結婚すると女性にとっては特に「いかに節約できるか」で生活の質が変わってくるともいわれています。現代の日本の経済状況は決していいものではなく、昔のようにみんな平等という世の中ではなく、最近は貧富の差も激しくなってきたと言われるほどです。そこで節約主婦にとっては、どんな節約が毎日することができるかの情報は大変貴重になってきますよね。

結婚当初は「節約なんてどうすればいのかわからない」とか「今まで節約なんかしたことない」なんてひとも、様々な経験や情報を駆使して、立派な節約主婦になっている人も多くいます。

もちろん最近では節電商品や、節約のための商品などももちろん出ていますが、それに頼ることなく節約を楽しんでいくことが大切になってきます。
楽しまなければ節約は長続きしません。

そこで、どのように節約していくことができるのか、いくつかのアイデアを見てみましょう。

食費編

子供がいたり、よく食べるご主人さんがいるとどうしても食費がかさんでしまうもの。しかし、意外なことで食費を節約していくことができるのです。

お得な時間をチェックすべし

スーパーでの買い物は少し遅い時間に行くことで、おつとめ品など安い値段で購入できます。

品質が心配なるかもしれませんが、思っているよりも新鮮だったり、味だって保証されているものも多いのです。

特にデパートの地下などは、普通の値段では購入できないようなものが半額やそれ以下の値段で購入することができるのです。

空腹NG

よく知られていることですが、買い物する際には空腹では行かないようにしましょう。

そして、子供を連れて行く際も子供も家を出る前に何かしらお腹に入れさせてから行くと、買い物の際になにか買って欲しいとゴネられることも少なくなるでしょう。

料理ブックは厳選すべし

節約のレシピなどの料理ブックがよくレジ前などの書籍コーナーに売っています。

「節約のために」と手が出てしまいそうになることがあるかもしれませんが、本当に必要か考えましょう。

1,2冊持っておくのはいいかもしれませんが、節約料理をするためにお金を使ってしまっては意味がありません。

最近はネットが家にあるところがほとんどです。書籍を購入するのではなく、ネットで検索したり、新聞などで節約料理を紹介している時があるのでそういったものを自分で集めて見るといいでしょう。

野菜のクズを生かすべし

野菜のクズをすべて使用するのも節約主婦の技の一つです。

大根やにんじんの皮には栄養も満点です。

また野菜の皮には掃除に活躍できるものも多くあります。

捨てる前に何に使用できるかを考えるといいでしょう。

こうやって工夫することで、料理上手にもなります。

水・光熱費

節約主婦が目をつける毎月ある出費に水道代、光熱費があります。

なるべく保温調理すべし

煮込み料理は新聞、バスタオル、毛布を駆使する。

最近は火を消した状態でも調理を続けてくれる煮込み料理のための鍋なども販売されています。

それを使用すればガス代が安くなるのですが、わざわざ専用の鍋を購入するのに抵抗があるのであれば、火から下ろした鍋を新聞紙、バスタオル、毛布の順番で包み30分ほど放置すれば、柔らかく煮えます。

最適な電力プランを見つけるべし

洗濯機や乾燥機など数時間稼働するものは早朝割引で電気代を節約します。

多くの電力会社は深夜、早朝の電気代の割引を実施していますので、早めに起きて家電製品を使用するとその分節約することができるでしょう。

早寝早起きをすることで、節約主婦も健康的でいることができるという一石二鳥の効果があるのです。

洗濯機の時短機能を活用すべし

洗濯の際は「軽い汚れコース」や「短時間コース」で洗っても、汚れは普通に落ちるそうです。

長く洗うことで服の傷みも出てきますが、短縮機能だと水と電気代を浮かせることができます。

ひどい汚れがある場合には、洗濯機に入れる前に手洗いや洗濯板を使用してから洗えば、汚れもしっかり落ちます。

手数料等

最近は銀行に貯金していても、ほとんど金利がつかない状況です。それどころか「マイナス金利」などとも言われていて、とにかく手数料などが掛からないようにするのも節約主婦の賢い技の一つなのです。

  • ネットバンクに口座を一つはもちましょう。振込手数料が安いです。
  • 各料金明細を家に送ってもらうのではなく、インターネット通知にしましょう。100円程度安くなることもありますし、紙のゴミも削減できます。
  • 帰省や出張などで旅行する場合は、インターネットで事前予約をすれば最大40%程度安くなるものもあります。できるだけ早めに決めてしまえば、その分早割などを利用することもできます。
  • ・携帯の契約は大手ではなく、自社で無線通信インフラを持っていないところで契約すると、それだけで毎月数千円の節約になります。
  • 生命保険料を割引するためにタバコをやめるだけで、2~3割値引きされます。節約だけではなく健康面でもプラスです。

節約主婦になれる方法を考える

節約術について少し見てみましたが、節約主婦が100人いれば100通りの節約術があるくらい、様々な方法で節約をすることができます。

最初はめんどくさいとか大変というイメージを持ってしまうかもしれませんが、自分の努力が少しずつ貯金という形で目に見えることで、どんどん楽しくなっていくのが節約の醍醐味です。

毎日の積み重ねが大事ですので、無理にならない程度の節約から始めて、慣れたら次の方法と進んでいくことができるでしょう。