいます。

この状態に陥ってしまうと、流産が避けられません。残念ながら妊娠継続をすることはできず、その後「完全流産」や「不全流産」に以降していきます。進行流産は強い下腹部痛や出血などの自覚症状がある場合に診断をされることが多く、流産の進行度によっては手術が必要なケースもあります。進行流産と言われた場合、母親はひどく落ち込んでしまうものです。

しかし流産は母体側に原因があるわけではなく、赤ちゃん側に問題があると言われています。進行流産の兆候や原因、手術などについて正しい知識を身につけましょう。

進行流産とは

妊娠22週未満までに妊娠が続けられなくなることを流産といいますが、症状によって「稽留流産」と「進行流産」とに分けられます。そのうち「進行流産」とは、流産が今まさに進行している状態のことを指します。

トイレに行ったときに下着に血がついていたり、下腹部に違和感や鈍くて重い痛みがある場合、この進行流産の可能性があります。子宮から内容物が出てきてしまっているため、流産を防止する注射などの処置が間に合いません。トイレで大量に出血してしまい、赤ちゃんが外に出てきてしまうこともあるようです。病院に駆け込んだら時すでに遅しというケースが多く、心の整理のつかないままに赤ちゃんを失うことも・・・。

「仕事を続けたせいで赤ちゃんを失うことになってしまった」「薬を飲んでしまったから」と気に病む母親が多いのですが、妊娠早期の流産は赤ちゃん側に問題があると言われています。

受精したときにすでに染色体に異常があるケースがほとんどなので、辛い気持ちを切り替えていくことが次の妊娠に繋がります。

進行流産の手術とは

赤ちゃんや子宮の内容物が完全に排出されていない場合、「進行流産」かつ「不全流産」と診断を受けることがあります。この場合、最終的に手術が必要になることもあるので心に留めておきましょう。

治療はまず薬物で体の反応を見るところからはじまります。

子宮収縮剤を投与し、赤ちゃんや子宮内容物の排出を促すのです。それでも子宮に内容物が残っている場合は、子宮内容除去術という手術が必要です。もちろん痛みが発生するため麻酔をかけて行います。病院によって局部麻酔と全身麻酔の2パターンがあるようですが、全身麻酔がやや多いようです。

手術では器具で子宮内容物を取り除きます。この進行流産かつ不全流産のケースでは、すでに子宮が開いた状態になっていますので、手術前の処置は特に必要ありません。

手術は5分から15分程度。費用は数万円から10万円が多いようです。

保険が適応されますので、必ず保険証を持参しましょう。生命保険が適用になる可能性がありますから、確認を忘れずに。

入院期間は病院によって異なります。日帰りから数泊の入院が想定されますので、看護師や医師の話をよく聞きましょう。

流産の後は妊娠しやすい

進行流産に限らず、流産後は新たな妊娠をしやすい傾向にあるようです。

流産は赤ちゃん側に問題があって起こることであり、母体には異常はほとんど見られません。流産はとても悲しいことですが、母体が妊娠をするのに充分適した状態であることの表れでもあるのです。すぐに気持ちを切り替えることは難しいかもしれませんのが、パートナーともよく話し合って次のステップへ進みましょう。

流産を繰り返すときは「習慣流産」の疑いも

進行流産を含む流産を続けて三回繰り返した場合、「習慣流産」が考えられます。

両親の精子や卵子になんらかの異常が見られることがありますので、そのときはきちんと治療を行うようにしましょう。

しかし特にこれといった原因が見当たらないケースもあります。

パートナー同士のコミュニケーションを密にして、前を向けるように気持ちを整理していきましょう。周囲の人たちからプレッシャーがあると、よりいっそう気持ちがふさぎこんでしまいます。今まで以上の温かな配慮をいただくことで、良い方向に向かえるでしょう。

おわりに

進行流産は流産の症状のひとつ。大量の出血や下腹部に痛みや違和感がある場合、医師の診断を受けるようにしましょう。

気持ちを切り替えることは難しいかもしれませんが、流産後に新たな命を宿すことを考え、前向きに取り組みましょう。進行流産について正しい知識を持つことは、新しい一歩を踏み出す助けとなるに違いありません。