ユニバーサルタイプとISOFIX(アイソフィックス)ピルと言えば、言わずと知れた避妊薬の代表です。もしくは、スポーツや旅行などの日程に重ならないよう、生理周期をずらしたい時にも良く使われる薬ですよね。そんな女性の強い味方であるピルですが、実は「不妊の予防や治療」にも効果があることが分かっています。

避妊効果と不妊予防…一見、接点が無いと思われる二つの働きに隠された共通点とは。今日はそんなピルについて、いろいろ調べてみました。

そもそもピルとはどんなもの

 

ピルとは、卵巣で作られる卵胞ホルモンと黄体ホルモンが主成分となるホルモン剤の名称です。本来、女性ホルモンと言うものは、脳の指令により一定のリズムで卵巣から分泌されていますが、ピルを服用することで脳はホルモンが十分に足りていると勝手に解釈し始めます。

そうなると、脳は卵巣にホルモン分泌の指令を出さなくなるので、卵巣は開店休業のうたた寝状態に入ります。この時、体内のホルモンバランスは、妊娠している時と同じ状態になるので、排卵がされることはありません。よって、ピルを服用している間は、コンドームなどの避妊をしなくても、妊娠することが無いと言う原理なのです。

また、ピルは、月経困難症や生理前の肌荒れ改善、生理周期の安定やコントロール、卵巣がんや子宮体がんの予防などにも広く使われている薬です。

ピルが不妊の予防や治療に良いのはなぜ

生理周期の安定やコントロールができる

ピルを飲むことで、生理を止めたり再開するなどのコントロールが可能になります。こういった作用は、排卵日の調節をしたり体外受精の採卵日の日程を組む際など、不妊治療の調整に多いに役立つと言われています。

また、もともと生理周期が不順の女性の卵巣は、生理や排卵を起こすための卵巣機能をかなり酷使している場合があります。そういった場合も、ピルの効果でしばらく排卵を抑制することで、卵巣が十分に休息を取ることができます。卵巣の復活により卵巣機能は改善され、ピルの服用をストップさせた後も、生理周期は安定されたままの状態が期待できるのです。

不妊の原因となる病気を改善

ピルには不妊の原因となる子宮内膜症や子宮体がんを抑制する働きが認めらています。不妊症には様々な原因がありますが、中でも子宮内膜症や卵巣のう腫は、不妊と深い関係があると言われています。

これら二つの症状は、排卵毎に進行して行く病気であるため、ピルによって排卵を抑制することで症状の悪化を防ぐ作用があります。その際、不要な内膜やのう腫を委縮させることができ、子宮内膜の維持や受精卵の着床を助ける働きもあるのです。

流産のリスクを回避

不妊に悩む女性の多くは、体内の黄体ホルモンの数値が低いことが分かっています。黄体ホルモンの数値が低いと、排卵後の高温期が短くなり、受精卵が着床するために厚くなった子宮内膜がはがれてしまうと言ったケースも見られます。子宮内膜がはがれることで、せっかく妊娠できても流産してしまうリスクが高まると言う訳なのです。

そういった場合も、ピルの服用で黄体ホルモンが補充され、子宮内膜を維持し、結果として受精卵の着床を助けることに繋がっていきます。

月経困難症の緩和

子宮内膜症の約6割以上の人に月経困難の症状が認められており、その内の2割が不妊症と診断されています。ピルは子宮内膜症になりにくくする働きや、子宮内膜症の進行をストップさせる要素もあるので効果的に利用して行きましょう。ピルを飲むことで、生理周期はコントロールできますので、生理不順はほぼ無くなります。

また、子宮内膜が厚くなりすぎる前に月経が起きるので、膜が剥がれることで生じる経血の量は少なくなります。出血量が減ることで、子宮の伸縮も抑えられるため、月経痛はかなり改善されると言われています。

ピルの副作用とはどんなもの

ピルは、卵胞ホルモンの含有量が多いものから、高容量ピル・中容量ピル・低用量ピルに分かれています。含有量にが多ければピルの効果が高い反面、心配される副作用も大きくなります。また、初めてピルを使う女性は副作用や違和感が出やすいと言われ、特に使用してから10日前後に倦怠感や気分が悪いと言った症状が出るようです。

ピルの代表的な副作用としては、吐き気やおう吐に頭痛、おりものの増加や不正出血、乳房の張りや傷みなどが挙げられます。
また、女性にとって大変気になる副作用と言えば、体重増加も忘れてはいけませんね。ですが、最近では低用量ピルが多く使われており、こちらはホルモン量をできるだけ少なく入れるよう工夫されているため、以前のような副作用の報告は大幅に減少していると言われています。

ピルの効果的な飲み方

ピルは毎日決まった時間に服用するように心がけましょう。そうすることで、体内のホルモン濃度が一定に保たれ、効果的な作用が働くと言われています。飲み忘れを防止するためにの習慣づけも兼ねて、飲む時間帯を朝や就寝前などの在宅時間にすると良いでしょう。

もし、いつもの時間に飲み忘れてしまった場合、12時間以内のズレまででしたら効果に問題はありません。ですが、前回服用してから36時間以内には必ず服用するようにしてください。また、服用するタイミングとしては、食前食後のどちらでも問題ありませんし、食べ合わせに悪い食品などもありません。

最後に

とかく避妊薬のイメージが強いピルですが、使い方を工夫することで便利なアイテムに変わることは間違いなさそうです。
女性であることを楽しみながら、毎日を過ごす。コレって理想的な暮らしですよね、きっと。