小学館の図鑑NEOシリーズ

現代のパパママ世代が子供の頃から、「子供に楽しく勉強させたいならまず図鑑」という考えはあり、図鑑を見て育った人も少なくないと思います。最近の図鑑は昔と比べ大きく変化し、大人が見ても面白いものが多くなっています。

今回は、子供にお勧めしたい図鑑をまとめてみました。ぜひ色々な図鑑をお子さんと一緒に楽しんで見てみてくださいね。

子供にはぜひ図鑑を読ませよう

子供には勉強好きになってもらいたい、と親なら誰もが願うはず。図鑑を与えると、知らないことを知る喜びを学ぶ良いきっかけとなります

最近の図鑑の特徴は、見やすく楽しく、ページごとに目を引く驚きや発見がふんだんに盛り込まれています。ただ写真と名称が載っているのではなく、その対象がどんなものなのか、臨場感やストーリーを感じる事ができるのです。

一つのテーマをとっても、ターゲット層が異なれば入り口も異なってきます。赤ちゃんや幼児期を対象としているものは、大きめの優しいかわいらしいイラストが中心。少し大きくなると、他の対象物との比較や、子供が見たいこと知りたいことを的確にとらえ分かりやすく解説してくれます。中にはDVD付のものもあり、より理解を深めてくれるでしょう。

子供にとって図鑑は、未知の世界の宝庫です。

「これは何?」「どうして?」という疑問に対して親が頭を悩ませながら答えるよりも、自分で調べるという学習能力が驚くほど向上します。大人が読んでいても楽しめる図鑑も多いので、パパママの知識の幅を広げるのも大いに役立ちますよ。

ダントツ人気の定番!小学館の図鑑NEOシリーズ

小学館の図鑑NEO』は多くの人から支持されとても人気がある定番シリーズです。スタンダードなシリーズだと、「昆虫」や「恐竜」「花」「動物」などがあります。

小学館の図鑑NEOスタンダードシリーズ

例えば「動物」の本だとおよそ200ページの中に730種類もの動物がイラストや写真を使って分かりやすく紹介されています。

小学館の図鑑NEO動物

対象年齢は3歳から小学校高学年。

見ごたえのある内容で長く使えることが大きなメリットです。

小学館の図鑑NEOのDVD

この図鑑には120分のDVDが付いており、対象年齢に合わせて分かりやすく番組構成がされており、これだけでも欲しくなってしまうほど。国民的図鑑とも呼ばれるほど、多くの保護者に支持されています。

このシリーズには、考える力がさらに育つように作られた『NEO+プラス』シリーズがあり、その中でも「くらべる図鑑」は、比べることが好きな子供にとって興味を持ちやすい内容。

くらべる図鑑

現実世界では比べにくいものを、身近なものと比較しています。動物と船を比べてみたり、恐竜を現代の街中に置いてみたり、視覚的に実感できることでジャンルを超えて様々な分野に対し興味をそそられるでしょう。

A6の単行本タイプもありますので、持ち運びもできます。

上記の図鑑がまだちょっと難しいかな、と思ったら『子ども図鑑プレNEO』がお勧め。

ふしぎの図鑑

就学前の小さな子どもでも分かるように、文章が易しく、イラストもかわいくまとめられています。

ふしぎの図鑑の例

図鑑の対象年齢は広く設定されていることが多いのですが、子どもによっては難しい内容に拒否反応がある子もいるため、初めての図鑑にはこのようなQ&A形式のものを選ぶのも良いでしょう。

まるで写真集!講談社の動く図鑑MOVEシリーズ

講談社の動く図鑑MOVE』は何といってもその内容の美しさに目を引かれる図鑑です。MOVEとタイトルにあるように、どのページも今にも動き出しそうな一瞬をとらえた写真やイラスト。標本のように制止した写真は使われず、自然な生き物の姿や生きものの生態が良く理解できる内容になっています。

講談社の動く辞典MOVE

講談社の動く辞典:恐竜

MOVEシリーズは「動物」や「昆虫」もあるのですが、中でも一番評判が良いのは「魚」!

s-move-fish1

他の魚図鑑と比較してもクオリティーが高く、図鑑好きの子供も食い付く内容。「魚」版はさかなクンが監修しており、コラムやトークなども面白い。63分のDVDはNHKエンタープライズが制作しているテレビで放映された映像を厳選し集約。この映像だけでも図鑑を購入する価値があります。水族館に行く時は、ぜひこの図鑑で予習復習するとより理解度が深まりおススメです!

元素図鑑?!ちょっと変わったおススメ図鑑

少し変わったお勧め図鑑もご紹介しましょう。なんと元素の図鑑、その名も『世界で一番美しい元素図鑑』です。

世界で一番美しい 元素図鑑

一見大人用の図鑑に見えますが、小学校高学年の理科好きの子供なら十分楽しめますし、より得意分野を伸ばしてくれるような他には無い図鑑です。高校生くらいになると化学が苦手な生徒も多くなりますが、普段は見えない元素を様々な視点で可視化することによって身近に感じるようになります。

美しい元素の写真は女性にも人気、子供より親が楽しめる内容かもしれません。

これはビジュアルのクオリティーが高い図鑑ですが、文章も面白いのが魅力。イグノーベル賞を受賞したこともあるセオドア・グレイ氏による、元素の思いがギュッと込められており、見ごたえ読み応えは抜群です。この図鑑はスマホの専用アプリもあり、元素の写真を色々な角度で見られたりとより理解度が深まるので、合わせて見るのもお勧めですよ。

最後に

今回ご紹介した図鑑は、子供にとてもおすすめの内容が盛り込まれた図鑑の一部。他にも魅力的な図鑑は数多くあります。

検討段階で『絵本に近いものがイイかなぁ。』、『子供のなぜを答えてくれる、やさしい図鑑がイイかな(親の代わりに・・・)。』と思っていたのですが、子ども目線では、

「●●組にある、保育園と同じものがイイ。」

と実物をみて、私の4歳児の子どもは言ったりしましたので、ぜひ図鑑を購入する際は、ネットで購入するのではなく、専門書も扱うような大きめの本屋に行ってみてください(小さいとこだとビニール袋に入れられ中身を見れないので。。。)

図鑑コーナーには、人気の図鑑をはじめ、あるカテゴリーに特化したものや面白いジャンルの図鑑が揃っていて、子供も喜んで選ぶはずですよ!

ちなみにうちは何に興味が湧くかわからないので、小学館の図鑑NEOを全巻セットで購入しました。