毎日お風呂に入れて清潔にしているつもりなのに、赤ちゃんの首周りが赤くベトベトしてしまう…そんな困った経験をしたことがありませんか。

実はこの症状、放っておくと首のシワ部分がただれて痒みが出たり、ついには臭いにおいまで発生することもあるので注意が必要なんです。

そこで今日は、赤ちゃんの首周りが赤く荒れてしまう原因と、その対処法について詳しく調べてみました。

赤ちゃんの首が赤く荒れる理由

ヨダレや食べこぼし

赤ちゃんの内は、口を閉じたり飲み込む力が未発達なため、ヨダレやミルク・離乳食などが口からこぼれ落ちることがよくありますよね。

それが口周りから顎を伝って首まで汚すことになるのですが、口や顎の周りはママからよく見えるため細めに拭き取ることができるのに対し、首周りはシワで隠れてしまうことから汚れに気付かない場合も多いのです。

こうした理由もあり、一見汚れていないように見える首にはシワの部分にヨダレや食べこぼしが詰まっていることが多く、それを放置しておくと赤く腫れて痒みも生じてきます。

たかがヨダレやミルクと侮ることなかれ、デリケートな赤ちゃんの肌には相当なダメージを与えています。

首のシワに垢が溜まる

赤ちゃんの首のシワにはいくつもの層があるため、垢が溜まりやすくなっています。

ミルクの吐き戻しやホコリが付いた皮膚が汗で蒸れることにより、ジクジクと乾燥しないままの状態が続き、そこは雑菌の温床となっていきます。

この雑菌が繁殖することによって、何と言えないすえたような臭いが広がっていきます。

汗疹

赤ちゃんは、新陳代謝が活発なので大変な汗っかきです。そのため、大人であれば涼しいと思うような気温でも、赤ちゃんにとっては暑く大量の汗をかきます。

首周りのシワなど皮膚が重なり合っている部分は特に蒸れやすい環境のため、汗疹ができた皮膚にはブツブツと赤い発疹や痒みが現れます。

その状態で赤ちゃんが爪で患部を掻くと、黄色ブドウ球菌に感染して、結果とびひになることもあります。

※関連記事:なぜ赤ちゃんのあせもは放っておくと危険なのか

肌が弱く薄いため

赤ちゃんの肌は、大人に比べて皮膚が薄くバリア機能も未発達であり、免疫力も十分には備わっていないため、刺激には弱くアレルギーも出やすいと言った状態です。

空気中には、ハウスダストや花粉などの刺激物質が飛んでいますが、肌のバリア機能が弱い赤ちゃんは少しの刺激にも敏感に反応します。

※関連記事:赤ちゃんが生まれたら欲しい!空気清浄機の選び方

赤ちゃんの首周りのケア対策

まずは、首のシワの汚れをしっかり落としてあげましょう。その際、タオルでゴシゴシ強くこするのではなく、ぬれたガーゼなどで優しく拭くとってあげると良いでしょう。

毎日のケア

やり方としては、赤ちゃんの顎を軽く持ち上げる感じでシワを広げながら拭き、首の後ろは頭を少し下げる状態で行います。

ヨダレや食べこぼしの防止策としてスタイを付ける際は、首周りが蒸れないように紐の締めすぎには注意しながら結んであげましょう。

髪が長くなってきた赤ちゃんは首周りに髪がかからないように結んだり、意外に早く伸びる赤ちゃんの爪も短く切っておくことが大切です。

また、寝ている際は顎の下にガーゼやタオルを当てておくこともおすすめです。

入浴時にできること

入浴前にベビーオイルやヴァセリンを首に塗っておくと、シワの間に溜まった汚れが落ちやすくなります。

洗剤はできるだけ赤ちゃん用などの刺激の少ないボディシャンプーを使って、たっぷりの泡でこすらず洗ってあげましょう。

赤ちゃんの首を洗う際は、手袋型になった赤ちゃん用のボディタオルを使うと、片手が空くのでシワを広げながら簡単に洗うことができます。

常に保湿を心がける

赤ちゃんの肌は乾燥することによって、肌機能が弱まるため、赤みなどの湿疹が出やすくなります。

肌が汚れた状態で蒸れているのは悪循環ですが、入浴後の清潔な状態での保湿は年間を通して行うようにしてください。

入浴後は、肌に付いた水分をよく乾かした後、ヒルドイド軟膏やヴァセリンなどを首周りに塗布してあげると良いでしょう。

首周りをケアする上で注意したいこと

赤ちゃんの首のシワに白いブツブツとしたものが溜まっていたら、それは汚れや垢です。

その際、白いブツブツを早く取ろうとするあまり、強い力で拭き取ろうとするのは絶対に止めましょう。

前述の通り、赤ちゃんの肌は大変デリケートであり、皮膚の厚さは大人の半分程度しかなく、それでいて水分量は80%を超えています。

その上、肌バリア機能も未発達な赤ちゃんの肌を、ゴシゴシとタオルで拭くことは、さらに肌荒れを悪化させる恐れがあります。

特に首のシワ部分が蒸れて弱くなっている状態ですと、皮膚がベロンと剥けてしまう可能性もありますので、こすらないように注意しましょう。

首のシワに残る臭いに関しては、お風呂でたっぷりの泡と一緒に優しく洗って垢を取ることで徐々に無くなっていきます。

臭いがまだ気になるようでしたら、入浴後に軽くベビーパウダーをはたいてあげると良いでしょう。

まとめ

日頃からケア対策を行っていても赤みや痒みが治まらない場合は、汗疹の悪化やアレルギーなどの可能性もあるので、小児科で診察を受けることをおすすめします。