ホルモンバランスが整っていると、低温期と高温期が綺麗に二層に分かれます。ただ低温期がとても長いと排卵に影響は無いのか、体に良くないことなのか、気になりますよね。

今回は基礎体温の低温期について、体内の状況やベストな状態にするために知っておきたいことをまとめていきたいと思います。

そもそも…低温期ってなに??

低温期とは、体温が低い時、生理初日から排卵日までのことを指します。生理周期の平均28日で考えると、大体低温期が14日で高温期も14日がリズムの良い体温の変化となります。

排卵日のタイミング

低温期の最初の1週間は「月経期」、次の一週間は「卵胞期」といい、高温期になると最初は「排卵期」、その後「黄体期」となります。そして生理初日から体温が下がり低温期に戻るサイクルです。

この一連の流れの中で、二つの女性ホルモンが分泌されています。低温期に多く分泌されるのは卵胞ホルモン(エストロゲン)です。生理が終わるころから、排卵前ころまでが最も分泌が多くなり、基礎体温は下がります。月経期は終わって「卵胞期」と呼ばれるのは、このホルモンによって体に大きな影響があるからなのです。エストロゲンは、女性らしい身体をつくり、妊娠に備え子宮の内膜を厚くするよう子宮に作用します。

他にも自律神経や骨や皮膚、脳にも働きかけ、体も心が安定し比較的体調の良い時期となります。

低温期が長いってどんな状況なの?

生理周期は人によって違うものです。例えば低温期が少々長くても、高温期が一定期間きちんとあれば問題はありません。

しかし低温期が長すぎると、やはりあまりよくありません

低温期が長い

低温期が長いということは、生理から排卵まで時間がかかり排卵する機会が減ってしまうということ。つまり卵胞ホルモンの働きが弱く、卵胞の育ちが悪いということです。体の体温が低い状態は、子宮や卵巣の血の流れが悪くなり、生殖機能が低下している状態なのです。

状況によっては病院で適切な治療を行った方が良い場合もあります。

基礎体温を測ってみて低温期が21日以上長い場合、生理周期が39日以上の場合、高温期が9日かと短い場合、低温期しかなく高温期が無い場合、低温期と高温期の差が0.3度未満の場合は早めに病院で診てもらったほうが良いでしょう。

夜、しっかり寝ていますか?

低温期が長い人は卵胞が育ちが遅いということ

それは睡眠が大きく関わってきます。卵胞がよく育つのは、夜寝ている時。睡眠不足が続く状態や質の良い睡眠が取れていないと卵胞が育ちにくく、またホルモンバランスが崩れてしまいます。

寝室を睡眠しやすい環境を整えてあげることで、体は深い眠りにつく事ができます。ホルモンバランスが整い、またこれらと深い関係にある自律神経が整うことで、気持ちも安定してくるはずです。

深い睡眠を取るために工夫することは、寝る前に体を十分にリラックスさせておくこと。いつもシャワーの人は、湯船につかると身体がしっかりと温まり自然に眠くなってきます。少しぬるいくらいのお湯がベスト。お気に入りの入浴剤などを入れてもとても良いですね!

寝る前にはコーヒーや紅茶は避け、カフェインの入っていないココアやホットミルクなどを飲むようにしましょう

寝る1時間くらい前になったら、目に入る光をやさしいものにします。間接照明に切り替え、スマホの操作はやめましょう。ゆっくり体を伸ばすストレッチをしたり、音楽を静かに聴くのもおススメです。遅くとも0時までには寝られるように、生活リズムを整えることはとても大切ですよ。

疲れているのになかなか寝付けない。熟睡するにはどうすればいいの?

食べ物で体質改善!

低温期と卵胞ホルモン(エストロゲン)は大きな関わりがあります。この卵胞ホルモンの助けとなる、似たような働きをする食べ物は大豆です。豆乳や納豆、豆腐や味噌やきなこを積極的に摂取することで、ホルモンバランスと自律神経を整える作用があります。

かぼちゃ

また低温期が長い人は血流が悪いため、血行を良くする食材を多く取り入れると良いでしょう。血行を良くする食べ物でまず思いつくのは玉ねぎやネギだと思いますが、特にお勧めなのがカボチャです。ビタミンEが豊富で、血管内皮細胞に働きかけ血管を広げ血流をアップさせ、動脈硬化予防にもなります。

ビタミンEが含まれる食材

このビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、体の老化の原因となる酸化を抑える抗酸化作用があります。さらに生殖機能を守る働きがあることで、お勧めの食材なのです。ビタミンEが含まれる食材として、他にはアボカドやアーモンドがあります。

青魚

また魚も積極的に食べたい食材です。特にイワシやサバやサンマなどの青魚には、DHAやEPAが豊富に含まれています。これは血流を抑止、血小板や中性脂肪を固まりにくくし、血管を広げる働きがあります。またサケもこれらが多く含まれるとともに抗酸化力があります。青魚もサケもたんぱく質を多く含み、体を温める効果があります。

体の冷え対策として是非取り入れたいのがショウガ。熱産生を高めることで体幹から体を温めていきます。またショウガも血流を良くするのは知っていましたか?ショウガは体をポカポカにしながら冷えにも良いため、低温期が長い人には最適の食材なのです。

意外と知らない!?生姜粉末には女性に嬉しい効果がいっぱい

最後に

基礎体温で低温期が長い人は、生活習慣をはじめ、睡眠や食事など基本的なことを振りかえり、体に良いことをしてあげることがとても大切です。日頃の心がけで、体は内側から健康になっていきます。是非これを機会に体をいたわってあげてくださいね。