同僚や友達への出産祝い、どんな物を贈ったら喜ばれるのか、考えれば考えるほど悩みが尽きませんよね。他の人と同じ物になってしまうのは避けたいし、かと言って奇抜なものにして使われないのも悲しいし。すごく仲が良いわけではないと、直接聞くのも気が引ける。

そうお悩みの女性に参考にしていただけるよう、出産祝いのプレゼントのキホンから応用までご紹介いたします。

出産祝いの予算

出産祝いで一番大切なのは気持ちです。高価なものでなくて良いので、無理のない予算でプレゼントを選ぶと良いでしょう。

友人や同僚なら1人当たり約3000円から、親戚であれば5000円からが目安となるでしょう

出産祝いをもらったら、内祝いでお返しをする習慣があります。もしブランド物のすごく高価なものをあげたとしたら、相手が内祝いで少し困ってしまうこともあるようですよ。内祝いは通常、いただいた額の半額~3分の1程度の品物を贈ることになります。いきなり3万円のブランドベビー服セットをポンと渡すのは、ちょっと考えた方が良いでしょう。

もちろん、お互いに出産祝いを贈り合っているとか、家を普段から行き来するほどの仲であれば、事前にざっくばらんに話し合いながら予算を決めるのも手です。出産時期が近いのであれば、はじめから「お祝いはお互いにナシにしよっか」というのも良いでしょう。

喜ばれるのは…いくつあっても困らない赤ちゃんグッズ

出産祝いのプレゼントと言えば、赤ちゃんグッズが定番でしょう。ベビー服やブランケット、スタイといった身に付けるものから、おもちゃや絵本といった知育玩具、さらにおむつやおしりふきといった消耗品まで、様々なプレゼントが考えられます。

▼関連記事:
0歳・1歳・2歳・3歳・4歳の読み聞かせにオススメしたい絵本
ベビースタイはもはやファッション!?おしゃれママに人気なスタイとは

赤ちゃんグッズをプレゼントする場合に心がけたいのが、「実用的」、「いくつあっても困らないもの」です。例え他の人とかぶってしまったとしても、スタイなら洗い替えがあると嬉しいですし、おしりふきなら本当にいくらあっても助かるものです。

ベビー服の場合は、新生児用の服よりもサイズ80以上の少し大きめをプレゼントしておけば、お出かけしたり歩き出す頃に重宝するでしょう。

お出かけ用のママバッグやおむつケース、おしりふきケースといった収納アイテムは、どういったものが自分に合っているのか使ってみなければわからないものです

値段も手ごろなので、デザイン重視で選んでみても良いでしょう。出産前にすでに自分で用意しているものもあるかもしれませんが、それでもいずれ汚れてしまうものです。気分で使い分けたり、替えがあると嬉しいものです。

ベビーベッドや車の中で使える便利グッズもいろいろあります。おむつやおしりふき、ミルクやおもちゃといった小物をまとめて収納できるものなんかも良いですね。ベビーグッズは色使いがやわらかいものが多いので、「これって趣味じゃないかも?」と思うようなものでもたいてい大丈夫でしょう。

数人でまとめてプレゼントする場合、金額の大きなものを買うことができます。そうする場合には、あらかじめ本人にどんなグッズが良いか聞いてみた方が良いでしょう。例えば事前に連絡なく大きなベビーベッドを送られると困りますよね。大物はレンタルで済ませるという家庭もありますので、なおさら事前に素直に聞いてしまいましょう。

あえてのママ向けプレゼント

赤ちゃん用のグッズではなく、あえて出産を無事に終えたママに向けたプレゼントも良いですね。本人の親族であれば、出産を頑張ったママよりどうしても赤ちゃんを構いがちになってしまいます。何となく寂しい思いをするママもいますので、友人ならなおさらママ向けプレゼントにして気遣ってあげると良いでしょう。

出産後のケアに嬉しいクリームや、体がこわばりがちな時期なのでマッサージグッズなんかも良いですね。赤ちゃんが小さい内は、なかなか自分の時間が取れなくなるママ。ちょっとしたリラックスができるグッズを選んであげたいですね。

紅茶やコーヒーといったティーグッズについては、授乳中はあまりカフェインを摂取できません。「カフェインレス」や「デカフェ」といった表示のある商品を選んだり、そもそもカフェインが含有されていない麦茶やたんぽぽティーといったものにしましょう。

▼関連記事:
妊娠中にも飲んで欲しいルイボスティー

贈り物の定番と言えば、現金や商品券といった金券類を忘れてはいけませんね。モノで贈ることがどうしても思いつかないとか、時期がズレちゃったという場合には、ぜひ金券類を贈ると良いでしょう。いついただいても嬉しいですし、内祝いの金額に困ることもありません。もらう側からしてもとてもありがたいのです。もし現金を贈るのに抵抗があるなら、こども商品券や図書カードといった商品券にしておくと良いですね。

名入れプレゼントの注意点

赤ちゃんの名前をすでに知っている場合、名入れプレゼントを贈るという人もいるでしょう。もちろん良いことなのですが、昨今の世の中を考えると一つ注意点があります。

それは、パッと見て名前がハッキリわかってしまうような名前の入れ方をしないということです

ひらがなやカタカナで名入れをすると、犯罪者にもすぐに名前が知れてしまいます。できればイニシャルだけにするとか、少なくともローマ字で入れるといった配慮をしたいですね。

名前を入れた幼稚園用品をプレゼントするのが好きという人もいるかもしれません。あらかじめママと話した上なら構わないのですが、出産祝いの段階でわざわざすることはないでしょう。必要なときにはママが自分で用意しますし、その頃には子供の好みを最優先するかもしれません。