近頃では、高い確率で男女の生み分けが成功しているようですが、調査によると男の子の生み分けは女の子より確率が高いことが分かっています。では一体どのようにすれば、待望の男の子が欲しいと願う夫婦に授かるのでしょうか。

今日は子供の産み分けについて、男の子にクローズアップしながら、その謎に迫っていきたいと思います。

男の子が欲しい理由は人それぞれ

 

「素直で可愛い男の子がずっと欲しかった」

「一人目が女の子だったから、次は絶対男の子!」

「娘だとお嫁に行ってしまうから寂しいわ」

「大人になった時、男子は頼りになるから」

このように、男の子が欲しいと思う夫婦には、それぞれ違う理由が存在しています。

他にも、未来のママやパパが男の子を希望する理由には、様々な家庭の事情があることも忘れてはいけません。結婚とは、夫婦二人の結びつきだけではなく、親や兄弟親せきなど、家族としても深い関わりが必要となってきますよね。

昔ほどではありませんが、「ゆくゆくはこの家を守ってほしい」「代々続く家業を継いでほしい」など、周囲から跡継ぎとして男子を期待されているケースはとても多く、それに応えようと頑張らないといけない人も世の中にはたくさんいるのです

そういった理由から、男の子の生み分けを希望する夫婦は大変多く、実際の生み分け成功率は女子よりも男子の方が高いことが分かっています。

男の子を生みたい場合の基礎知識

 

赤ちゃんの生み分けには、精子の特徴を良く理解する必要があります。と言うのも、子どもの性別は精子の「種類」によって決まるものであり、受精した時点で性別は既に決定されています。

ヒトの染色体と言うものは、23組(46本)から成り立っていますが、22組は男女とも同じ性質を持っているのに対し、23組目の2本だけは性質が異なっています。この2本は性染色体と呼ばれており、これがXY(男の子)かXX(女の子)かによって性別が決まってきます。

卵子の染色体は元々「X」と決まっているので、女の子が欲しい時はX精子、男の子が欲しい時はY精子で受精すれば、希望の生み分けができる仕組みになっています。

男の子を希望する場合には、Y精子の特徴である「動きは活発だが、寿命が1日と短い」と言った点を考慮するために、排卵日当日の性行為が望ましいと言われています。

更に、Y精子は「アルカリ性に強く、酸性に弱い」と言った特徴もあるので、膣内がアルカリ性に傾いている環境が必要です。

普段は酸性の膣内がアルカリ性に傾くチャンスは、排卵日当日や女性が性的に満足した状態での環境下だと言われています。

こういった点を加味しながら、夫婦で協力し合い、Y精子が受精しやすい膣内環境での性行為を意識していきましょう。

ちなみに余談ですが、排卵日当日の性行為をする前の3日から5日は、男性が禁欲することも男の子の生み分けには効果的だと言われています。

これには、男の子の染色体を持ったY精子は、女の子の染色体を持ったX精子の2倍の数を持っていることがカギとなっています。
禁欲によって、元々多かったY精子の量は更に増え、X精子よりも先に卵子にたどり着きやすいと言った説の元、こういった方法も広く活用されています。

自分の排卵日を特定させよう

男の子の生み分けを高い確率で成功させるためには、正確な排卵日を知る必要があります。これは上記でも述べましたが、男子の生み分けをするにあたり、膣内がアルカリ性に傾く排卵日での性行為が良いと言われているためです。

そもそも女性の排卵日は、月経周期の中で卵巣から卵子が排出されることを言いますが、この排卵日は1日だけの一瞬の出来事なのだそうです。

また、排卵後に卵子が受精可能なのは6時間から12時間程度だと言われており、寿命も長くないことから、確実な排卵日を知る必要があるのです。日頃から基礎体温を測ったり、排卵日検査薬などで確実な日にちを特定していきましょう。

尚、個人差もありますが、排卵日を確実に特定するまでに3ヶ月程要する場合もあるので、生み分け前の性行為ではきちんと避妊をしていくことをおすすめします。

排卵日検査薬で夫婦生活のタイミングの取り方は正確に♪

生み分けの成功率を高める潤滑ゼリー

男の子を生みたい女性にとって、いかに膣内環境をアルカリ性に変化させるかは、排卵日の特定同様重要なポイントとなってきます。そういった理由もあり、最近では膣内のph値をコントロールできる潤滑ゼリーの存在が大変注目されています。

女性にとって、元々酸性である膣内環境をアルカリ性に傾かせることは、なかなか難しいものです。だからといって、アルカリ性に傾くと言われる排卵日当日や性的に満足する環境だけに大事な生み分けを任せることは、終始不安がよぎりますよね。

そんな時は、男の子用の潤滑ゼリーを活用して、Y精子が活動しやすい膣内環境を作ってみてはいかがでしょうか。

こちらは、排卵日当日の性行為前に、針の無い注射器に入れたゼリーを膣内に注入すると言った、簡単なステップで使用することができます。ゼリーには使い切りになっているものが多く大変衛生的であり、口に入れても良い成分で作られているので、女性にも胎児にも安心して使うことができます。

ちなみに、男の子の産み分けの方が難しいともいわれています

【確かな実績から人気の潤滑ゼリー】
▼ ▼ ▼


最後に

男の子の生み分けだけに特化した内容でお送りしました。

男の子を育てたママによると、「ずっと少年で甘えん坊さん」「時には頼りになるし優しい」など、可愛くてたまらないといった声が多く聞こえてきます。親になりたいと思う気持ちが自然なように、「男の子が欲しい」と思う気持ちも、素直な感情として夫婦二人で尊重し合えると良いですね。