お宮参りとは、神社にて赤ちゃんの誕生を祝いこれからの健やかな成長を祈るための儀式です。

赤ちゃんにとって生まれて初めての大切な行事とあって、どんなものを着て行けば良いのかと悩むママもきっと多いのではないでしょうか。

そこで今日は、お宮参りに最適な赤ちゃんの装いやパパやママの服装について詳しくご紹介いたします。

赤ちゃんの服装

お宮参りでの赤ちゃんの装いは、ベースである肌着の上に白羽二重の産着を着せて、さらに背中を覆うように祝い着(掛け着)をかけるのが正式だと言われています。

一般的な祝い着としては、男の子は黒や紺地に鷹や兜、鶴や武者などの勇ましい絵柄の入った熨斗目模様、女の子は赤やピンク地の友禅模様に手まりや蝶、ちりめんの花柄などの華やかな絵柄が描かれたものが選ばれています。

白羽二重の産着に関しては、「お祝いだから新しいものを」と新調する人もいれば、最近では「下に着るものだし、何度も着るわけではないから」と言う理由でベビードレスやツーウェイオールなどで代用する人も増えており、若い世代のママたちの間では祝い着もケープを代用するなどの簡素な装いにも人気が高まっています。

また、肌着を選ぶ際は赤ちゃんの生まれ月によって気温や湿度が変わってくるため、夏以外は短肌着の上から長肌着を重ねるなど、季節に合わせて組み合わせを変えるなどの配慮が必要となっています。

ちなみに、祝い着と言えば母方の実家が贈るのが習わしでしたが、少子化の影響もあり購入しても着る機会があまりないことから、レンタル衣装を利用するなど自由な選択が当たり前の時代になってきました。

しかし、お宮参りの祝い着は肩上げや腰上げなどの仕立て直しすることで、男女とも七五三のお祝いでも着ることができるため、記念の着物を長く愛用したいと言う人には祝い着の新調がおすすめです。

祝い着の着せ方

まず、産着を着せる前にしつけ糸を外す必要がありますが、付け紐をえり部分に留める化粧糸は外さないように注意してください。

襦袢がある場合は着物と重ねて、袖振りも通して広げておきましょう。

着せる際には、背中の絵柄がきれいに見えるように、祝い着の紐を袖の中に通し、袖山に沿うように紐を引きます。

そして、赤ちゃんを正面に向かせて抱っこし、着物の紐と袖を一緒に持って赤ちゃんと反対側の肩にかけるようにして、肩の後ろあたりでちょうちょ結びをして完成です。

末広や張子の犬などは、背中にくるように着物の紐で結んで飾り、よだれかけは祝い着の上に出すようにしてください。

また、お宮参りの数日前には、化粧箱から取りだし和装ハンガーに掛けておくと、折筋が自然と消えてくれるためおすすめです。

もしアイロンを当てる場合は、設定温度を「絹」に合わせて当て布を使ってかけましょう。

その際、スチームを使うと水滴がシミになる可能性もありますので、スチームよりも当て布を濡らしてアイロンを当てる際に出る蒸気を利用した方が良さそうです。

ちなみに、着物の中でも絞り製品に関しては、アイロンを当てると絞り目が伸びてしまうこともあるので、ケアは着物のプロにお任せすることをおすすめします。

お宮参りで着るママの服装

①着物

赤ちゃんが和装にした場合、ママの着物を着るのが一般的だと言われています。

着物の種類としては、淡いピンクやグリーンなどのお祝いの席に映える色合いの良い訪問着や色留袖を選ぶようにしましょう。

とはいえ、洋服と違って高価な着物を揃えるのは大変と言う場合は、レンタルするのもおすすめです。

今は、ネットで簡単に予約できたり、他に何も準備する必要がないと言ったフルセットで借りられるなど、利用者のニーズに応えた便利なレンタルが流行っています。

②フォーマルスーツ

フォーマルスーツは、お宮参り以外にもさまざまなシーンで活躍できるマストアイテムです。

フォトスタジオでの家族写真でもきれいに映えることから、赤ちゃんのお宮参りを機に新調するママも大変多いと言われています。

フォーマルスーツの中でも特に人気な色は、子供の受験の面接や卒業式など、今後も活用できる紺や濃グレーのダークカラーです。

生地はウールを使ったものが多く、ツイードが施されたスーツは華やかなセレモニーなどにも最適だと言えるでしょう。

③ワンピース

母乳育児中のママには授乳口付きのワンピースが最適です。

お宮参りとはいえ、赤ちゃんの食欲には「マッタ!」が効きませんので、すぐに授乳ができるワンピースは大変おすすめです。

また、手持ちのワンピースに合わせたジャケットを用意することで、フォーマルスーツにこだわることなく、豪華な装いが演出できます。

※関連記事:授乳中ってバレにくい!おしゃれで使いやすいプチプラ授乳服

祖父母やパパの服装

お宮参りの服装は、家族全員が服装の格を合わせることが大切です。

赤ちゃんだけが立派に着付けられていて、パパやママが普段着ではいけませんし、ママと赤ちゃんは正装をしているのにパパはラフなジーンズ姿では調整が取れません。

まずは、赤ちゃんを抱っこする人や付き添う人の服装を、地方のしきたりも加味しながら両家でよく話し合っておく必要があります。

一般的に、パパや祖父はジャケットやネクタイ着用が相応しく、礼服またはスーツを着て行くように心がけましょう。

祖母が赤ちゃんを抱っこする場合は、赤ちゃんの服装(着物かドレスかなど)に合わせて選択することをおすすめします。

また、靴に関しては、色や形など服装に合わせて選ぶことが大切ですが、お宮参りに行く際は「歩きやすさ」も配慮してください。

神社は坂道や階段、砂利道が続くことも多いため、赤ちゃんを抱きながらバランスを崩して転倒しないようにすることが大切です。

神社によっては、靴を脱いでお参りをすることも多いため、夏場でも裸足サンダルではなく、ストッキングにパンプスなど赤ちゃんの成長を祈願するにふさわしい格好をしていくようにしましょう。

まとめ

お宮参りとは、赤ちゃんのために行う神聖な儀式です。

だからこそ、ジーンズやスニーカーなど、一目でラフな格好だとわかる服装は極力避けた方が良いでしょう。

もし、どうしても着物やスーツが用意できない場合はなるたけ派手な色や形を避け、白いブラウスに紺のスカートやパンツなど色味を抑えたものを着るようにしてください。