最近、児童虐待のニュースが何かとテレビを賑わせており、何とも言えない気持ちになってしまいます。子どもを育てられないのであれば、最初から産まなければいいのにと、胸が痛くなってしまいます。

ニュースでは児童虐待とひと言でくくられていますが、実際には児童虐待にも種類があります。

児童虐待とは

児童虐待は大きく分けると、

  • 身体的虐待
  • 性的虐待
  • 心理的虐待
  • 育児放棄(ネグレクト)

の4つに分かれます。児童虐待というと、暴力をふるうだけのように感じますが、子どもを精神的に追い詰めていく行為や、口汚い言葉でののしることも虐待とみなされます。

どのような虐待になるのか、詳しくみてみましょう。

身体的虐待とは

いわゆる子どもに暴力をふるうことになります。殴る、蹴る、高いところから落とす、激しく揺さぶるなど、体に外傷が残るような、または外傷が残る可能性のあるような暴力をふるうことです。

しつけの一環として、子どもを叩くことはありますが、どこからどこまでがしつけで、身体的虐待にあたるのかは難しいところです。しらない他人からすると、全て暴力に見えてしまうため、線引きが難しいのが実情です。

性的虐待とは

子どもにわいせつな行為をしたり、または子どもにわいせつな行為をさせることです。子どもに対して性器を見せつけたり触らせたり、わいせつ物や性的行為を見せつけることも含まれます。

お風呂上りに親が体をふいてあげることは、もちろん性的行為に含まれませんが、あえて性器ばかりを見たり、触ったりするのは問題になります。

心理的虐待とは

子どもに対し、心理的に暴力をふるうことです。暴言を吐く、無視する、どう喝するなど、子どもを精神的に追いやっていきます。子どもの存在自体を否定する行為になるため、子どもが精神疾患になることも考えられます。

子どものことを否定し続けると、子どもは生まれてきたことすら自分自身で否定するようになってしまいます。長期的に心理的虐待を行うと、子どもは大人になっても、その傷を癒やすことが難しくなります。

育児放棄(ネグレクト)とは

子どもの育児を放棄することで、心身共に正常に生育することを妨げる行為となります。食事を与えない、病院に連れていかない、自宅に閉じ込める、汚れたままでも放置するなど、子どもが著しく心身ともに発達していくための妨げをする行為になります。

しつけのためにおやつをあげなかったり、ごはんを一食抜くなどは、ネグレクトにあたりませんが、あまり頻繁だとネグレクトの疑いがあります。

このように児童虐待とひと言でいっても、いろいろな虐待があります。これらは全て法律で禁止されている行為となります。児童虐待防止法第2条にあたるため、自分の子どもだからといって、なにをしてもいいというわけではありません。

ネグレクトの種類

児童虐待のネグレクトは大きく分類すると

  • 積極的ネグレクト
  • 消極的ネグレクト

この2種類に分かれます。

積極的ネグレクトとは

経済的にも余裕があり、子どもを育てる時間もあるのに、育児を放棄してしまうことです。育児ができない理由はないのに、育児を自らしなくなってしまうのです。

消極的ネグレクトとは

経済的に余裕がなく、子育てをするための知識も不足している、または知的障害や精神疾患を抱えているというケースです。育児をしたくても、さまざまな事情がありできない状況にあります。

食事を与えればネグレクトじゃない?

子どもに対するネグレクトはさまざまですが、食事を与えなかったり、長期的に子どもを自宅に放置するなどを耳にすることがあります。

子どもに何も食べさせないことが、ネグレクトと勘違いしている親もいるようです。何日も同じ食べ物ばかりを与えたり、おかしを食事代わりに与え続けるなど、これらも立派なネグレクトの一つです。

子どもを自宅に放置している親でニュースになっている場合、多くは食べ物を置いていたと口をそろえて言いますが、小さな子どもが自分で火をつけて、調理をするなど無理なことは目に見えています。

食べ物をただ与えているだけでは、ペットでも病気になってしまうことでしょう。快適に生活できる空間を与え、愛情を与えることで、心も体も正常に発達していくことができるのです。

また、大人の遊びを優先させて、子どもを放置するのもネグレクトになります。SNSやゲームに夢中になり、スマホから片時も手を離さない親もいるようですが、子どもはそれをどう見ているでしょうか。

四六時中、子どもにべったりしていると、ノイローゼのようになってしまうのものですが、子どもとベッタリできる期間は、それほど長くはありません。せいぜい数年間のことです。

もしかして自分はネグレクトにあたるかも…と不安に感じるなら、まずは周囲に相談をしてみることが大切です。

自分自身にストレスがたまっていたり、問題を抱えていると、ネグレクトを引き起こしてしまいやすいので、誰かに話を聞いてもらうことは、とても大切です。

大人やペットにまで浸透しているネグレクト問題

最近では子どもに対するネグレクトだけでなく、障害者や高齢者、またはペットに対するネグレクトを行うことも社会問題化されています。

また、成長した大人が、自らの生活や仕事を放棄してしまうセルフネグレクトも問題視されています。外部との接触を一切断ち切り、食事もとらず、投薬も介護も全て求めずに、自ら命を絶ってしまうこともあります。