双子を乗せたベビーカーの可愛らしさと言ったら、もうたまりませんよね。一人でも愛らしい赤ちゃんが同時に二人も乗ってるなんて!それだけで周囲の人は自然と笑顔になると言うものです。

とはいえ、双子を育てるママとしては、星の数ほどある一人用に比べて「双子用は何でこんなに種類が少ないの…」と二人乗りベビーカー選びに悩む声も多いことが分かっています。

そこで今日は、二人乗りベビーカーの種類やそのメリットやデメリット、ママのライフスタイルに合わせた選び方についてまとめてみました。

二人乗りベビーカーを選ぶ時のポイント

二人乗りベビーカーを選ぶ上でのポイントと言えば、「いかに実用的で使い勝手が良いかどうか」を見極めることが重要となってきます。

これは、ベビーカー本体の機能性はもちろんのこと、一番良く使う人(ママ)の住環境やライフスタイルにピッタリな種類のベビーカーを選ぶかどうかで、その後の育児に大きな影響を及ぼすとして、購入前にはいくつかのチェックをしていかなければなりません。

まず、お住まいが一戸建ての場合は門扉から玄関までのアプローチの幅であったり、マンションの場合はエレベーターにスムーズに乗れるかどうか、近くのスーパーの出入り口や商店街などの道幅にも着目することが大切です。

また、所有車のトランクの大きさや、ベビーカーを折りたたんだ時にはどれだけコンパクトなるかも確認しておきましょう。

育児休暇後に働く予定のママは、保育所までのアクセスに使う電車やバスにも、ベビーカーがスムーズに持ちこめるかどうかの確認も必要不可欠です。

ちなみに、二人用ベビーカーには、一人用にあるような生後一カ月から使えるA型や腰が据わった時期から使えるB型と言った種類は無く、赤ちゃんの成長に合わせてリクライニングの角度を変えながら使用していくタイプに限られています。

主な種類としては、いわゆる二人が前後で座る「縦型タイプ」と並んで座る「横型タイプ」の二つに大きく分けられていますが、これとは別に生後7カ月くらいから使用できる軽量の「バギータイプ」もあります。

縦型ベビーカーのメリット・デメリット

縦型の二人乗りベビーカーは、赤ちゃんが前後に並んで座るタイプのベビーカーです。

縦型の形状は、一人用のベビーカーを縦に接続したようなタイプが一般的ですが、段差の付いた二段式になっているタイプもあります。

こちらは、幅が一人用と変わらないなど、横型に比べてスリムなので、エレベーターやお店の出入り口など狭い場所でもスムーズに通ったり、小回りにも自由が利くと言ったメリットがあります。

また、縦型は双子だけでなく年子にも使いやすく、上の子を後ろに乗せることで安定感が得られますし、ほとんどのメーカーには荷物カゴが付いているため、買い物にも大変便利です。

反対にデメリットとしては、横型に比べて縦に長いため、「ベビーカーが押しにくい、操作がしにくい」ことが挙げられます。

特に赤ちゃんの月齢が進むと体重も重くなるため、操縦はさらに難しくなると言った声も聞かれます。

また、生後2カ月から使用可能なものもありますが、大半は生後半年以降からでないと乗れないものが多く、リクライニングがないタイプがほとんどです。

更には、前方に座ってる赤ちゃんと距離があるため、ママが頻繁に確認できないことや、どちらが前に乗るかで双子が喧嘩をしてしまうと言ったデメリットもあります。

横型ベビーカーのメリット・デメリット

横型の二人乗りベビーカーは、赤ちゃんがそれぞれ横に並んで座るタイプのベビーカーです。

こちらは、縦型に比べてコントロールがしやすく、その見た目からも双子が並んで座っている愛らしさを十二分に堪能できるメリットがあります。

また、ベビーカーを押しながら二人の様子に目が届きやすく、ねんね期から使用できるようリクライニングも可能なため、赤ちゃんの身体に負担なく生後1カ月くらいから使用ができるので、1カ月検診の時などのお出掛けには大変便利に活用できます。

但し、デメリットとしては、作り上どうしても横幅が広くなってしまうため、狭い出入り口や通路で運転が困難になったり、混雑する時間のバスや電車内での使用時には場所を取ることでママが人目を気にして精神的に辛い思いをすることもあるようです。

更には、エレベーターによっては通れないサイズもあるので、乗れなかった場合は遠回りを強いられるなどの手間がかかることも分かっています。

バギータイプのメリット・デメリット

バギータイプの二人乗りベビーカーの主な特徴は、何と言ってもその軽さです。

従来の縦型や横型ベビーカーに比べても、その重さは断トツに軽く、折り畳む際もよりコンパクトに仕上がります。本体が大変軽いため操作も容易くできるとあって、大人がママ一人であったとしても気軽に外出することが可能です。

しかし、その軽さが売りな一方で、買い物になどに便利な荷物カゴが付いていなかったり、カゴがないからと言って押手に荷物をかけると転倒する恐れもあるため、外出する際はなるたけ身軽で出かけることが前提となります。

また、バギータイプは横型が基本となりリクライニング機能が無いため、腰のすわった生後7カ月くらいの赤ちゃんしか使えないと言ったデメリットも見受けられます。

まとめ

一人用に比べ、どうしても大きさや重さが増してしまう二人乗りベビーカーですが、最近では軽量化が進みよりコンパクトにまとまったベビーカーが増えています。

軽さや操作性はもちろんのこと、ママや家族のライフスタイルに合わせたベビーカーを選ぶことで、赤ちゃんとのお出掛けをよりスムーズに、より楽しめるようにしていきたいものですね。

とはいえ、どのメーカーのどのタイプを選んで良いかと悩む人も多いと思いますので、もしどうしてもその場で決められない場合には、レンタルできる店舗などで試運転させてもらうのも一つの手ですよ。

ベビーグッズの中でもベビーカーは高額な買い物になるため、時間をかけてゆっくり吟味するためにも、安定期に入ったら購入に向けて準備して行くことをおすすめします。