妊娠するとお腹だけでなく、腰にも大きな負担がかかりますよね。妊娠中は腰の痛みに悩まされ続けていたという方も多いようです。

出産してからはお腹の重みもなくなるので、やっと腰の痛みから解放されると思っていると、今度は日々成長していく赤ちゃんを毎日抱っこする生活が始まるため、いつまでたっても腰痛から解放されることがありません。

赤ちゃんは毎日のように体重が増加していきますので、腰痛を抱えながら抱っこをしていくと、さらに腰痛が悪化していきます。

かといって、泣いている赤ちゃんを放ったらかしにしておくことはできません。常にお父さんやお婆ちゃんが近くにいるなら良いですが、一人でいるときのほうがほとんどのため、つらい腰痛にムチをうちながら、泣く泣く赤ちゃんを抱っこするしかありませんよね。

抱っこで腰痛になる原因

腰痛になるのはさまざまな原因が考えられますが、骨盤の歪みや抱っこをしているときの姿勢、赤ちゃんを抱きあげるときの姿勢などが考えられます。

女性は出産するために、もともと骨盤が柔らかいため、歪みやすいとされています。出産後は骨盤が開いているため、気をつけなければ、元の状態に戻りません。

骨盤が歪んだ状態のまま放置しておくと、腰痛の原因になってしまうので、産後は意識的に姿勢をよくするように心がけましょう。

赤ちゃんを抱っこしていると、つい同じ方向ばかりで抱っこしてしまうこともありますよね。一方ばかりに赤ちゃんの体重がかかってしまうと、当然、腰の負担は大きくなります。

また、赤ちゃんを長時間抱っこしていると、疲れから上半身が反った姿勢になりやすくなります。同じ姿勢を続けていると、言うまでもなく腰に負担がかかってしまいます。

赤ちゃんを抱っこしたまま、家事をすることも多いと思いますが、料理をしたり、赤ちゃんに食事をさせたりするときに、体がひねった状態のままになってしまいます。

体をひねった状態のままにしていると、体だけでなく骨盤の歪みの原因にもなってしまうので、なるべくひねった状態を作らないようにしましょう。

赤ちゃんを抱きあげるとき、きちんと屈んだ状態で抱っこをせずに、つい立ちあがった状態のままで抱っこをしてしまうこともありますよね。

膝にも負担はかかりますが、腰だけで赤ちゃんを持ち上げようとしてしまうため、ものすごく腰に負担がかかってしまいます。

ベッドやベビーカーから赤ちゃんを抱いたり、降ろしたりするとき、いろんなシーンで赤ちゃんを抱っこする機会がありますが、腰に一番負担がかかるのは、赤ちゃんを抱っこしているときでなく、持ち上げるときと降ろすときなのです。

腕の力だけで赤ちゃんを抱っこすることもありますが、これも背中と腰に負担がきますので、気をつけましょう。

抱っこで腰痛になるのを避けるためには

赤ちゃんを抱っこして腰痛になってしまうと、思いどおりに抱っこができないだけでなく、赤ちゃんも抱っこをしてほしくて泣いてしまうため、気持ちもイライラしてしまうものです。

腰痛

毎日の生活の中で、ちょっとしたことに気を付けるだけで、腰痛は避けられるものです。日々の積み重ねにより、腰痛は悪化しますので、予防対策をしっかりとりましょう。

前かがみの抱っこは腰痛の元に

立ったままや前かがみのまま、赤ちゃんを抱っこすると、腰に負担がかかります。必ず腰を落として、膝を曲げることを意識するようにしましょう。

一日に何度も抱っこを求める赤ちゃんに、これを実践していると、次は膝が痛くなってきます。腕の力も一緒に使うようにして、体全体に力を分散させるようにしましょう。

抱っこするときは補助グッズで腰痛を回避

抱っこをするときも、できれば両手で抱きかかえるようにすると、腰への負担は軽減されます。しかし、忙しいときは、つい片手の抱っこになってしまうことが多いものです。

片手で抱っこをすると、腰に子どものお尻を乗せて、安定させてしまいます。体は楽なように感じますが、実は体を歪ませてしまう原因になってしまいます。
長時間抱っこをしなければならない場合は、スリングやおんぶひも、抱っこひもなどを活用すると良いでしょう。

お風呂タイムの抱っこは腰痛の危険が大

赤ちゃんの世話をしているときにも、腰痛への配慮は必要です。食事やおむつ替えのときなどは、同じ体勢になりやすく、腰に負担もかかってしまいます。中でも、一番腰に負担がかかってしまうのが、お風呂ではないでしょうか。

ベビーバスを購入して、お風呂に置いて利用している方も多いですが、赤ちゃんをお風呂に入れるときに背中が曲がった体勢のまま、長時間いるため、腰だけでなく、体全体が痛くなってしまいます。

これを毎日繰り返すと、腰にかなりの負担がかかってしまいます。もしお風呂タイムに腰をやられてしまうと、赤ちゃんの命に関わることもあるので、腰痛ケアはしておきたいですね。

もともと腰痛持ちだという方は、無理にお風呂場で座った状態になるよりも、立ったままの状態でお風呂に入れることを考えるのも、一つの方法です。
お風呂場で入れないとかわいそうと考える方もいらっしゃいますが、赤ちゃんを守る意味でも、立ったままの沐浴を考えたほうが良いでしょう。