基礎体温を測っていてグラフにしていくと、「あれ?高温期はいつから?」と分かりづらいほど体温が低いままの人がいます。体に害はないのか、妊娠に影響はないのか気になりますよね。

今回は高温期なのに低い原因や対策などを考えていきたいと思います。

基礎体温の高温期、何度だと低いの?

【例】基礎体温の高温期が低い

基礎体温の高温期、「高温」というからには体温が高いことは分かりますが、いったいどれくらいだと高いと言えるのか、それはどんな状況なのか、ちゃんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

「高温期が低い」というのは、低温期と高温期どちらも全体的に低いグラフになっているのか、高温期なのにほとんど上がらないのか、大きく分けて二通りあります

もともとの体温が低い場合、低温期は35度台、高温期でも36度前半の人もいます。たとえ全体的に低くても、その差が0.3度以上あれば大きな問題はありません。このような人は冷え性で悩んでいる人も多いと思いますので、体を温める工夫をしましょう。

▼関連記事:
子宮の血流が悪いと妊娠しにくくなる?体を温めて妊娠力アップ!3つのコツ
血流改善など、漢方薬で妊娠しやすい身体へ

一般的に高温期は36.7度~37.0度くらいですが、自分の高温期の体温を見て、単純に平均値と比べて低いと落ち込むことはありません。ただ低温期との差がほとんど無いほど低いのならば、自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れの他に、無排卵月経や黄体機能不全の可能性があります。

ホルモンバランスが乱れると体温が低くなる?

基礎体温の高温期が低い人、その原因の多くはホルモンバランスの崩れです。女性の体は黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)によってコントロールされています。

特に高温期は黄体ホルモンの働きが大きく影響しています。体温を上げ、体内の水分をキープし食欲増進の信号を出し、受精卵が着床しやすい環境に整え、妊娠が成立したらそれを継続させる働きをします。高温期のことを、別名「黄体期」というのはこのためです。しかし黄体ホルモンの働きが悪くなると、高温期なのに下がる現象が起きるのです。

妊娠の維持に必要!?プロゲステロンを増やす意味とは

女性ホルモンというのはとても繊細。ちょっとしたことで脳がストレスを感じ、ホルモン分泌に影響が出てしまいます。不規則な生活リズム、ダイエットや外食続き、悩みや不安などの心のこと、下記の項目の中で該当しているものが多ければそれはあなたのホルモンバランスを崩している原因かもしれません。

  • 人間関係や仕事に悩みがあり、相談できる人がいない。
  • 3食しっかり食べていない、朝ごはんは食べない。
  • お菓子が好き、揚げ物が好き、野菜や果物はあまり食べない。
  • 運動が苦手であまり体を動かさない。
  • いつも寝るのが遅い、寝る前はスマホをいじっている、寝不足。
  • 休日はずっと寝ている、疲れがたまっている。

生活習慣を改善するだけで、体の調子が良くなったという人は実際にとても多くいます。基礎体温のグラフも綺麗な山と谷になってくるはずです。

▼関連記事:
疲れているのになかなか寝付けない。熟睡するにはどうすればいいの?

黄体機能不全と無排卵月経

基礎体温で低温期と高温期はあるが、高温期が低かったり短かったりする人は「黄体機能不全」の疑いがあります。黄体ホルモンがうまく分泌されず、体温が上がらずに妊娠の準備ができず子宮内膜を維持する期間も短いため、妊娠がしにくくなってしまいます。生理不順や機能性出血(生理でないのに不正出血がある)の原因にもなります。

また「無排卵月経」の可能性もあります。基礎体温を確認すると高温期が無くずっと低温のままでグラフに変化が無いのが特徴。排卵がありませんが月経はあります。ただ月経周期が短かったり、とても長かったり、出血日数も2日程で終わる人や8日以上続く人もいます。中には完全に無排卵で、卵子が排出できずに妊娠が難しい人もいます。

黄体機能不全も無排卵月経も治療は可能です。どちらも病院の検査で分かりますので、早めに診てもらいましょう。もしかしたら他の婦人科系の病気である場合だってあるのです。

LH、FSHってなに?知っておきたい黄体機能不全のこと

体を温める食べ物を食べよう!

基礎体温が低い人は、まずは体を温める意識をしましょう。体の冷えはホルモンバランスを崩すだけでなく、免疫力の低下、血行不良による肌荒れやシミ、自律神経を乱されることによるイライラやうつ、むくみや慢性疲労、頭痛や肩こり、便秘や下痢などの症状も出てきます。

冷えの対策として、まずは食べ物について考えてみましょう。食べ物は体を冷やすものと温めるものがあります。それらを知り、バランスよく摂取することで体の内側から温まってきます。

体を冷やす食べ物…地上に育っているもの、暖かい季節・暖かい気候で育っているもの
体を温める食べ物…地下で育っているもの、寒い季節・寒い気候で育っているもの

例えば、トマトやナス、キュウリやスイカなどは夏に収穫するものですから、体を冷やす食べ物ですよね。しょうがやネギ、大根、れんこん、ごぼう、にんじんなどは冬に収穫したり、寒い地方で摂れるものですから、体を温める食べ物であると分かります。

他に体を温める食材としては、ニンニク、味噌、カボチャ、かぶ、大豆、小豆、鮭、さば、鶏肉などがあります。これらしか食べはいけないということではありません。積極的に取り入れたり、体を冷やす食材と上手く組み合わせ加熱調理をしたり、工夫することで体を冷やさないコツをつかめていけるはずです。

体を温めるには食事プラス適度な運動を取り入れられるとさらに効果的ですよ!

基礎体温は、その時の体調や気分でも影響が出てしまいます。まだ基礎体温を始めたばかりであればまずは継続して測り続け、自分のリズムを把握するようにしましょう。傾向が分かりそれでも心配なことがあれば、病院に行き相談しましょう。特に妊娠を望んでいるのであれば早めに対策を採ることで、妊娠しやすい体を作ることができますよ!