子供の肌は、水分たっぷりでモチモチしたイメージがありますよね。でも、小さい子供の乾燥肌による痒みやカサカサで困っているママが増えているようなんです。薄くて柔らかい子供の皮膚は、少しの肌トラブルから大きなダメージへとつながる恐れもあるので、まずは早期解決が大切です。

そこで今日は、子供が乾燥肌になる原因とトラブルを防ぐ解決方法をご紹介いたします。

子供に肌トラブルが多い理由

子供の肌がトラブルになる原因として、まず挙げられるのはその皮膚の薄さ柔らかさです。

子供の皮膚の厚さは大人の2分の1程度しかなく、それでいて水分量は80パーセントも含まれています。皮膚の厚い大人の水分量は65パーセントですので、子供の肌がいかにデリケートにできているかは、この数字からも伝わりますよね。

また、子供の皮膚は角質層が薄く皮脂の分泌量も安定していないことから、皮膚のバリア機能も未熟なままです。バリア機能とは、外部からの異物の侵入や攻撃を防いだり、ヒトの身体に欠かせない水分を閉じ込めておく働きがあるため、この機能が未発達である子供の肌は弱く、外からの刺激にも敏感になるのです。

子供の多くが幼少期に湿疹や蕁麻疹、かぶれや乾燥肌などの肌トラブルを経験するのはこうした理由があり、いったんひどくなると大人よりも深刻な症状になったり全身に広がってしまうケースも多く見られます。

ただし、ほとんどの子供の場合、成長するにしたがってバリア機能が発達し皮膚も強くなるため、徐々にトラブルも減っていきます

なぜ子供が乾燥肌になるのか

小さな子供はとかく痒がりですよね。

晩秋から真冬にかけての空気の乾燥が激しくなる季節には、普段は痒がらない子供でも顔や手、背中や足などがカサカサと痒く感じるようです。特に、乳児期から10歳くらいまでの子供に乾燥肌の症状が多く見られますが、これには子供の皮脂の分泌量の少なさが影響していることが第一に挙げられます。

また、意外かもしれませんが、夏にできた汗疹(あせも)も乾燥肌の原因になっている場合があります。

子供は新陳代謝が活発なため、季節を問わず常に汗をかいていますが、夏の暑い時期はさらに大量に汗を放出しています。汗疹は汗腺の詰まりが原因ですので、親としては汗をかかせないようにしたり、汗をかいたらすぐにシャワーやタオルで綺麗にしたいと思いますよね。

でも、こうした汗疹対策が、必要以上に子供の皮膚から皮脂を落としてしまう恐れがあります。皮脂が不足することで、前述の通り肌バリアの機能が低下するため、刺激に対して弱くなったり角質層の水分が蒸散するなどの悪循環から乾燥肌へとつながっていくのです。

さらには、アレルギーなどアトピーと乾燥肌の関係も忘れてはいけません。

乾燥肌にはさまざまな原因があると考えられてきたため一概には言えませんが、アレルギーなどの内的な疾患によるアトピーの症状は、乾燥した空気や紫外線による外的要因から起きる乾燥肌の症状によく似ています。

これは、幼児期に乾燥肌と診断された子供が、実はアトピー性皮膚炎だったケースが多いことでも見てわかるように、非常に判断が難しいと言われています。アトピー性皮膚炎の原因については、遺伝や食物アレルギー、花粉やハウスダストなどの生活環境が誘因であることも挙げられています。

ちなみにアトピーの特徴的な症状としては、痒みが強く湿疹がなかなか治らないと言った点です。

1歳以降の子供には、耳の付け根や肘や膝の裏側に湿疹が出たり、皮膚が粉をふいたようにカサカサするなどの症状もアトピー特有の症状です。

乾燥肌を引き起こすNG行為

長湯や洗いすぎはダメ

刺激の強いボディシャンプーは、子供の肌から皮脂を余分に流してしまいます。使用されている成分が低刺激のシャンプーに変えて、なるたけ少量で洗いましょう。



また、入浴は身体を温める効果はありますが、湯船に長くつかることで肌の乾燥は進むので、肌トラブルがある時は長湯は避けた方が良さそうです。

手洗い後の自然乾燥はダメ

風邪やインフルエンザが流行る季節は、学校や家でも手洗いの指導が徹底されていますが、一日に何度も手を洗うことで潤い成分が逃げてしまい、手荒れや乾燥の原因を作っています。

手を洗った後はハンカチやタオルでしっかりと水分を拭き取り、潤い成分を蒸発させないようにすることが大切です。

爪を伸ばすのはダメ

肌のかぶれや乾燥などで痒みがでると、ついつい爪で掻いてしまうのが子供です。

ですが、爪で掻きむしることで、皮膚に傷ができたり湿疹になったりするだけでなく、肌バリアの機能を低下させる恐れもあるのです。

爪に入ったバイ菌から他の部位に飛び火していくケースもあるので、爪は短く切ってやすりで磨いてあげましょう。

部屋でのうつぶせ寝はダメ

リビングの絨毯の上などで、つい寝ころんで昼寝をする子供は多くいますよね。ですがマットや絨毯などでうつぶせ寝をすると、顔に繊維やハウスダストが付いたり、口から雑菌が入り込む可能性があります。それによって肌がかぶれたり、雑菌により免疫力が下がることで肌荒れにつながるケースありますので、うつぶせ寝は止めるように注意しましょう。

子供の乾燥肌になった時の対処法

乳児や幼児の場合、肌に痒みがあっても、自分で治すことはできません。

症状の酷い子供になると、夜眠れないほど痒くなったり、無意識に血が出るほど掻いてしまい、心身共に相当なストレスがかかりますので早めの処置が大切です。

保湿を心がける

肌の乾燥には、保湿が第一です。

入浴時に流れてしまった水分や油分を補うためにも、入浴後は時間をおかずにすぐ保湿してあげましょう。赤ちゃんにも使える保湿に有効なアイテムとしては、ヴァセリンが最適です。

天然原料100パーセントのヴァセリンは防腐剤やステロイドも入っていないため、赤ちゃんでも安心して使うことができます。保湿効果を最大限に引き出す使い方としては、少量を薄く伸ばして塗ることです。

乾燥を防ぎたいからと厚く塗っても、返って皮膚を乾燥させることになるので、用量には十分注意してください。顔だけでなく身体全体や唇に塗って、乾燥した季節に対応していきましょう。

乾燥肌の症状緩和には、ビタミンA、B、C、Eの摂取が大変効果的です。

人参やカボチャなどのビタミンA、豚肉や大豆などのビタミンB、オレンジや苺、ピーマンなどのビタミンC、ホウレン草やナッツ類などのビタミンEは、皮膚の健康を保つ上で欠かせない栄養素だと言われています。

【PR】洗っても拭きとっても落ちない!新発想ビフォアケアフォーム【ファムズベビー】

軟膏を塗る

ヒルドイドと呼ばれる軟膏は、保湿と血行をよくする働きがあり、皮膚の乾燥やカサつきなどの症状を改善してくれる万能クリームです。

また、長時間に亘って肌の保湿を持続する効果もあるため、日焼けやしもやけ、火傷やアトピーにも広く使用されています。このクリームは皮膚科などで処方されており、保険適用薬ですので価格も200円程度と大変リーズナブルですし、成分が同じであるジェネリック商品もドラッグストアで購入することができます。

内面から改善するなら
▼  ▼  ▼
アトケアプロ