小さな赤ちゃんは、免疫力も乏しくとても弱い存在です。大人ならば洗剤できれいに洗えばOKの食器も、赤ちゃんにそのまま使ってしまっては付着した微量の雑菌でお腹を壊しちゃった!なんて事も。

勿論、消毒なんてしたことないけどうちの子元気よ!という場合もあるのですが、どんな赤ちゃんでもしっかり健康に育ってもらう為に、使う哺乳瓶をしっかり消毒してあげるというのはとても大切な事です。

でも、消毒ってどうしたらいいのでしょう?

哺乳瓶の煮沸消毒方法

哺乳瓶の消毒で最も昔から使われている、確実で低コストな方法が煮沸消毒です。

鍋にお湯を沸かし、哺乳瓶を入れてグラグラと煮て熱で殺菌します。

自宅にあるお鍋を使う事ができますが、蜂蜜などに含まれる事のあるボツリヌス菌など熱に強い菌もまれにいますので、使う前にしっかりと洗剤と流水で洗い、消毒で使う期間は煮沸消毒専用にするとより安心です。

哺乳瓶はまず分解しそれぞれ洗います。

お湯だけで洗ってもいいのですが、母乳やミルクは油分がありお湯だけでは落ちづらいので、洗剤を使った方がよりきれいになります。

赤ちゃん用品に一般の洗剤を使うのが気になる方は、赤ちゃん用品専用の食器洗剤もあります。

スポンジは大人と同じものでいいのですが、食器洗いスポンジは衛生状態が悪くなりやすいですし、哺乳瓶や乳首は細長い形で普通のスポンジでは洗いにくい為、瓶用や乳首専用のスポンジやブラシがあると便利です。

しっかり洗って洗剤を流したら、鍋に哺乳瓶を入れて消毒します。

哺乳瓶を消毒の為に煮る時間は、沸騰してから5分間。

哺乳瓶よりも熱に弱いキャップや乳首は3分の煮沸が目安になるので、哺乳瓶を入れて沸騰後2分したら同じ鍋に入れましょう。

煮沸後に水滴が長時間残っているとそこから雑菌が繁殖してしまいますので、清潔な布巾やペーパータオルの上に広げてしっかりと水気を乾かすか拭き取り、ふたのある入れ物に保管します。

専用のケースも市販されていますが、大きな食品保存容器や、かわいいお菓子の缶を利用しても大丈夫です。

布巾やケースが汚れているとせっかく消毒した哺乳瓶が汚染されてしまうので、ケースも時々消毒しましょう。

煮沸消毒のメリットは、特別な道具があまり必要ない事、しっかり消毒された事が目に見えやすい事、汚れや洗剤が残っていてもお湯で洗い流される事です。

デメリットは、消毒中は目を離せないので手間がかかる事、やけどの心配がある事となります。

母乳育児になると哺乳瓶自体をほとんど使わない場合もありますので、どうなるか分からないし事前準備は最小限にしておきたいという方には煮沸消毒がオススメです。

なお、煮沸消毒を予定している場合は哺乳瓶を購入する時に耐熱温度の高い物を選んでください

ほとんどのメーカーの哺乳瓶は煮沸消毒が可能ですが、海外製品などでたまに耐熱温度の低いものがあります。

また、乳首やキャップは哺乳瓶本体よりも熱に弱い場合が多いので、直接鍋肌に触れないよう菜箸やトング等で支えて消毒すると安心です。

熱いお湯や瓶を触ってしまってのやけどが心配な方は哺乳瓶を持ちやすい形状の専用トングも市販されています。

その他の消毒方法

その他の消毒方法としては、薬剤を溶かした消毒液に漬け置きする方法や、電子レンジ加熱で殺菌する方法があります。

消毒液は漬けておくだけなので手軽ですが、薬品のコストがかかる、赤ちゃんが消毒液を口に入れてしまう場合がある、消毒液のにおいが気になる、といったデメリットもあります。

電子レンジ殺菌は少量のお湯を入れた哺乳瓶を加熱する、もしくは専用ケースにいれて加熱して蒸気で殺菌する方法で、こちらも手軽ですが、しっかり殺菌できたか分かり難いといったデメリットがあります。

煮沸消毒、薬液、電子レンジのどの方法でも、きちんと手順や温度、加熱時間を守っていればしっかり殺菌できますので、消毒する方のやりやすい方法を選びましょう。

ただし、薬液はメーカーごとに使用方法に違いがあったり、電子レンジ消毒する際には自宅と祖父母宅でレンジの使い方が違うなどといった事もありますので、いつもと一緒で大丈夫という思い込みは避け、いつもと変わった点があればきちんと確認して消毒を行ってください。

いつまで消毒が必要なの?

生まれたての赤ちゃんはお母さんの免疫の力を借りたままで産まれてくる為、実は免疫力が高く、そこから急低下して病原菌に対してか弱い体になり、3カ月頃からまた徐々に自分の力で免疫を獲得しだします。

4カ月すぎ頃には「なんでも口にいれちゃう!哺乳瓶だけ消毒する意味ってあるの?」というお母さんの悲鳴が聞こえる事もよくありますが、この時期になったら消毒を止めても大丈夫です。

とはいえ、急に全部止めてしまって病気は本当に大丈夫なの?と心配になるお母さんもいますよね。

赤ちゃんのお腹がゆるい時、熱っぽい・咳をしているなど風邪気味の時、外出して疲れたなど体力や免疫力が下がるような要因がある場合や、梅雨の時期、真夏といった食中毒の心配な時期は消毒をし、元気なときは消毒しないといった風に、段階を踏んで止めていくのがオススメです。

中には、哺乳瓶を使わなくなるまでずっと消毒を続けたという方もいるようですが、

適切な時期に止めて、赤ちゃんに外の世界の刺激を与えてあげるのも成長の大切なステップになります。

忙しい育児中ですので、消毒は必要な期間だけにして、少しの余裕を持ってください。