いずれ永久歯が生えてくるのだからと、乳歯の虫歯を放置してはいませんか。

ですが、それは大きな間違いであり、乳歯の虫歯が永久歯に与える影響は想像以上に深いものがあります。

子供が大人になっても健康な歯でいられるように、親としては今の内から歯を大切にする習慣を身に付けさせていきたいものです。

そこで今日は、乳歯の虫歯の特徴や放置することで起きるリスク、家庭でできる予防法についてまとめてみました。

乳歯の虫歯の特徴

虫歯になりやすく、進行が早い

虫歯とは、虫歯菌(ミュータス菌)・糖質・歯の質が要因となり、時間の経過とともに進行していく歯の病気です。

元々、生まれたての赤ちゃんの口内に虫歯菌と言う菌は存在していないのですが、箸やスプーンの共有や口移しによる大人の唾液から感染していきます。

そして、離乳食が始まると糖質を含んだ食事や飲み物を摂るようになりますが、この糖質は虫歯菌によって分解され酸になることが分かっています。

永久歯に比べてエナメル質が薄い乳歯は酸に溶けやすい性質をもっているため、分解された酸が歯を溶かして虫歯を更に進行させていくことに繋がるのです。

また、乳歯は歯質が弱い上に奥歯は溝が細かく、食べカスが溜まりやすい形状をしているため、一度虫歯になると急ピッチで進行していき、あっという間に歯の神経まで到達することも分かっています。

「こないだの歯科検診では問題ないと言われたのに、どうして!?」と驚くママが多いのも、乳歯の虫歯ならではのこうした特徴があったからなのです。

歯が痛いなどの自覚症状が乏しい

大人は、虫歯が進行していくと歯がしみたり痛みを感じるようになるため、虫歯であることを気付くことができます。

しかし、子供は大きな虫歯であってもほとんど痛みが無く、もしあったとしても右の歯がしみたら左で噛むようにするため、気にせずに過ごしてしまうことが多く、気付いた時には既に神経が死んでしまっていたと言うケースも決して少なくはありません。

大人の場合は虫歯が神経まで到達した際は、ズキンズキンと頭に響くような痛みが何日も続きますが、子供の歯は一晩で神経が死んでしまいます

歯の神経が死んでしまったら、痛みを感じることはもうありませんので、子供としては「治った」と勘違いしてしまうのです。

ですが、この死んだ神経の中では、気付かぬ内にバイ菌が繁殖され、永久歯の育っている顎の骨辺りまで膿を溜めていく恐れがあります。

膿の溜まった周辺の乳歯は非常に脆くなるため、少し硬いものを食べただけでも欠けたり、挙句の果てには歯の頭がすっかり無くなっていた…なんてことにも繋がっていくのです。

乳歯が虫歯になることで起きるリスク

永久歯が虫歯になりやすい

乳歯の虫歯を放置することで、虫歯菌が歯の根っこまで到達し神経が死ぬと、そこにバイ菌による膿が神経に溜まっていきます。

そもそも、永久歯とは乳歯の真下で作られているため、永久歯は膿の溜まった場所を通ることにより、虫歯菌を持った状態で口内に生えていきます。

虫歯とは虫歯菌による感染症ですので、もともと虫歯菌を持った永久歯は虫歯になりやすく、新たに生えてきた永久歯にまで虫歯菌を移すことによって感染を拡大させていくのです。

永久歯の歯並びや歯の色が悪くなる

乳歯の虫歯は、永久歯の歯並びや歯の色にまで影響を及ぼすことが分かっています

一般的に、歯は手前の歯の方向に向けて移動していくため、永久歯が生えてくると自然に乳歯が抜ける仕組みなっています。

がしかし、乳歯が虫歯になりやむを得ず抜歯することで、空いた隙間に周りの乳歯が移動してきてしまい、後から生えてくる永久歯の場所を邪魔をしてしまうのです。

その結果、永久歯の入る充分な隙間がないため、手前に飛び出したり奥にずれて斜めに生えてくるなど、歯並びに多大な影響がでるのです。

また、奥歯の乳歯に虫歯があった場合は、噛み合わせの部分が欠けていくことで噛んだ時の高さが一定せず、それにならって生えてきた永久歯の高さもちぐはぐになることから、大人になってから顎関節症になりやすいと言ったガタガタの歯並びになってしまいます。

更には、虫歯が進行して神経が死んでしまった乳歯を放置しておくと、根元が膿や炎症に侵され、一部の永久歯が茶色く変色した状態で生えてくることもあります。

噛む力や顎の発達など、咀嚼機能を阻害

あごの発達を促す意味でも、幼児期における咀嚼訓練は非常に大切ですが、乳歯の虫歯になると「噛むこと」に支障がでるようになります。

例えば、子供は右の歯にしみるなどの違和感を感じると、左でばかりで噛むようになります。

そして、左も虫歯になると、今度は良く噛まずに飲む込む癖がついてしまいます。

骨の発達が著しい幼児期は、咀嚼訓練を怠ることで顎の発育に支障が出るだけでなく、骨格や発音、その容姿に至るまで悪影響を及ぼすことが分かっています。

偏食への影響

虫歯が悪化することで、子供は硬い食材を食べることを嫌がるようになり、噛まなくても良い柔らかいものばかり好むようになります。

身体の機能が未発達な成長期に栄養バランスに優れた食事が摂れないと、身長や体重などの発育不全や、今後の運動機能などにも問題が出てきます。

家庭でできる予防法

食べたらすぐに歯を磨く

食事やおやつの後は歯磨きする習慣をつけましょう。

外出先などでは、口を水やお茶でゆすぐだけでも予防効果があります。

仕上げ磨きの徹底

子供はまだ上手に歯磨きができないため、正しい磨き方を指導しながらサポートしてあげましょう。

特に、就寝前の歯磨きは親がしっかりと仕上げ磨きする必要があります。

糖質の多いおやつは時間を決めて、ほどほどに

糖分の多いおやつやダラダラ食いは、虫歯菌の喜ぶ酸の多い口内環境になるため、糖質は控えめにおやつの時間はきちんと決めることが大切です。

子供専用の食器や箸を用意する

虫歯菌の感染を防ぐために、箸の共有や口移しは避けましょう。

また、家族の虫歯もきちんと治療しておくと、家庭内での感染が防げます。

フッ素塗布

歯の質を強くさせ虫歯菌への抵抗力を高めるフッ素は、虫歯予防だけでなく初期段階の虫歯であれば歯の石灰化により治療することも可能です。

予防効果を維持するためにも、定期的なフッ素塗布はおすすめです。