仕事上、毎日のようにワイシャツを着なければならないという男性は多いのではないでしょうか。消耗品とはいえ、決して安い商品ではないため、できれば長く着用したいと思う方も多いようです。

しかし、襟の部分にしみや黄ばみがついてきて、なかなか落とすことができなくなり、最終的にはあきらめて捨てることになるといった方も多いようです。

クリーニングに出している方でも、完全に黄ばみを落としきることは難しいようで、だんだんと黄ばみがひどくなっていくのを眺めているしかないといった方も多いのではないでしょうか。

ワイシャツの中にはセール品だけでなく、愛着のあるものやこだわりのあるものがある方も少なくありません。できれば黄ばみをきれいに落として、大事に着ていきたいものですよね。

漂白剤は2種類あります

黄ばみのついたワイシャツをきれいにしたいと思うのなら、いつもどおりの洗濯方法ではきれいに落とすことはできません。これまで落ちてこなかった洗い方を、何度繰り返しても、黄ばみがひどくなっていくだけということになります。

黄ばみは人間の皮脂が空気中の酵素と酸化することで、発生するとされており、においの原因にもなると言われています。これをそのまま放置しておくと、今度は黒ずんできて、黒ずみになってしまうのです。皮脂の上に汚れがたまっている状態のため、この汚れを落とすのは、なかなか簡単にはいきません。

黄ばみを落とすために効果的な洗剤というのは、やはり漂白剤になります。市販しているもので十分落とすことが可能です。

実際にシャツの黄ばみを落とす前には、まず自分のシャツの表示絵柄を確認しておきましょう。シャツの中には使うことができない漂白剤の種類もあるため、漂白剤を買う前に確認しておくことで必要です。

また、漂白剤を購入する前に、漂白剤にどんな種類のものがあるのか、確認しておくと良いでしょう。

漂白剤は塩素系と酵素系の2種類のものがあります。

塩素系の漂白剤

塩素系の漂白剤は、漂白力がとても強く、真っ白なシャツを漂白しておくには適しています。しかし、カラーシャツや柄が入ったシャツに利用すると、色が落ちてしまうので、利用しないようにしましょう。

一滴ついただけでも、そこの部分が真っ白になってしまうので、利用する場合は、周りに他のシャツなどを置かないようにしましょう。

カラーシャツなどの場合、塩素系の漂白剤禁止表示マークがついていることがほとんどです。漂白する前に、必ずチェックしておきましょう。

酵素系の漂白剤

酵素系の漂白剤は、塩素系と異なり、柄物やカラーシャツなどでも利用することができますが、ウールやシルクには利用することができません。

液体状の漂白剤と、粉末状の漂白剤がありますので、汚れ具合によってどちらを利用するかを決めると良いでしょう。一般的には液体のほうが酸性で、粉末はアルカリ性が強いとされていますが、漂白力はアルカリ性が強いほど、その力を発揮するとされています。

効果が強いということは、それだけ生地を傷めやすいことにもなりますので、ワイシャツの場合は液体を利用したほうが良いでしょう。

酵素系漂白剤で汚れを落とす場合

酵素系の漂白剤を用意しておき、洗面器やバケツなどに40度前後のお湯をはり、その中に漂白剤を入れます。そこにシャツをつけておき、30分から1時間程度したら、あとは普通に洗濯をすれば良いだけです。

汚れが特にひどい部分がある場合は、液体の漂白剤をそのままじかにつけておき、30分程度して洗うのも良いでしょう。

汚れがひどいのなら、襟に直接、液体の漂白剤をつけて、しばらくたってから、歯ブラシなどで汚れた部分を洗ってあげると、さらに汚れが落ちやすくなります。

それでも汚れが落ちない場合は、身近な洗剤などを利用して、黄ばみを落とす方法があります。キッチン用の洗剤は洗剤の中でも一番強力とされているため、キッチン用の洗剤を利用して、汚れを落とす方法があります。

キッチン用洗剤を汚れのひどい部分にじかにつけ、歯ブラシなどで汚れを浮き上がらせます。粉末用の酵素系漂白剤をお湯にとかしておき、その中にワイシャツをつけこみます。しばらくして、黄ばみがおちたら、あとは普通どおりに洗濯をするだけです。

これでも汚れが落ちない場合、クレンジングオイルを黄ばみの部分につけ、手でもみこむようにします。汚れが落ちてきたら、クレンジングオイルをつけた部分をしっかりすすぐようにしましょう。

重曹と粉末用の酵素系漂白剤を混ぜ合わせたお湯を用意しておき、すすいだシャツの汚れた部分に塗りこむようにします。

たっぷりと漂白剤と重曹入りのお湯をつけたら、スチームアイロンで汚れた部分をスチームしていきます。直接アイロンを汚れた部分につけるのではなく、スチームをあてるだけにしてください。スチームで汚れが落ちたら、あとはいつもどおりの洗濯方法で構いません。

ベビーパウダーで予防を

汚れを落とすことができたら、アフターケアとして、粉入りの油とり紙や、ベビーパウダーなどを活用して、黄ばみをつくことを予防するようにしましょう。

襟部分や袖部分といった、黄ばみがつきやすい部分に、ベビーパウダーや粉入りの油とり紙を軽くはたいておくと、黄ばみを予防してくれる効果を発揮するそうです。