肌荒れのときは、どんなクリームを使いますか? 今回は保湿に使われるクリームの中で安全性の高い「プロペト」をご紹介します。実はプロペトとは白色ワセリンのことなのですが、このプロペトがいま、保湿効果と安全性で人気が高まっているようですよ。

プロペトってなに?

ワセリンは昔から女性に人気の保湿剤です。今も大きな容器で購入して、顔のお肌からリップから髪の毛から何まで使うという女性もかなりいますよね。

プロペトとは、ワセリンの精製状態での名前です。ワセリン→白色ワセリン→プロペトと精製度が増しています。プロペトは軟膏の調剤用として使われており、つまり他の薬剤と混ぜて処方されるほど安定性が高い物質です。アレルギー反応を起こしにくいのも特長です。ちなみにプロペトよりもさらに精製度が高く、不純物の混入が少ないのがサンホワイトです。プロペトでもかゆみが出ると言う人は、サンホワイトを使うと良いのですが、お値段も高くなります。

ワセリンは黄色い色をしていますが、これは不純物によるものです。不純物が入っていると、不純物が紫外線によって酸化して、皮膚にダメージを与えてしまうことがあります。それを防ぐために精製してできるのが、白色ワセリンやプロペト、サンホワイトです。

ワセリン=「油分の膜を張る」という使い方

ワセリンやプロペトの使い方は、皮膚を油分でコーティングし、水分が蒸発しないように膜を張って守るというのが基本になります。化粧水などで肌に水分を与えて、その後にプロペトを使って皮膚からの蒸発を防ぎます。

油分でできているため、使用感は実はあまり良くありません。ベタベタする感じが苦手な人にはなかなか慣れないかもしれませんが、乾燥肌でお悩みの人には強い味方となってくれるでしょう。

白色ワセリンやプロペトは、ドラッグストアでも売られています。ただ、おなじみの青いパッケージのワセリンとは違い、包帯や精製水といった棚のあたりに置かれていることが多いです。他の保湿クリームはたいてい保湿用品の棚に置かれていますが、プロペトはそこに並んでいないため、わからなければ店員さんに聞いてみるのが早いでしょう。

顔からかかとまで保湿ケアにプロペト

保湿ケアとしてプロペトを使う場合の使用法をいくつかまとめておきます。

お風呂上がりに濡れたままプロペトを塗り込む

お風呂から上がった後は、急激に肌から水分が蒸発していく瞬間です。プロペトを塗ることで、水分の蒸発を防ぎつつ、うるおいを保ってくれます。皮膚の温度も比較的高いので、のびが良いのも嬉しいところです。

プロペトでラップしてパック

リップなど、特に乾燥で悩んでいる箇所には、プロペトをたくさん塗ってラップでパックするのがおすすめです。顔にも行うことができますが、拭き取る際などに刺激を与え過ぎないように注意しましょう。たまに行うスペシャルケアとして、プロペトパックは安全で効果的です。

プロペト塗って手袋・靴下

指先や手の甲、かかとなどは乾燥しがちです。そんな部位にはプロペトをやさしく塗って、手袋や靴下でカバーしてみましょう。市販のハンドケアやかかとケア専用品を使わなくても、100円ショップなどで手に入る綿の手袋などでじゅうぶん効果的です。1週間も続ければ、ささくれも起こりにくくなり、かかとも角質を削り落とす必要がないくらいふっくらするでしょう。

プロペトを使って応用ケア

プロペトはただの保湿剤としてだけでなく、応用的に使うこともできます。

日焼け後のケア

日焼けをした後に保湿が必要だというのは知っていても、普段のケアよりどこまで集中的に保湿ができるかと言うと微妙なところではないでしょうか。そんなときこそプロペトです。日焼けのダメージは想像以上に深刻なもので、ただ皮膚が焼けるというだけでなく、ひどい乾燥に見舞われたり、そのせいでかゆみまで起こることもしばしばです。そうなる前に、日焼け後にはプロペトをしっかり塗り込んで、悪化するのを防ぎましょう。

切り傷にもプロペト

実はワセリンは、格闘技の試合中に出血した際の簡易的な止血としても使われています。プロペトがあれば、傷跡を残したくない切り傷をキレイに治すことができます。最近は傷は乾燥させない方が早く治ることがわかってきたため、常にうるおいを保てるプロペトを塗ってラップなどで保護しておくと、キレイに治るでしょう。

アイメイクのクレンジングにプロペト

勝負メイクをすると、アイメイクが濃くなってしまうものです。つけまつげの接着剤なんて、皮膚に良いわけがありませんよね。でもプロペトがあれば、綿棒にとって肌に負担をかけずにクレンジングができます。濃いメイク部分だけプロペトで落としてしまって、あとは普通のクレンジング剤でやさしくメイク落としをすれば大丈夫。

まとめ

プロペトは体のすみずみまで使える、安全性の高い保湿剤だということがわかりました。乾燥肌への使い方としては、先に水分補給をしてからプロペトを塗ると良いようですね。もし赤ちゃんなどかなりの敏感肌に使う場合には、できればプロペトよりサンホワイトを使った方が安心かもしれません。でもたいていの場合にはプロペトで十分な効果が得られるでしょう。ぜひプロペトをスキンケアに使ってみてはいかがでしょうか。