赤ちゃんが欲しい、でも性交痛が辛くて子作りに前向きになれない…。そんな悩める女性の声から生まれた、女性のための潤滑ゼリー。でも潤滑ゼリーって、妊娠に影響があるとかないとか言われてるけど…妊活で使っても大丈夫なの?

今日は、ちょっと恥ずかしくて人には聞けない「潤滑ゼリーの秘密」に迫ってみました。

膣が潤う理由

そもそも、潤い(膣液)とは、女性ホルモンの働きによって出る分泌液です。この、乳酸菌を含んだ潤いは、細菌や感染症などに対して抵抗力をアップさせて、膣の粘膜を保護してくれる働きがあります。

また、膣の潤いは、膣内の保護以外にも性的に興奮することで潤いを増してきます。これは気分の高まりにより骨盤内の血流が増え、汗のように膣内を濡らすことで、男性と性交しやすい状態にもっていくための準備だと言われています。

潤い不足は夫婦関係をぎくしゃくさせる

赤ちゃんが早く欲しい夫婦にも、気が乗らない日ってありますよね。

「今日はそんな気分じゃないのに…」

と、排卵日のプレッシャーを強く感じているカップルもきっと多いことでしょう。そんなストレスが、潤い不足による性交痛として女性を悩ませ、同時に男性にもダメージを与える結果になってしまうこともあるようです。女性の潤いの量によって受精や着床の成功率が大きく響くかと言うと、さほど関係はないことが近年の研究では分かっていますが、専門家によると妊娠するには潤いが多い方が良いとされる意見が多いのも事実です。

女性の潤い不足は、過度のストレスや妊娠へのプレッシャー、ダイエットなどのホルモンバランスの崩れから起こると言われています。

膣液が不十分の状態で性交すると、性交痛を感じることがありますが、それを繰り返すことで更に不安やストレスが大きくなるといった悪循環になっていきます。

性交時に膣が乾燥した状態になると、膣粘膜も薄くなり、時には出血を伴うといったデメリットも生じてきます。そうなると、男性側にも精神的ストレスや摩擦痛などの肉体的苦痛が生じ、夫婦生活や妊活にも支障が出てくる可能性が高くなるからだと言われているのです。

潤い不足を補うだけじゃない、膣内環境を整えてくれる潤滑ゼリー

最近では、豊かな夫婦生活や円満な妊活のために、膣内に入れる潤滑ゼリーを使用するカップルが増えているようです。潤滑ゼリーは、安全に使用できる水溶性のゼリーであり、女性または男性の性器にゼリーを塗布することで、お互いに苦痛の無い性交を行うことができます。

最近では、膣内のph(ペーハーバランス)を整えてくれる潤滑ゼリーが大変注目されているのを、ご存知でしょうか。平生、膣内のphは常に酸性に保たれていますが、免疫力の低下や性交によってバランスが崩れると、細菌の侵入や感染が起こりやすくなります。

乳酸が配合された潤滑ゼリーは、膣内を従来の酸性phに整えることで、一般細菌を防いで痒みや臭いなどのトラブルからも守ってくれるといった、言わば膣内環境を健康にしてくれるゼリーでもあるのです。

潤滑ゼリーは妊活に向いていないの?!

潤滑ゼリーは、妊活する上で何かしらの影響が出るのではと不安に感じる人もいるようですが、これにはゼリーの成分が関わっています。

精子が元気に動ける環境が弱アルカリ性であるにも関わらず、膣内のphを酸性に整える潤滑ゼリーを使うことで、妊活の大きな妨げになるのではと使用をためらう人もいるそうです。実際、アメリカの研究チームが当時行った調査では、ゼリーの成分が精子の動きを妨げるとされ、妊娠に影響が出るのではと言った報告がなされていました。

不妊との関連性は?

しかし、これはあくまでも実験室の中での研究であり、実際に妊娠率に影響があるかは定かではありませんでした。そこで、アメリカ在住の自然妊娠を望む30代40代の女性300人に対し、潤滑ゼリーを使った妊活を行ってもらう調査が始まりました。

その結果、ゼリーを使った女性は、使わなかった女性と比べて、妊娠率が変わらないことが分かってきました。ゼリーの成分が精子の動きを多少弱らせることは事実ですが、ゼリー自体は膣付近に留まり、まず子宮口まで達することは無いのです。

こういった研究で、ゼリーが妊娠に影響を及ぼすことはほとんど無いと分かり、妊活中も安心して使えることが分かってきました。

参考文献:Emax Health ; Do vaginal lubricants impact fertility?

妊活向けの潤滑ゼリーに注目

妊娠率の向上には、膣内のphだけでなく、粘度や浸透率などの質も大きく影響してきます。そんな中、最近では妊活向けの潤滑ゼリーが大変注目されるようになってきました。

一般の潤滑ゼリーは、スムーズな性交を重点するあまり、粘度が高くなり子宮口に蓋をしてしまう欠点があるのに対し、妊活向けゼリーは膣内に入った精子が活発に動ける環境に導いてくれます。

妊活向けゼリーの成分は弱アルカリ性であり、液体の粘度は300以下を保ち、浸透圧は頸管粘液と精液の同等に作られています。精子が活発に長く活動できる弱アルカリ性のゼリーは、粘度も柔らかく頸管粘液と同じ弱アルカリ性のため、酸性である膣内を中和させ子宮から分泌され精子を子宮口に吸い込む役割を持っているのです。

最後に

このように、潤滑ゼリーには、膣内環境を整えてくれるものや、妊活の手助けをしてくれるものもあります。豊かで健全な夫婦生活は、家庭に幸せと妊活の成功をもたらせてくれます。あなたも是非、妊活用潤滑ゼリーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

主な妊活用潤滑ゼリー

※注釈・注記です。1回分の値段は単品購入の価格を元に算出しています。尚、まとめ買い・キャンペーンなどでそれよりも安くなる場合があります。

商品名 本数 単品の値段
(税別)
1回分の値段
(税別)
特徴 公式サイト
ピンクゼリー 10本 14,800円 ~1,480円 女の子が欲しい方向け、管理医療機器認証商品 【公式】詳しくはこちら
ベイビーサポート潤滑ゼリー 7本 13,800円 ~1,971円 男女の産み分け向け 【公式】詳しくはこちら

ハローベビーゼリー 7本 10,000円 ~1,429円 男女の産み分け向け 【公式】詳しくはこちら
フーナーサポート潤滑ゼリー 7本 5,500円 ~785円 妊活向け 【公式】詳しくはこちら
エッグサポート 5本 6,500円 ~1,300円 妊活向け 【公式】詳しくはこちら