ワンピースやポーチ、バッグ、パンツなどによく使われているファスナー。たまに壊れてしまうことがありますよね? 布を噛んでしまったという軽いものから、にっちもさっちも動かないという場面まで、さまざまなトラブルがあるものです。他の部分は平気なのに、ファスナーが壊れたせいで全て処分してしまわなければならないのは勿体ないですよね。

そこで今回は、ファスナーが壊れたときに簡単にできる修理の方法をご紹介します。捨てる前に一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

知っておきたいファスナーの各部名称

まずは、ファスナーの構造と名称を確認しておきましょう。

動く部分は「スライダー」です。スライドするからスライダー、分かりやすい名称ですね。色々な形のものがありますが、スライダーについているチャームが外れてしまった場合には、ペンチで隙間が小さくなるようにスライダー全体を挟んでしめれば良いでしょう。

スライダーが上下に動いたとき、何もなければすっぽ抜けてしまいますよね。それを防止するのが、「止金」です。ワンピースに付いている普通のファスナーの場合、上側にあるのが上止金、下にあるのが下止金です(布で見えなくなっていることが多いです)。ジップアップパーカーなどに使われている、オープン型のファスナーの場合には、下止金が特殊な構造をしています。

そしてファスナーについて調べたことがなければ知らないであろう部分が、左右それぞれにたくさんついている小さな噛み合う部品、「ムシ」です。エレメントとも言います。

これらの部品は、全てが樹脂でできているものと、金属でできているものがあります。

スライダーが布をかんでしまった場合

よく起こるファスナーのトラブルと言えば、スライダーが布をかんでしまうことです。バッグや服の裏地をかんでしまって、スライダーが動かなくなってしまうのです。

これを修理するのは比較的簡単で、かんでしまった布をスライダーから抜き取れば良いのです。方法は大きく2つあります。

1つ目の方法は、スライダーを逆方向に戻しながら、かんで食い込んでいる布を横に引っ張ることです。かんでいる部分を見ながら、やさしく引っ張ってみましょう。あわてているときほど、布をかみこんでしまうものなので、落ち着いて作業することが大切です。

もう1つの方法は、スライダーと布の間に隙間をつくってあげることです。かみこんでいる部分に薄い定規やマイナスドライバーを差し入れてみます。隙間ができれば、布を引っ張って外すことができます。

噛み合わせが外れて、スライダーが戻らない場合

長い間使っていなかったり、どこかでムシに変な力がかかってしまうと起こるのが、閉めた部分のファスナーが開いてしまって、スライダーを戻すことができなくなってしまうトラブルです。異常箇所より先はスライダーが動くのに、あるところから全く戻らなくなってしまいます。開いてしまったところから全て開けてみると、スライダーだけでくっついていて、まるでアルファベットの「X」の形をしているように見えます。

このトラブルは、ムシの噛み合わせが少しおかしくなってしまったことが原因です。無理やりスライダーを動かそうとすると、余計に症状が悪化してしまいます。

直し方は、異常箇所にスライダーを持って来て、スライダーの下止金側の2つの角をペンチでやさしく締めてやるだけです。こうすることで、変に持ちあがってしまっていたムシがスライダー内の高さに合うようになり、スムーズに動くようになることがあります。

あまり強く締めてしまうと、スライダーが動かなくなってしまう場合もあるので、あくまでもやさしく作業しましょう。ムシに錆びが見られるようであれば、何らかの油やリップクリームを塗って滑りを良くしてあげるとさらに効果的です。

スライダーがムシから完全に外れた場合

トラブルを力ずくで直そうとして、スライダーがムシから完全に外れてしまうことがあります。こうなってしまうと、修理も少し大がかりなものになってしまいます。

外れてしまったムシを再びスライダーにおさめるためには、スライダーの隙間を広げてムシをちゃんと挟んであげるか、下止金までむき出しにして、もう一度下からちゃんと通すかしかありません。

見た目重視の大きめファスナーの場合には、スライダーの隙間を広げて無理やりムシをおさめることができる場合が多いです。ペンチでスライダーを広げて、ムシを挟み、広げたところを再びペンチで元に戻してあげるだけです。

裁縫道具を引っ張り出してくる必要があるのが後者の方法。ポーチなどで下止金やファスナー全体の端っこが見えているものなら簡単なのですが、布で隠れていて下止金が見えていないものの場合には、縫い目をほどいてファスナー端を外に引っ張り出す必要があります。そして、下止金をペンチを使って外しましょう。そうするとスライダーがファスナーから完全に抜くことができるので、再度、両方のムシをスライダーにおさめつつ閉じてやります。その後、下止金を付け直し、ファスナー端の処理をやり直せば終了です。

まとめ

ファスナーが壊れた場合、自力で直せるものとそうでない場合があります。裁縫の得意な人にお願いするか、無理な場合にはお直し屋さんでファスナーごと取り替えてもらうのが良いでしょう。ファスナーには色んな種類があり、チャームも好きなものをつけることができるので、かえって心機一転になるかもしれませんよ。