子供が生まれたら車を買おうと思っている夫婦もいるでしょう。そこで気になるのが、チャイルドシートです。小さな子供を乗せるときに必要、とぼんやりと知っていても、実際にどこまでの子供に必要なのか、はっきりご存じですか? 

今回はそんなチャイルドシートに関して、法律を確認しながらチェックしておきましょう。

チャイルドシートの義務があるのは6歳未満

チャイルドシートに関する法律は、道路交通法の第71条の3(普通自動車等の運転者の遵守事項)第3項が該当します。そこにはこう書かれています(抜粋)。

「自動車の運転者は、幼児用補助装置を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。 」

ちなみに、「幼児」の定義については同じく第14項に「6歳未満の者をいう」という規定があります。

つまり、6歳未満の子供を乗せるときには、「幼児用補助装置」、すなわちチャイルドシートを使用しなければいけないわけです。そして、病気のときやその他やむを得ない理由があるときにはチャイルドシートが免除されるということも書かれていますね。

身長140cmまで着用して安全を確保しましょう

ただ、だからと言って6歳になったとたんにどんな子供でもチャイルドシートをしなくて良いわけではありません。そもそもチャイルドシートは、大人用(140cm以上)に設計されているシートベルトを子供に使用すると、適切な安全性能が発揮されないことから作られたものです。そのため、大人と同じ様な体格になるまでは、チャイルドシートを装着した方が安全性が確実に高くなるわけです。

ということは、身長140cmになるまでは例え6歳以上でもチャイルドシートを使うべきなのです。実際に、チャイルドシートによって助かった命もあれば、「ちょっとの間だから」とチャイルドシートを使わなかったばかりに失われてしまった子供の命もあります。法律による義務がなくなったからと言って、安全性が確保されていると見るべきではありません。大切な子供の命ですから、かなり大きくなるまでは油断せずにチャイルドシートを使いましょう。

新生児もチャイルドシートを着用義務

ところで、6歳未満まではチャイルドシートが義務だということは、新生児もその中に入るのでしょうか? 答えはもちろん、着用義務があります。新生児であるということは病気ではありませんし、「その他政令で定めるやむを得ない理由」にも当たりません。

新生児の体は未熟なので、チャイルドシートに乗せるほうが危ないのでは? と思ってしまうかもしれませんね。しかし新生児に対応したチャイルドシートは、より自然な姿勢で赤ちゃんが横になれるように作られているので、抱っこしているよりも安全なのです。

チャイルドシートを買いに行く際には、新生児のときに使う必要があるかどうかをよく考えて選びましょう。車内でお世話をする必要があるときにはチャイルドシート着用が免除されたり、また急に熱を出したといった緊急の場合にも着用義務は免除されています。しかし、帰省や遠出の必要がある場合には、ずっと抱っこしている方が危険になります。どの程度の外出が必要なのか、産院からの退院時だけなのかなど、いろいろなケースを考えてみて、レンタルで済ませるといった手もあります。

送迎車やレンタカーでも義務があります

ちなみに忘れがちなのが、旅行中にホテルの送迎車を利用する場合などです。バスやタクシー、幼稚園の送迎車はチャイルドシートが免除されていますが、一般的なマイクロバスのような普通の座席で普通のシートベルトが装備されているなら、チャイルドシートが義務になります。

旅行と言えばレンタカーも同様です。予約時にチャイルドシートの予約も併せてお願いしておかないと、当日にいきなり申し込んでも「予約でいっぱいです」となってしまうこともあるでしょう。送迎車に至っては、小さな旅館ならそもそも用意がないなんてこともあるかもしれません。小さな子供がいる場合には、特にチャイルドシートには注意しておかなければなりませんね。

チャイルドシートが免除されるケース

チャイルドシートが免除されるケースは、前述したバスやタクシーといった運送業者の場合や応急の場合などがあります。幼稚園の送迎バスが免除される理由は、チャイルドシートが固定できるような座席ではないからです。その他にも、肥満や負傷、障害があるということも義務免除のケースになります。チャイルドシートに座らせたままでのお世話ができない授乳やおむつ交換のときにも免除になりますが、安全を考えれば本来は停車して行った方が良いでしょう。

ご近所さんが親切心から「駅まで送るよ」と言ってくれた場合、なかなか断りにくいものですが、チャイルドシート着用が義務になるので、その用意がなければお断りするしかありません。そんなときには、万が一のときにはドライバーにも迷惑がかかるということを伝えて、丁重にお断りしましょう。

ただ、子供の安全を考えれば、免除のケースでも本来はチャイルドシートがあった方が良いのは間違いありません。旅行などでタクシーに長時間乗るという場合なら、予約するときにチャイルドシートのついていえる車両をお願いしたいですね。