赤ちゃんが欲しい人にとって、男女の産み分けはとても大事なコトです。少子化の時代だからこそ、希望する性別の赤ちゃんが欲しいと願うのは、きっと自然な気持ちですよね。ですが、これには夫婦の協力が必要不可欠であり、一緒に実践していかなければならない課題もあるのです。

今日はそんな、子供の男女産み分けについて、いろいろ調べてみました。

夫婦、家族、それぞれの願い

「一人目は女の子だったから二人目は男の子が欲しい」

「男ばかりの兄弟だから、末っ子は女子が希望」

「一人っ子にする予定だから、跡継ぎが欲しい」

「一姫二太郎が育てやすいと言うから、最初は女の子で!」

男女の産み分けをしたいと考えるママやパパには、家庭の事情やそれぞれの願いがあります。

では、実際子どもの産み分けの成功率はどれくらいあるのか気になるところですが、結論から言うと決して100パーセントではないようです

ですが、男女の産み分けを全くしなかった場合の確率が5割だとして、夫婦が協力して産み分けを行うことで得られる成功率は実に7割から8割だと言われています

まずは、正しい知識で男女の産み分けを理解し、「時すでに遅し」にならないよう、妊娠前から心と身体の準備をして産み分け法を実践していきましょう。

精子と卵子の仕組みが産み分けを決める

赤ちゃんの性別は、精子と卵子が受精した瞬間に決まっていることをご存知でしたか。その昔、性別を決定するのは卵子だと言われた時代もありましたが、実際は卵子に受精した精子の「種類」が軸になってきます。

精子と卵子には遺伝子情報の詰まった23組の対になっている染色体がありますが、男女どちらの性別になるかは精子の中にある23組目の染色体で決まります。精子の23組目の染色体は、X染色体とY染色体の2種類があるのに対し、卵子はX染色体のみを持っています。X染色体の精子と卵子が結合(XX)すると女の子が生まれ、Y染色体の精子と卵子との結合(XY)は男の子が生まれるという仕組みなのです。

ちなみに、X染色体の精子は酸性に強く寿命は2日から3日、Y染色体の精子はアルカリ性に強く寿命は1日と言った異なる特徴を持っています。

女性の膣内環境が産み分けを決める

効果的に産み分け法を実践するためには、女性の膣の内部の特性をきちんと知ることが成功のカギを握っています

これを機会に夫婦でお互いの身体をきちんと理解していくのも、円満な夫婦生活において必要なプロセスなのかもしれませんね。

子どもの産み分けには、女性の膣内の酸性度合いがとても大きく影響しています

男の子が希望なら

膣内が酸性で満たされている場合、酸性に強いX精子が生き残るので女の子が生まれやすいと言われています。

女の子が希望なら

反対に、膣内がアルカリ性で満たされている場合、今度はアルカリ性に強いY精子が生き残るので男子が生まれやすいと言った特徴があります。

元々、女性の膣内は外部からの雑菌などの侵入を防ぐため、強い酸性を常に保っていることをご存知でしょうか。ですが、排卵日を迎える数日間や、性行為において女性が満足すると、膣内はアルカリ性に傾いていくことが分かっています。

こういった特性を生かして、希望の性別となる精子が「受精しやすい環境」を作ることが、産み分けをするにあたり大変重要なポイントなのです。

ph値をコントロール?!潤滑ゼリーの秘密

男女産み分け知識を正しく理解し実践することは、希望の性別の赤ちゃんが欲しい夫婦には必要不可欠な課題です。こうした知識を元に、近年では女性の膣内環境を産み分けしたい状態に持っていく手助けとして、潤滑ゼリーが活用されることが多くなりました。

特に、膣内のph値をコントロールできる潤滑ゼリーを使うことで、産み分けの成功率は8割程度まで上がっていることも分かっています

男の子用のゼリーを使うことで膣内をアルカリ性に近づけるのに対し、女の子用のゼリーは酸性に近づける効果が期待できますので、正確な排卵日と正しい知識で更に可能性を高めていきましょう。

潤滑ゼリーの使い方としては、性行為の前にph調節用のゼリーをシリンジと呼ばれるハリの無い注射器に入れて、膣に注入します。

男の子が欲しい場合は排卵日当日、女の子の場合は排卵日の2日から3日前に、ゼリー注入後に性行為を行ってください。

この際、正確な排卵日の情報が必要になりますので、毎朝起床時に測る基礎体温で特定するか、尿で分かる排卵日検査薬などで、確実な日にちを割り出しましょう。

ちなみに、潤滑ゼリーは食しても害が無いくらい安全な成分から作られていますので、女性や胎児への影響もありません

【確かな実績から人気の潤滑ゼリー】
▼ ▼ ▼


最後に

希望の性別の赤ちゃんを授かるには、計画をきちんと立てて、夫婦二人で一緒に取り組むことが成功の近道です。そこにストレスやプレッシャーはいりません、焦らずゆっくりとお互いをいたわりながら取り組んで行くことが大切ですね。

また、産み分けの成功率は、正しい知識の中で実践することで8割以上の高い数字で実現できるようにはなっていますが、今のところ100パーセントと言う確実な数字をだすことは不可能だと言われています。

そのことをきちんと理解して、もし希望の性別の赤ちゃんが授からなかった場合の心構えをきちんと持っておくことも必要です。男の子でも女の子でも、夫婦の宝物である赤ちゃんです、笑顔で迎えて大切に育てていきましょう。

病院での着床前診断による産み分け

米国など一部の海外では、着床前診断による男女産み分けに規制がありませんので男女かを調べて戻すという事を一般的に行っている国もあります。

原則、日本では認められていません。