水遊び用おむつをご存じですか? 赤ちゃんがプールなどで遊ぶとき用に開発されたおむつなのですが、まだおむつが取れきっていない内からプールに遊びに連れて行ってあげられると評判です。今回はそんな水遊び用おむつについてご紹介すると共に、赤ちゃんをプールで遊ばせるときのマナーについて確認しておきましょう。

水遊び用おむつとは?水を吸ってもふくらまないおむつのこと

水遊び用のおむつには大きく分けて2種類あって、使い切りの紙おむつタイプと、繰り返し使用できる水着寄りのパンツタイプがあります。

紙おむつタイプ

普段の紙おむつのような形状をしています。おしっこやうんちを吸収しますが、水の中で吸収しないようになっています。サイズのあったものをちゃんと選ぶことで、「おむつから漏れてしまうんじゃ……」という不安が軽減されるでしょう。ほとんどおむつが取れた赤ちゃんでも、水の中は冷えて予想外のことが起こるもの。公共の施設や友達の家のプールで遊ぶときには安心のために履いておくと良いかもしれません。

パンツタイプ

見た目は水着とほぼ同じで、外側の水着素材と内側のギャザーパンツによって2重構造になっているため、うんちが漏れ出さないようになっています。製品によっては3重構造のものもあり、おしっこの漏れにも対応しています。ただし紙おむつタイプのように吸収するわけではなく、洗って繰り返し使用するようなものなので、おむつがかなり取れたお子さん向きかもしれません。トイレトレーニングの時期に使う人もいます。

プールに連れて行くときには、施設での使用可否を必ず調べよう

近所のプールに連れて行って遊ばせようという場合には、そのプールで水遊び用おむつがオッケーなのかどうかよく確認しましょう。施設によっては、「紙おむつタイプOK」とか「パンツタイプのみOK」などというように細かく決まっています。施設内でも「このプールだけはおむつOK」のように決まりがあるので、親御さんたちは大変ですが、よく確認した上で遊ばせるようにしましょう。

また、水遊び用おむつ(紙おむつタイプ)を履いた上から水着を着せるのが一般的なようです。女の子ならフリルのついたワンピースタイプの水着を着せたり、男の子なら紫外線対策を兼ねてラッシュガードを着せれば、おむつを履いているようには見えませんよ。

赤ちゃんの体調管理をしっかりして、1時間程度で済ませよう

水遊びは、案外体力を使うものです。体が冷えたり脱水症状になることもあるので、長くても1時間~1時間半程度にしておいた方が良いでしょう。はじめからお子さんの体調があまり良くないときにはプールを取りやめるなど、いつも以上に体調に気を付けておきましょう。

プールに入るときには、先にトイレを済ませておくようにすると安心でしょう。せっかく楽しいプールですから、お子さんにも元気に目一杯遊んでもらいたいもの。万全の準備をした上で、無理をしないようにしたいですね。

そして、遊ばせている間にも、こまめにおむつをチェックして、汚れたらすぐに替えるようにしましょう。水遊び用おむつは完璧なものではなく、あくまでも補助的なものにすぎません。

まとめ

水遊び用おむつと水着があれば、幼児用のプールで遊ぶことができます。ご近所や自宅でビニールプールで遊ぶ場合なんかにも水遊び用おむつは便利なものです。そろそろ遊ばせたいなと思ったら、使ってみてはいかがでしょうか。