わたしたち大人よりもずっと小さくてか弱い赤ちゃん。そんな赤ちゃんが、急に顔を真っ赤にしてうんうんうなったり、強くいきんでいたりしたら、どうしても心配になりますよね。とても苦しそうな上、なにがそんなに苦しいのか尋ねることもできませんから、不安になるのは当然のことです。なかには、とても苦しそうに泣き出してしまう赤ちゃんもいます。いったいどうしたらいいかわからず困ってしまった経験のある方も多いことでしょう。

そこで今回は、新生児のいきみやうなりについて、その原因や対処法をご紹介します。

赤ちゃんはなぜいきみ・うなりの原因はなにか

生後数ヶ月までの赤ちゃんは、特になんの前触れもなく、急にいきみはじめることがあります。顔が急に真っ赤になるので、ぎょっとして驚いた人も多いでしょう。

その上、「うーうー」「うーんうーん」と低いうなり声をあげたり、時には顔を真っ赤にしたまま泣き出したりすることもあります。

そうやって新生児がいきむ、もしくはうなるときの原因として考えられる理由はいくつかあります。簡単にまとめてみました。

げっぷがうまく出しきれずに苦しい

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ母乳やミルクを上手に飲むことができず、空気も一緒に飲み込んでしまうことがよくあります。その分胃に空気がたまりやすいですが自力ではちゃんとげっぷができないため、母乳やミルクを与えたあとには必ずげっぷをさせるようにしましょう。うまくげっぷさせることができないと、飲み込んだ空気でおなかがふくらんで苦しくなり、いきみやうなりがひどくなります。

おならが出なくておなかが苦しい

げっぷをうまくできなかったためにたまった空気は、胃を過ぎて腸のほうに進んでしまうため、おならとして出すことになります。

ですが、生まれたばかりの赤ちゃんはまだ腹圧を上手にコントロールすることができません。その分スムーズにガスを吐き出すことができず、腸が圧迫され苦しいので、いきんだり、うんうんうなったりするようになります。

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ自分で寝返りをうつことすらできません。運動量が少ないこともおなかにガスがたまりやすくなる原因のひとつですから、その分ますますおなかが苦しくなりやすいのです。

便秘でおなかが苦しい

ミルクや母乳ばかり飲んでいるのに、と不思議に感じるかもしれませんが、赤ちゃんは案外便秘になりやすいものです。特にミルクを多く飲んでいる赤ちゃんは便秘になりやすい傾向にあります。

便秘になると、当然おなかが張り苦しく感じます。わたしたち大人が便秘になったときと同じ症状です。

そのため、赤ちゃんは便秘になるといきんだりうなったりして、なんとか便を出そうと体にちからを込めるのです。

赤ちゃんがいきんだりうなったりする背景には、主にこの3つの理由のうちのどれかが関係していると考えられます。

赤ちゃんがいきんだりうなったりしはじめたときにはどう対処すればいい?

赤ちゃんのいきみ・うなりを解消したいときには、先ほどご説明した3つの原因について対処してあげるようにしましょう。

授乳後のげっぷ出しを丁寧に行う

授乳後には毎回げっぷを出させていても、その量が不十分な場合があります。その場合には、赤ちゃんはその苦しさからいきんだりうなったりするようになってしまいます。

そんなときには、授乳後一度げっぷが出たあとも、しばらくは赤ちゃんの体を立てた状態で抱っこしておいてあげましょう。およそ5分くらいその姿勢で抱っこしていてあげると、一度目はうまく出せなかった残りの空気も吐き出しやすくなります。

運動不足解消のため、軽い体操をさせる

腸にたまったガスを体の外に出すには、腸のはたらきを活性化させる必要があります。そのためには、赤ちゃんの体を動かし、軽く運動させてあげるのが効果的です。

体操は、食後一時間ほど経ってから行います。足を軽く曲げたり伸ばしたり、体を横向きにしたり、しばらく立て抱きにしてあげたりして、生まれたばかりの赤ちゃんにも負担にならない程度に体を動かしてあげましょう。機嫌のよいときを狙って行うのがポイントです。

おなかをマッサージし張りを解消させる

便秘でおなかが張っているときは、外からおなかをマッサージして自然な排便をうながしましょう。

いくら便秘とはいえ、大人である自分にするようにおなかを押しながらのマッサージではありません。

そこまで力を入れるのではなく、ただ赤ちゃんのおなかを時計回りに、ゆっくり円を描くように撫でるようにしましょう。

このマッサージをするときは、食後は避け、起きたあとやお風呂上がりなどにしてみてください。

いきみ・うなりのせいで泣き出したらすぐ落ち着かせてあげよう!

いきんだりうなったりすることは、赤ちゃんの生理として自然なことです。しかし、あまりにひどくいきんで泣き出してしまうことが多いと、へそヘルニアになってしまう可能性が出てきます。つまり、でべそになってしまうのです。

ですから、いきみすぎて赤ちゃんが泣き出したときにはすぐに抱っこし、落ち着かせてあげるようにしましょう。そうやってケアしてもすぐには泣きやまないとき、また先ほどご紹介した対処もあまり効果がないように感じるときには、産婦人科や小児科の診療を受けてきちんと相談するようにしましょう。