最近「幼児英語教室」や「子ども英会話レッスン」という広告や宣伝を見る機会がぐっと増えたような気がします。東京オリンピックを控え、ますます国際化社会になるこれから先、子どもには何歳から英語を学ばせるのがベストなのでしょうか。

2020年より小3から英語が始まる

ご存知の通り、2011年から小学校5、6年生の授業に「外国語活動」という授業が始まりました。この内容は英語を「聞く」「話す」ことが中心。アルファベットの文字や単語を読んだり書いたりするのは、英語のコミュニケーションを補助する位置づけとされ重視されてはいません。

中学、高校、人によっては大学まで英語を勉強しているのに英語を話せない人が多いという反省点を活かし、これから先英語でスムーズにコミュニケーションを取るための土台作りのために考えられました。

ただこの土台を作る時期をさらに早めることで、積極的に物おじしない姿勢を身につられると考え、2020年からは「外国語活動」の授業を小学校3年生からに引き下げられることに決定しました。小学校3、4年生のうちは週1回程度ゲームや歌などで英語に親しみ、5、6年生は週3回程、読み書きを含めた基本的な英語の授業を行うことになっています。

英語は早期教育の方が良いということを知ると、親として知りたいのは英語勉強開始の時期だと思います。何歳から英語を学ばせるが良いのか、メリットと注意すべき点をご紹介しましょう。

赤ちゃん英語教育は歌をメインに!

0歳、1歳の時期は英語はもちろん、日本語も話せない時期です。この時期から英語教育に浸らせる必要はありませんが、赤ちゃんが生活する環境に英語を取り入れていくのは効果があります。その良い方法は「歌」。

英語のCDやDVDを流したりするだけでも十分OK

英語ばかりの環境にしてしまうと日本語を覚えるスピードが遅くなってしまうため、「慣れさせる」程度にしましょう。赤ちゃんは聞いていないようでしっかりと聞いています。英語の歌などを通して、日本語には無い英語の発音を聞き分けられるようになる効果が期待できますよ。

2歳、3歳になると、英語の本やおもちゃに少しずつ興味を示すようになる子どももいます。今まで聞くだけだった歌も自分で歌うようになったり、音楽に合わせて体を動かすことも楽しむように。一緒に英語の絵本を読むのも良いですね。

焦り過ぎなくてOK!!

出来るだけ早く英語を習わせたいと思っている人でも、あまり焦ることはありません。家でも十分に英語に触れることは可能ですし、まずは「英語は楽しい」と思えることが第一です。

もし早く習わせないのなら、日本語が話せるようになってくる4歳、5歳からで良いでしょう。ある程度日本語の基盤が出来てくるので、日本語習得への悪影響が減ることがその理由です。まずは体験レッスンに子どもと行きましょう。

英語教室によってもコンセプトやカリキュラムが違いますし、実際に行ってみないと授業の雰囲気は分かりません。もし子どもが乗り気でないのならこの時期は少し様子を見てもいいかもしれません。

小学生になったら…

「英語を習わせるのは何歳からが良い?」との問いに正解はありませんが、学校での授業が始まる少し前、つまり小学校低学年からでも十分だという意見が多くあります。

英語の勉強方法や教室の情報収集を充分にしておいて、子どもの希望や性格に合わせ、「やってみたい」と言った時が習わせるベストの時期。今まで全く英語と接点が無ければ子どもはなかなか英語を学びたいと思うことが無いため、それまでに英語が身近なものであることを親が教えてあげることは大切かもしれませんね。

小学生になると、未就学児の頃よりもコミュニケーション能力が上がってきます。英語教室に通うことも良いですが、自宅でスカイプを使った英会話教室で学ぶことも可能になってきます。スカイプ英会話ではパソコンなどを通してネイティブの講師からマンツーマンで授業を受けられるというものです。

近くに英語教室が無く通うのが難しかったり、少しの空き時間を有効活用したい人に支持されています。親も送り迎えが無く負担も少ないですよね。体を動かしたりすることは無く、共に学ぶ友達も出来ないデメリットはありますが、教室に通うよりも低価格であることが多いのがメリットです。

親が英語を話せなくてもしてあげられること

時折「自分が英語を話せないから、子どももきっと話せない」と思う方がいます。お父さんお母さんともに英語が苦手でも全く問題はありません。東大に入る人の親がみんな東大という訳ではありませんよね。

英語を習得するためには、まず日本語からというのは基本。家では子どもと積極的に会話をし日本語の語彙力を増やしてあげることで、英語の習得は早く簡単にできるという傾向があります。子どもの問いに対して、素早く、ゆっくり、短く返答してあげることで、子どもは喜びを感じます。この返答はもちろん日本語で構いません。自分の気持ちを言葉にし、それを伝えることへの達成感を感じることで「もっと話したい」と思うようになります。コミュニケーションを取ることの魅力を知れば、日本語力も上がりますし、外国語への興味がわきやすくなります。

子どもが小さなうちは親との会話が一番多いのですから、子どもと一緒に少しずつ英語を勉強し始めることもおススメです。子どもは新しい言葉を学ぶとすぐに使いたがります。親がそれを一緒に覚えれば会話も盛り上がりますよね。

英語を学ぶのが何歳からであっても、子どもが楽しく英語を覚えられる環境を作ってあげることが大切です!