妊娠している女性にとって、お腹の赤ちゃんや母体を守ってくれる女性ホルモンは必要不可欠な存在と言えます。

特にプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンは、妊娠を維持するべく体内環境を整えてくれる強い味方とあって、安定期に入るまではたくさんの分泌が必要となります。

そこで今日は、妊娠の継続に必要なプロゲステロンの役割や増やす方法について、いくつかまとめてみました。

プロゲステロンとは

プロゲステロンとは、排卵直後から卵巣でつくられる女性ホルモンの一つで、排卵時期から月経前までに多く分泌される黄体ホルモンです。

黄体ホルモンの働き

もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンが、女性らしい身体を作ったり排卵するために必要な働きをするのに対し、プロゲステロンは受精卵を着床させたり胎盤を完成させるなど、妊娠を継続させるための役割を果たしています。

女性が妊娠すると、安定期に入るまではエストロゲンよりプロゲステロンの分泌量の方が多くなりますが、これにはプロゲステロンが流産を未然に防ぐための働きを担っていると言った大きな理由があります。

排卵後、女性の基礎体温はいわゆる高温期に入りますが、これは身体を高温の状態にしておくことで子宮内膜や周囲にある血管の血流を促し、ホルモンの分泌を活性化させる目的があります。

この作用にもプロゲステロンの働きが大きく関わっており、プロゲステロンが脳の体温中枢に働きかけて体温を上昇させて子宮周辺の血流量が上がることで、子宮内膜の厚みは更に増して、ふかふかのベッドのように柔らかくなり、受精卵に上手に着床させて栄養を供給しながら発育しやすい環境を整えて行くのです。

また、妊娠初期は胎盤を完成させるためにプロゲステロンが卵巣から分泌されますが、胎盤が完成すると今度は胎盤自らプロゲステロンを分泌するようになり、赤ちゃんの成長をサポートしていく役目も果たしていきます。

そして、乳腺の発達やふっくらとした脂肪をつけるなど、プロゲステロンは乳腺自体を形作る役割も担っており、出産後赤ちゃんにはスムーズに母乳を与えることができます。

プロゲステロンを増やすには

プロゲステロンの分泌を活性化させるためには、卵巣機能の低下を防ぐビタミンEを多く含む食品を摂ることが大変効果的だと言われています。

ビタミンEにはその他にも、抗酸化作用による老化防止や血流改善、動脈硬化の予防、生殖機能を維持するなど、妊娠継続な作用がたくさん含まれており、薬のような副作用もないため、妊婦でも安心して毎日摂取することができる栄養素となっています。

ビタミンEが多く含まれる食べ物としては、抹茶や煎茶と言ったお茶、アーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ類、カボチャや小松菜やアボカドなどの野菜や果実、うなぎやサンマにイワシなどの魚類、玄米やひまわり油に豆乳などが挙げられます。

関連記事:妊娠に欠かせない黄体ホルモン、増やすにはビタミンEが効果的!

ちなみに、ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ることでより高い抗酸化作用が得られるため、ジャガイモやキャベツ、ホウレン草やイチゴにオレンジなど、ビタミンCを多く含む食べ物と合わせて摂取することや、ビタミンBを含む食べ物や乳製品にもプロゲステロンを増加させる作用があるため、レバーや肉類、牛乳やチーズなどのバランスよく食事に摂り入れるようにしましょう。

関連記事:おすすめ妊活サプリ~妊活に欠かせない栄養素を補おう!

また、食生活だけでなく生活習慣の見直しも、プロゲステロンを増やすためには必要な項目です。

日頃から規則正しい生活を心がけ、代謝や血流を良くするために、ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動で身体を動かして、適正体重をキープしていきましょう。

精神的ストレスは、黄体形成に悪影響を及ぼし黄体機能を低下させるリスクがあるため、おおらかな気持ちで日々過ごすように心がけることが大切です。

プロゲステロンが増えると起きるリスクを理解する

プロゲステロンは、妊娠の継続や出産しやすい環境を整えてくれる大事なホルモンではありますが、一方でこのホルモンが増えると女性の心や身体にマイナスな影響を及ぼすことも分かっています。

まず、妊娠によりプロゲステロンが増えると、皮脂量の増加による肌荒れやメラニン色素の生成促進によるシミや黒ずみがあらわれてきます。

また、エストロゲンとのホルモンバランスが崩れることで自律神経に影響がでるため、ケラケラ笑っていたかと思うと急に泣きだしたり、イライラや憂鬱、倦怠感と言った精神的な負の側面が多く出始めます。

自律神経の乱れは腸内環境にも影響を及ぼすため、便通の悪さを引き起こす原因にもなり、便秘によって更に肌荒れが悪化すると言った悪循環な状態にも陥ることになるのです。

関連記事:妊娠中の便秘対処法

とはいえ、こういった症状は産後に身体が回復して、徐々にホルモンバランスが整ってくる過程で落ち着いてくることが分かっています。

関連記事:産後の脇の黒ずみ改善!今すぐ試したい4つの方法産後の乳首の黒ずみをピンク色に戻したい!

妊娠中のプロゲステロンの分泌が上昇している状況では、理性でコントロールすることは難しいものがあるため、妊娠中の感情の起伏の激しさや肌荒れや便秘などの体調不良は産後に回復するものとして、気長に対応していきましょう。

まとめ

プロゲステロンとは、妊娠を希望する女性や妊娠している女性にとって、なくてはならない女性ホルモンと言えます。

日頃から、プロゲステロンの分泌を促すために必要な食べ物や、ストレスのない規則正しい生活習慣を身に付けて、待ちに待った出産を迎えたいものですよね。

でもだからといって、プロゲステロンの分泌をただ多くするだけで良いと言うものではなく、エストロゲンとのホルモンバランスが大変重要なカギとなってきます

プロゲステロンの分泌を促す方法を採りつつ、エストロゲンの生成にも目を向けた生活を送っていくよう心がけていきましょう。