結婚には、相手の親族がもれなく付いてくることを忘れてはいけません。

相手が長男にせよ次男にせよ、義両親や親戚との付き合いは何かとあるものです。育ってきた環境も違う中、「今まで赤の他人だった人たちと家族同然の付き合いをしないといけないの?」と不安になる女性もきっと多いことでしょう。

ましてや何かと多い親族の集まりについ煩わしさを感じてしまうのも、仕方のないことかも知れませんね。

ですが、一見面倒にも見える義両親や親戚との付き合いも、あなたの気持ちを少し変換するだけでストレスフリーな関係に発展する可能性もあるのです。そこで今日は、夫の親族と無理のない良い付き合いができる秘訣をいくつかまとめてみました。

程よい距離感を保つ

夫の親族と上手く付き合う上で大切なことに、義両親に対して「嫁」であることを意識しすぎないことが挙げられます。良い嫁だと思われたい一心で頑張りすぎることは、結局自分の心をプレッシャーだらけにしてしまいます。

また、義両親側も「お嫁さんに嫌われないようにしなきゃ」と、腫れものを触るような感覚で今後の関係を模索している場合も多く見られます。

このように、お互いストレスを抱えた状態での付き合い方では、決して良好な関係を築けるとは言えません。まずは、あなたが力を抜いて、自然体で付き合えるように心がけることから始めてみましょう。

もし、家族間で考え方に相違があっても、「へー、そんなもんか」「ふーん、そう思うのね」と心で軽く受け流すことが大切です。

あなたが平常心でいることで、義両親側も神経質になる理由が無くなるため、余裕のある対応をしてくれるようになりますよ。

家族でも親戚でも、ましてや学校や職場などでも、あらゆる人間関係において気の合わない人がいない場所を探すことの方が難しいと言われている中で、社会に出れば深い付き合いになる人もいれば浅い付き合いになる人もいます。

苦手だと感じた親族に対しては心に程よい距離感を持ちながら付き合うことが大人の対応と言えそうです。

冠婚葬祭や親族の集まりにはなるたけ参加する

煩わしい親戚の付き合いの代表として挙げられるのが、冠婚葬祭や盆正月などの集まりです。ですが、こういった親戚同士の集いにはできるだけ積極的に参加することをおすすめします。親戚同士が集まると、昔話や自慢話、仕事の愚痴に至るまで、自分とは関係のない話を延々とされることもあるでしょう。

ですが、話がつまらないからといって仏頂面をしていれば、相手に良い印象を与えることはありませんが、相づち程度でもニコニコと笑顔で接していれば、相手の持つあなたの印象がガラリと変わってきます。

親戚間のあなたへの印象が良くなることは、あなたの子供にも良い影響を与えることにつながります。小さい子供は、親の作り上げた環境の中で人間関係のノウハウを学びながら、社会性を身につけていきます。家庭や親戚関係、近所や学校など、自分の周りの環境が良ければ良いほど、子供は健全なコミュニケーション能力を学ぶことができるのです。

また、親戚とうまく付き合う上で、お祝いやお悔やみの相場をきちんと把握しておくことも大切です。自分たちにもいずれお祝いが回ってくることを考えて、相場以下のお祝いで済ますことのないようにリサーチしておきましょう。

まずは夫婦が良い関係を築く

夫婦が円満な家庭は、親戚付き合いもうまくいくと言われています。義両親や親戚との付き合いを考える前に、まずは夫との関係を良いものにしていきましょう。

もし何か、夫婦間でトラブルがあった場合には、自分の親だけに頼らず義両親にも相談することをおすすめします。反対に、親の介護問題などの悩みは、夫だけでなく親戚にもアドバイスを受けることで、親族間に起きるトラブル回避にもつながります。

あなたが、夫とこれからも長い人生を共に歩むように、義両親や親戚とのお付き合いも末長く続いていきます。要は、この細く長い関係をいかに健全に維持できるかは、あなた次第とも言えるのです。そこに血縁も他人も関係ありません、相手の気持ちを思いやった行動を取れるか取れないかで、今後の付き合い方にも大きな差が生まれるのです。

親戚付き合いでのNG行動

お金の貸し借り

親族だからと言う理由で、気軽にお金を貸してほしいと言ってくる人は決して少なくはありません。ですが、そこは一線を引いた関係を保つ上でも、きっぱりと断った方が良いでしょう。どうして貸してくれないのかと問われた際には、「貸してあげたいけど、こちらにも余裕がない」と言うようにやんわりと伝えるのがベストです。

一度でもお金を貸してほしいと言うタイプは、これからも二度三度と続く可能性があり、ましたや全額が返ってくる保証もありません。長きにわたる親戚付き合いにおいて、お金の貸し借りはトラブルの元ですので、もしそれでも貸す場合は「貸すのではなくあげる」覚悟で渡した方が良いでしょう。

子供の自慢話はご法度

親戚間で多いトラブルの1つに、子供自慢があります。特に、子供の年齢が近い親族との会話では、子供の学歴自慢はなるたけ避けた方が賢明と言えるでしょう。

血のつながりがあるが故の、「同じ祖父母の孫なのに…」とお互いが心でねたみ合うような関係では良い絆は作れません。反対に、子供の自慢ばかりする親族がいたら、軽く聞き流す術を身につけるようにしましょう。彼らの自慢ゲームに乗って、子供を従兄弟たちと比較するような環境下に置くことは何の得にもなりません。