「礼服とスーツは一体何が違うの?」

「黒いスーツでお葬式に出席しても問題はない?」

誰しも一度はそんな疑問を抱いたことがあるのではないでしょうか。

ですがコレって、見る人が見ればすぐに分かるほど違いは歴然としており、礼服とスーツの用途は全く異なるものなのです。

そこで今日は礼服とスーツの違いについて、TPOや使用目的の違いを詳しくご紹介いたします。

礼服とは

ブラックスーツ

ブラックスーツは、礼服の定番と呼ばれるだけあって、時間帯を問わず冠婚葬祭に広く使える便利な略礼服です。

 

こちらは独特の日本文化によって生まれた装いであり、礼服の中で最もスタンダードな位置づけですが、その分小物や靴などのコーディネートに関しては自由度が高く、バリエーション豊かに装うことが可能です。

ジャケットはシングルダブル共に色は黒、ネクタイは慶事の場合は白やグレーが基本ですが、パーティなど華やかな席では光沢のある色柄をセレクトしたり、ボウタイにベストを組み合わせるのもおすすめです。

シャツは慶事仏事共に白のレギュラーカラー、袖を折り返してカフスで留めるダブルカフスが定番です。

慶事の際は、カフスをパールや白蝶貝にしたり、靴をエナメル素材の華やかなものでコーディネートしましょう。

弔事の際は、黒無地のネクタイに、黒オニキスのカフス、表革の黒靴などで控えめに装うことが大切です。

モーニングコート

モーニングコートは、慶事弔事共に昼に装う正礼服としての格式高い位置付けとなっています。

慶事では新郎、弔事では喪主、記念式典などの行事では主催者が着用することが一般的です。

ジャケットは襟が跳ね上がったピークドラペルの一つボタンであり、前部分の裾が大胆にカットされた形状が特徴的です。

慶事と弔事ではフロントボタンが異なる合わせ方になっており、慶事では拝み合わせ、弔事では通常の合わせ方になっています。

ベストは慶事弔事共に黒の襟付き、シャツはプリーツなしのシングルカフスで会わせるのが基本です。

スラックスは股上の深い裾の後が長めのモーニングカットとなり、ベルトは使わずサスペンダーを使用するのが定番です。

ネクタイは弔事では黒無地ですが、慶事ではモノトーンカラーのレジメンタルタイやアスコットタイを着用します。

小物類は慶事の場合は手袋は白、リネンやコットンのポケットチーフや、パールのカフスなどで華やかに演出します。

靴は慶事弔事共に、黒の革靴を着用します。

タキシード

タキシードは主に夜間に着用する準礼服ですが、気軽なパーティから厳かな晩さん会までと用途は広く、最近では昼間の着用も一般的になりました。

 

ジャケットは拝絹地で作られた一枚襟のショールカラー定番ですが、ピークドラペルやノッチドラペルなどの種類もあります。
色は黒か紺が主流で、ネクタイはブラックタイを着用します。

シャツは白のレギュラーカラーかウィングカラーを選択し、スラックスは裾はシングルで側章は1本です。

カマーバンドを着用する際ベルトは付けませんが、ベストの場合はベルト着用も可能です。

ポケットチーフは絹で作られた白色が定番ですが、色柄で遊び心を出すのも華やかな席ではおすすめです。

燕尾服

燕尾服は夜に着る正礼服の一つであり、格式の高い結婚式や披露宴などでよく着用されています。

別名イブニングコートとも呼ばれ、ジャケットの裾が燕の尾のように2つ割れていることから、日本では燕尾服とも呼ばれています。

 

シャツは通常より襟が大きく、プリーツの無いタイプを着用、ネクタイは白の蝶タイが基本で、ベストと共布のものを着用します。

スラックスの裾はシングルで側章は2本、ベルトは使用せずに白いサスペンダーを使用し、靴はオペラパンプスを合わせるのが定番です。

スーツとは

リクルートスーツ

大学生の就職活動で着ていくスーツとして、言わずと知れたリクルートスーツ。

そのオーソドックスなシルエットや紺やグレーを基調としたシンプルなカラーは、ファッション性を重視すると言うより、面接官に与える印象を意識した作りになっています。

 

ちなみに、カテゴリとしてはビジネススーツと区別されているものの、特に大きな違いは無いようです。

素材としては、絹や綿の他にポリエスエルやレーヨンなどの化繊も多く扱われています。

 

ビジネススーツ

ビジネススーツは、サラリーマンなどが通勤時に着用する背広を指します。

 

色は紺やグレー、黒と言った控えめなカラーが多いですが、淡くストライプやチェックが入った生地も人気が高いと言われています。

最近では自宅で洗えるウォッシャブル加工されたものも多く、季節を問わず年間を通して着用できるものや、背抜き仕立てされた夏用のスーツなど、好みに合わせていろいろなスーツを選ぶことが可能です。

礼服とスーツの違い

礼服とスーツの明確な違いは、そのデザイン性とカラー、そして生地の素材です

基本的に無地である礼服に対して、ビジネススーツは無地の他にもストライプやチェックの柄が入っていることも多く、カラーも多様にあります。

また、同じ「黒」でも礼服の黒は深い漆黒ですが、スーツの方はグレーがかったような薄めの黒色になります。

素材に関しても、礼服はウール100%が基本ですが、ビジネススーツはウール100%のものからポリエステルが混合した比較的安価なものも多くあります。

生地の織り方も、礼服の方が編み目を感じさせないきめ細かな作りであることが、見た目からでも判断できます。

ちなみに、礼服を喪服として着用する場合は、光沢のない生地で作られたスーツを選ぶようにしましょう。

結婚を機に礼服をそろえる男性が多い

独身の若い内は、黒のビジネススーツを礼服代わりに着用する人も多いと思いますが、新しい家族や親族が増える年齢にもなると装いにも礼儀が必要になってきます。

女性が結婚の際に嫁入り道具をそろえるように、男性も冠婚葬祭で恥ずかしい思いをしないようにフォーマルスーツ一式をそろえておくと安心ですね。

礼服の定番であるブラックスーツは、今ではデザイン性に富んだものも多く販売されており、ダブルだけでなくシングル、二つボタンや三つボタンと、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

「ダブルが正式」と言う意見は昔も今も残ってはいるようですが、時代の流れに合わせたシングルの礼服も「礼儀」を重んじる意味ではダブルと変わりはありません。