赤ちゃんが夜中に泣き、抱っこしても授乳をしても何をしてあげても泣きやまないことがあります。それが赤ちゃんの夜泣きです。何とかしたいけどどうすればいいの…?そう思うママ必見!今回は夜泣きについて詳しく紹介していきたいと思います。

夜中に赤ちゃんが泣くワケ

赤ちゃんが泣いていると「何を求めてるのかな」「何が嫌なのかな」と、ママは原因を探しますよね。お腹がすいた、おむつを替えてほしい、暑い寒い…その原因と思われるものを全て排除しても泣きやまない赤ちゃん。

昼間だとニコニコご機嫌が良いことが多くても、夜中はまるで火をつけたように号泣する赤ちゃんにお世話するママもどっと疲れてしまいます。

実は夜中に赤ちゃんが泣く理由は詳しくは解明されていません。つまりすぐに泣きやむような解決方法はないのです。

ただその理由としていくつか考えられることはあります。

まず「睡眠サイクルを体の中で作る際に起こるもの」という考え方。人は眠っている間浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返します。赤ちゃんはこのリズムが出来ておらず、浅いレム睡眠の時にそのまま目覚めてしまうことが考えられます。赤ちゃんとしては「眠っていたかったのに起きてしまった…!(不快)」と泣いてしまうのです。

夜泣きは生後半年から1歳半において多く、これは成長過程であると考えれば泣くのはしょうがないですよね。
大体1歳半を過ぎるとまとまった眠りが出来るようになり夜泣きも減っていきます。

また「寝た時の状況との違いに不安を感じている」という説もあります。
これは授乳で寝かしつけていると多いといわれています。いわゆる添い乳ですね。赤ちゃんからしてみれば、寝る時にはママのおっぱいがそばにあって安心して寝られたのに、起きたら「…おっぱいが無い!無い!いやー!!(号泣)」となるわけです。

おっぱいに頼ることなく安心して寝られるように、少しずつ寝る際の授乳を減らし慣らしていきましょう。

その方法として赤ちゃんが眠そうにしていたら、部屋を薄暗くし一緒にゴロゴロして「寝る時間」であることを赤ちゃんに認識させます。ある程度の時間を一緒に過ごしてそっとその場を離れることを繰り返していくと赤ちゃんはだんだんその状況に慣れていきます。最初はひどく泣かれるかもしれませんが、そこはぐっと我慢。10日間ほど続けると、少しずつ泣かずに眠れるようになるでしょう。時には寝かしつけをパパにお願いするのもいいかもしれませんね。

観察し見守る心の余裕を

実は夜泣きの概念は世界共通ではありません。欧米では赤ちゃんであっても一人の人間であるという考え方があり、既に一人部屋があてがわれ、親と別々に寝ることも当たり前です。そして赤ちゃんが泣いてもすぐに抱き上げるようなことはせず、様子をみるのが普通なのです。そのため「赤ちゃんは昼でも夜でも泣くものである」という考え方を誰もがきちんと持っているのですね。

日本と違うのは、赤ちゃんのそばにつきっきりにしないという人が多いこと。離れていても様子を確認できる「ベビーモニター」が浸透しているのはそういう背景なのです。

日本の場合は、家が木造で音が漏れやすく、かつ隣近所との関係性を大切にするような風習があり、夜の泣き声に敏感になることで「夜泣き」という言葉や概念が生まれたとも言われています。

夜中赤ちゃんが泣いてもすぐに泣きやませなきゃと思う必要はなく、もし原因が分からないのならそっと見守って様子をみてみましょう。

そうはいっても「泣いている赤ちゃんを放置するなんて…!!」と思うママもいるかもしれませんね。ママには母性本能があるためそう思うのも無理はありません。そんな時はこれは「放置」ではなく「見守り」「観察」と考えて割り切りましょう。

どうしても気になるようなら、抱き上げることはせずに、優しくポンポンとお腹や背中をたたいてあげたり、歌を歌ってあげたりするといいですね。ある程度泣くと泣き疲れて寝てしまいます。

夜泣きは今だけの悩み

夜泣きは赤ちゃんによっても個性があります。まるで昼夜が逆転したように夜中何度も泣いてしまう赤ちゃんもいれば、ほとんど泣かない赤ちゃんもいます。夜泣きをしてしまうのは決してママのせいではないのです。そして夜泣きは永遠に続くものではありません。ひどい夜泣きをする赤ちゃんも、成長しある日スッと朝まで寝るようになるケースも少なくないのです。赤ちゃんから幼児になるためのステップとして『赤ちゃんである今だけの悩み』と思えたら少し気が楽になりませんか。

夜泣きをすると「家族が起きてしまう」「近所に迷惑かも」と思うと、何とか泣きやませようとしてしまうもの。そんな場合は、パパや家族に対して夜泣きのことを理解してもらうようにしましょう。また近所の人には「いつも騒がしくてすみません、ご迷惑をお掛けしています」と言えば意外と泣き声に気づかれていなかったことが分かったり、先輩ママとしてアドバイスをしてくれるかもしれません。

ママが一人で抱えてしまうとますます追い込まれてしまい、毎日夜が来るのが怖いと思うようになったらキケン。自分の気持ちを打ち明けたり、伝えたりすることで、「これは当たり前の事なんだ」「成長している証なんだ」と思えるようになっていくでしょう。

夜泣きで悩んでいるママはあなただけではありません。いつか「そんな時もあったなぁ」」と笑って話せる時が必ず来ます。今は大変な時期かもしれませんが、この時期を乗り越えていきましょうね。