赤ちゃんが生まれて、一番最初にお祝いを受ける行事が「お食い初め」になります。赤ちゃんが生まれて、100日目に行うお祝い事ですが、地域によっては、110日目だったり、120目だったりすることもあるようです。

 

 

お食い初めは、赤ちゃんが一生食べる物に困らないようにという思いを込めて、赤ちゃんにごちそうを食べさせる儀式になります。といっても、赤ちゃんはまだ固形物を食べることはできませんので、実際に食べさせるのではなく、食べるマネをするだけになります。

初めて魚を食べさせるお祝いになるため「真魚(まな)始め」と呼ばれたり、100日前後で祝うので「百日(ももか)の祝い」「歯がため」という呼ぶこともあります。また、初めてお箸を使うため「箸揃え」「箸祝い」と呼ばれることもあります。

赤ちゃんにとって、生まれて初めてのお祝いになるため、盛大にお食い初めを行うご家庭も多いのではないでしょうか。

お食い初めの歴史

お食い初めは平安時代から発祥したとされています。その昔、赤ちゃんが生まれて、無事に成長することが難しい時代だったため、100日前後に「生涯食べることで困りませんように」といった願いをこめて、赤ちゃんに食事をさせる真似ごとを始めたのが、お食い初めの始まりとされています。

昔の文献の記録を見ると、室町時代にまでさかのぼるため、お食い初めの歴史がどれだけ古いのかが分かるかと思います。

身内だけでお祝いする場合

初めて赤ちゃんを授かった場合、お食い初めといっても、どのように用意をすれば良いのか分からないものです。どちらかのご両親がアドバイスをしてくれるケースが多いので、分からないときは助言に従ってみておくのも良いでしょう。

最近ではお互いのご両親や兄弟だけを自宅に呼んで、お祝いをするケースが増えていますが、地域によっては親族を集めたり、仲の良いご近所さんや、友だちなども呼んで、盛大にお祝いするケースもあるようです。

ご両親とどういったお食い初めにするのか相談をして、それから場所の確保などをすれば良いでしょう。

一般的には自宅にご両親と祖父母のみで、お食い初めのお祝いをするケースが多いようです。ご両親が遠方でお祝いにこられないというのなら、赤ちゃんとそのご両親だけでお食い初めのお祝いをすれば良いでしょう。

お食い初めをする場合、赤ちゃんにごはんを食べさせる役目をするのは、「養い親」になります。その長寿にあやかることができますようにといった意味で、その身内内の最年長者が「養い親」を行います。

ご両親とする場合にはご両親に、親族一同集まっている場合は、その中の最年長者にといった具合に行うと良いでしょう。

赤ちゃんが男の子であるならば男性が、女の子ならば女性が養い親になり、赤ちゃんをひざにのせて、その年の恵方に向かってごはんを食べさせるふりをします。

 

お食い初めで用意する献立

お食い初めに用意する料理は、一汁三菜と決まっており、尾頭付きの焼き魚、煮物に汁物、香の物と赤飯を用意します

 

 

赤ちゃんがこれから大きくなるために必要な食材とされており、海のものと山のもの、飲み物と塩に赤ちゃんが困らないようにという意味が含まれています。

焼き魚は一般的に鯛を用意することが多いようです。今でもお祝いの席では、欠かすことのできない魚となっています。日本では古くからお祝いの席には、鯛が用意されることが多いようです。

しかし、地域によっては別の魚を使うこともあるため、お母さまに前もって聞いておくと良いでしょう

煮物は亀の甲羅といわれる六角形に切ったかぼちゃ、紅白用の大根とにんじん、しいたけなどといった、さまざまな食材を利用します。

汁物はお吸い物を使います。鯛や鯉の実などを利用しますが、最近でははまぐりなどを利用されることも多いようです。赤ちゃんの吸う力が強くなるようにといったことから、お吸い物を用意します。

香のものは、そのときの季節ごとの野菜を漬けたものや、酢の物などを用意しましょう。赤飯は魔除けの意味や、邪気を祓うといった意味も込められているので、必ず用意しましょう。

地域によっては梅干しも用意することもあるようです。しわくちゃになるまで長生きできるように願いが込められています。

これらの食材とは別に用意しておかなくてはならないのが、歯固めの石です。赤ちゃんに丈夫な歯が生えることを願う石になります。石はどれを使わなくてはいけないといった決まりはないですが、お宮参りのときなどに、産土神社で石を用意しておくと良いでしょう。

便利な通販

一から準備する時間がない方は、通販を活用してみては?

お食い初めの順番

お食い初めをする場合、赤ちゃんに料理を食べさせる順番が決まっています。赤ちゃんが実際に食べることはできませんので、食べさせるフリをするだけで良いでしょう。

まず最初にごはんを食べさせ、次にお吸い物、その次にごはん、焼き魚、ごはん、お吸い物といった順番に食べさせるふりをします。ひととおり終わったら、同じことをあと2回行います。料理を食べさせるふりは、合計3回行います。

料理をひととおりたべさせたら、最後に赤ちゃんに丈夫な歯が生えてくるように願いを込めて、歯固めの儀式を行います。

歯固めの石におはしを軽くあて、丈夫な歯が生えてくることを願いながら、赤ちゃんの歯ぐきにおはしの先をあてます。これでお食い初めは完了です。