食べた後はどんなものでも歯を磨かなければ虫歯になる」と考えられてきたのを覆したのがキシリトールではないでしょうか。

キシリトールは「虫歯にならない」「歯にいい」などの漠然とした考えはあるかもしれませんが、キシリトールがなんなのか知らない人は結構多いのです。

「キシリトールとは?

キシリトールの原料は実は木なのです。
シラカバやカシなどの植物から取れる天然由来成分で甘味料として用いられています。
砂糖と同じほどの甘味があるにも関わらず、カロリーは砂糖の75%で虫歯や肥満防止になります。
なぜキシリトールが虫歯を防ぐかというと、一つには虫歯の元ともある酸を作り出さないからです。
私たちが食事をするたびに虫歯菌は酸を出すのですが、キシリトールは虫歯を作り出す酸を抑制する効果があります。

子供も食べられるキシリトール

キシリトールと言えばガムが一番有名かもしれません。焼き肉店なんかでもキシリトール入りのものを会計の時にくれたりしますよね。

しかし、ガムはお年寄りや子供は食べられないことがよくあります。

そこでガムが噛めないという人にはキシリトールタブレットがおすすめできるでしょう。

しかし購入時に、砂糖が入っていないか、甘味料のうち50%がキシリトールかどうか、果汁やクエン酸など酸性のものが含まれていないかを確認しましょう。多くのキシリトール商品が出ていますが、少し入っているだけでほとんどは砂糖だったりすることがあるため、内容成分には気を付けましょう。

特にキシリトール成分配合のアメなどもありますが、ほとんどの場合は果汁やはちみちなどが虫歯の原因になるものが含まれています。歯科専売品以外のものにキシリトール50%以上のものはほとんどないということを覚えておきましょう。

キシリトールタブレットを食べるタイミングですが、これはお菓子気分で食べるものはありません。よくキシリトールを食べると下痢になったという人がいますが、それは食べる量にあるのです。

キシリトールタブレットで下痢になるの?

食べるタイミングや量が心配なキシリトールタブレットですが、キシリトールの一日の摂取量は20~30gと言われています。

当然これ以上食べるとキシリトールタブレットの注意書きにも書かれているように、おなかが緩くなってしまことがあるのです。

20~30gというとガムやタブレットなら10数個は余裕で食べられるのですが、対して2、3個で下痢を起こしてしまう人もいます。

その理由としてキシリトール分解酵素量というのがあります。

キシリトールだけではなくソルビトールなどにも言えることなのですが、この種類の糖アルコールは小腸で消化・吸収がされにくいといわれています。

そのため吸収されなかった糖を一生懸命消化しようと、大腸と小腸の腸管壁から水分が引き出され、水分が増加するため下痢をしやすくなるといわれています。

もしもキシリトールタブレットやガムを食べて下痢になるという場合は、体質ですので諦めるしかないでしょう。

ただし、下痢になっても一過性のものなのでそれほど心配することはないでしょう。

キシリトールタブレットを摂取するタイミングは?

虫歯予防の効果のためにはキシリトール100%のタブレットを1日3回毎食後に摂り、そして睡眠前にもとるといいといわれています。
このタイミングが良いとされているのは、食事後、また睡眠前は唾液が少なくなるからです。

唾液は虫歯菌を殺菌したり、洗い流すのに大変重要な役目をするのですが、ちょうど食後と就寝前は唾液の発生が抑制されるため、唾液の分泌を刺激するためにこのタイミングがいいのです。

虫歯になりやすい人は1日5回程度までキシリトールタブレットを摂取することができます。

そしていかに唾液を長く出し続けることができるかが大事になってくるため、キシリトールタブレットを摂取する際には噛むのではなくて舐めましょう。
特にお子さんの場合がりがりと噛んでしまうことがあるのですが、根気よく舐めるように教えてあげましょう。

子供の虫歯予防にもなるキシリトールタブレット

子供用のキシリトールタブレットはグレープやイチゴ味など子供が好きな味のものが多く、歯磨きをした後のタイミングにご褒美として習慣づけすることもできます。

虫歯予防の先進国とされているフィンランドでは出産後3カ月から子供が2歳になる間にキシリトールを摂取することで2歳児までの母子感染率低下につながったという報告もされています。

というのも、虫歯というのは唾液によって感染するとされていて、コップやスプーンなどを共有することで小さい子供が虫歯になってしまう確率があがるのです。

ですから、もちろん自分の虫歯予防にもキシリトールタブレットを食べることは大切ですが、もしも小さなお子さんがいれば、お父さんもお母さんも安心してスキンシップをするためにもキシリトールタブレットを摂取していくことができるかもしれません。

毎日虫歯予防のためにきれいに歯を磨くことを始めとして、キシリトールタブレットやガムなどを摂取することは、お口の健康ももちろんのこと、加齢による口臭などの予防にもなりますし、子供から大人まで簡単に行うことができるため手軽に始めてみることができるのも、いいポイントですね。