「褒める子育て」が注目されている中、子供の才能を伸ばそうと前向きで建設的な言葉を積極的にかける親が増えているそうです。

しかし、我が子のために良かれと思って発した言葉の数々が、実は子供の成長の芽を摘んでしまっている可能性があることをご存知でしょうか。

そこで今日は、良かれと思ってかけた言葉でも、子供には返って逆効果となる例をいくつかまとめてみました。

「すごいね」「よくできたね」

褒めて伸ばそうとするあまり、何に対しても「すごいね」「偉いね」の単語を使って子供を褒める親は多いと言います。

ですが、褒める際にかける言葉を、どんなシチュエーションでも「よくできたね」の一言で済ませてはいませんか。

子供は、たとえ褒められているとわかっていても、簡単にできてしまったことと一生懸命苦労して取り組んだことが同じように扱われてしまっては、達成感や満足度を十分に得ることができません。

例えば、テストで良い点を取った時に「すごいね」と褒められるのと、「前は難しくて解けないと言ってたのに今は解けるようになったんだね」「頑張ったね」と褒められるのでは、言われた方の捉え方にも変化が生じてきます。

もちろん、子供にとってよくできた点数や結果を褒められるのは嬉しいには違いないのですが、その時に努力の過程を褒められると、「私のことをちゃんと見てくれているのだ」と親の愛情をダイレクトに実感することができます。

反対に、何に対しても「よくできたね」と言うだけの親に対しては、「本当に自分のことを見てくれているのか」「褒めておけば自分が喜ぶと思ってるのか」と疑心暗鬼になる可能性もあるのです。

よって、親と子供の関係性をよくする上では、曖昧な褒め言葉は避け、努力したことなど具体的な内容を取り入れながら言葉をかけることが大切です。

結果よりもその過程を褒めてあげることで、子供は努力する大切さを学び、失敗しても投げ出さずに新たな挑戦ができるようになります。

「あなたはいい子」

「あなたは本当にいい子ね」と言われて育ってきた子は常に親からいい子だと思われたいあまり、「いい子症候群」になる恐れがあります。

これには、親の言う通りに行動することが良いと思いこみ、自分の意思よりも親の意見を最優先してしまうことが少なからず影響しているようです。

しかし、いい子症候群の子は、「言うことをよく聞く育てやすい子」として親や周囲からも優良児として認知されがちですが、自分の感情を無意識の内に抑制している子供は感情を表に出すことが苦手なため、1人でストレスを抱える傾向があります。

また日頃から「いい子ね」と言われ続けると、子供にとって「いい子」は口先だけの褒め言葉として定着してしまう可能性もあるため注意が必要です。

もし子供がお手伝いをしてくれたり、荷物を持ってくれるなどの優しさを見せてくれた時は、「お皿を洗ってくれてありがとう」や「(荷物をもって)助けてくれてありがとう」など、感謝や嬉しい気持ちを具体的に伝えることで、子供の自発的行動を促すきっかけを作っていきましょう。

「クヨクヨしない」「泣かないで」

子供は悲しい時や悔しい時に、泣いたり叫んだりすることで、感情を整理する術を覚えていきます。

そんな時に、小さい子供に「クヨクヨしないで」「泣かないで」と言うのは、子供にとって逃げ場がないことと同じです。

泣くことを否定された子供は、感情の行き場を無くすだけでなく、ストレスを自分の中に溜めこむことで心を押し殺そうとしてしまいます。

「お姉ちゃんなんだから」「男なんだから」との理由で泣くことを否定することなく、泣きたい時は思いっきり泣かせてあげてストレスを発散してあげましょう。

もし、子供が失敗して落ち込んでいる場合は、間違ったことを否定するのではなく、間違うことを恐れずにもう一度挑戦するチャンスがあることを教えてあげましょう。

そして、「ママはいつもあなたの味方だから安心して」と、背中を押して送り出してあげましょう。

「あの子より上手だね」「あの子に負けないで」

将来、競争社会で生き抜いて行くためにも、「比較」をすることは決して悪いことでありません。

しかし、幼少期の比較対象として、兄弟や友達を引きあいに出すことは控えた方が良さそうです。

子供は身近な人物と比べられることで、相手に敵対心を持ったり傲慢や卑屈な気持ちを抱いてしまう恐れがあり、互いの関係が悪化することもあります。

また、いつも誰かと比較されて育った子は、親の期待が過度になるに連れ、モチベーションが低下し物事を諦めてしまうことがあります。

子供のやる気スイッチをオンにするためには、兄妹や友達ではなく、過去の自分自身を比較対象に持っていくことが大切です。

「先週よりも早く解けるようになったね」「昨日よりもうまくなってる」など、過去と比べて良くなった点や努力した過程を褒めてあげるようにしましょう。

さらには、「練習頑張ったから勝てたんだね」など、苦労して出した結果を労う言葉も忘れないようにしてください。

まとめ

このように、子供のためを思って発した言葉でも、子供にとって逆効果となることもあります。

親が思う以上に、親の言葉は子供に重くのしかかるものとして接していく必要が大切ですね。

子供を褒めてあげる時は、褒めるタイミングを間違えないように気を付けながら、目線を子供に合わせて心をこめて言葉に気持ちを込めて話しましょう。

その際、子供でもわかりやすいように具体的な言葉かけをすることが大切です。

子供の自信ややる気を引き出すスイッチは、親の言葉かけ1つでオンになることを忘れないでください。